[CML 019663] 【報告】第505目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 9月 6日 (木) 08:00:17 JST


青柳行信です。9月 6日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第505日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 9月5日現在 総数2504。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。  

★ さよなら原発! 9・23福岡集会  
http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまでした。
雨の日は大変ですね。 
でも、在特会のメンバーが来ないので気が楽ですね。

あんくるトム工房
今日も雨    http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2036

★ 橋本左門 さんから:
  無核無兵・毎日一首
☆風向きが長泥地区を呪ひたり百花百果の桃源郷を(左門 9・5−40)
 ※今も放出され空中に浮遊する放射性物質は、何時どこへ舞い落ちるか、
   まさに妖怪のごとくです。

★ 藤田祐幸 さんから:
酷暑の夏が終わりました。九州では原発ゼロの夏でした。
九電のデータを解析しましたので、これまでメールなどいただいた方々に、お送りいたします。
どうかご自由に活用して下さい。2012年9月5日

★ 古田 さんから:
青柳様
おはようございます。今朝は雨でしたが、あがりましたね。テントは通常通りですか?
さて、先日の「チェルノブイリ・ドイツ・フクシマ」真実を求めて、
プフルークバイルさんの講演会ではお世話になりました。
交流会時の写真のみですが、お送り致します。
ご査収下さいませ。
では、今日も一日お身体に気をつけてご活動くださいませ。

★ 長野美智子(福岡県民主医療機関連合会) さんから:
青柳様
お疲れ様です。
一昨日(9/4)17時30分博多駅前で福岡県民医連事務局で、9/23福岡集会の成功のため
に、「さよなら原発!福岡集会」のチラシ配布とハンドマイク宣伝、「原発ゼロ」署名を
とりくみました。
ハンドマイクを握っているのは、福岡県連国民運動部のニューヒーローの堤氏です。

★ 崔 勝久 さんから:
モンゴルの核廃棄物の引き取り、韓国のUAEとヴェトナムからの核廃棄物の
引き取りは公にされていt!
http://www.oklos-che.com/2012/09/blog-post_5.html

2011年3月10−11日に京都で開催された「核燃料サイクルの多国間管理に
関する国際会議」の内容を公表します。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
まあ、次から次から、やりたい放題の野田政権ですね。驚きです。誰も止めないのかと思います。次の記事、ほんとうにあきれてしまいます。ネットから記事を拾っていきます。
1.「国会の同意得ず、首相が任命へ 原子力規制委人事」 西日本9月5日 11:16 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/322310
記事「・・・国会の同意が必要な人事だが、民主党内に異論があるため今国会の採決を見送り、規制委設置法の例外規定を適用する。国会同意人事で首相の任命権行使は極めて異
例。」次の記事に手続きことが詳しい。
2.「原子力規制委、19日にも発足=野田首相が任命へ」時事通信09/05-12:28
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012090500129
記事「・・・・例外規定に基づく場合は、任命後の最初の国会で同意を得る必要がある。ただ、政府が現在発令中の原子力災害対策特別措置法に基づく「原子力緊急事態宣言」を国
会に通知すれば同意は必要なくなるため、政府はこの手続きを取ることも検討している」・・・・「原子力緊急事態宣言」、こんなことまで考えつく悪賢さです。
3.「ウラン節約」ウソだった 再処理「原発維持のため」東京新聞9月5日 朝刊
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012090502000123.html
図解入りで説明があります。玄海原発のプルサーマルも同じ類、とにかく再処理で核燃サイクルができるという「夢物語」を国民をだますために使い続けた国、経産省、原発からの
即時撤退しか選択の道はありません。この記事の先は、当然次のような動きを作ります。
4.「青森県、搬入拒否を検討…核燃サイクル撤回なら」読売新聞 9月5日(水)7時46分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120904-00001647-yom-soci
記事「・・・・核燃料サイクル政策が中止されれば「核のゴミ」を県内に受け入れる必要はなく、ガラス固化体を運搬する船の接岸拒否のほか、各地の原発から既に運び込まれた使
用済み核燃料の返還も検討するとしている。受け入れている使用済み核燃料は約3000トンで貯蔵プールはほぼ満杯に達している。」
次に、被災地の声、
5.「避難住民、冷ややか 将来像より「明日の暮らし」を先に」福島民友9月5日配信⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0905/news8.htm
・・・・・昨日の以下ことに対しての反応です。明日の生活に何の保障もないのが家・土地の失った今の被災地の反応として当然です。
※「福島復興、2年後帰還可能な環境 取り組み方針で明記」 西日本9月4日 13:16 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/322120
6.「福島第1原発の一部で停電 正門などで5時間以上」 西日本9月5日 12:20
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/322355
・・・施設のすべてが、つぎはぎだらけの施設になっているのでしょうか。
ついに福井県民による訴訟です。
7.「大飯原発差し止め11月にも提訴 福井県内の住民ら80人」 西日本9月5日 11:05
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/322298
・・・・・地元福井新聞では「・・・事故後、原発差し止め訴訟は全国で相次いでいるが、福井地裁への提訴は1985年の高速増殖炉『もんじゅ』差し止め訴訟以来となる。」と
のことです。
次に、国、自治体の動き、
8.「政府、2段階で「原発ゼロ」に エネ戦略で調整 」西日本9月5日 23:07
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/322447
記事「・・・・2030年時点で総発電量に占める原発比率を15%以下に引き下げ、最終的には『原発ゼロ』を目標とする方向で調整に入った。」
・・・・「見直し」という言葉をはさんでの2段階、これはおかしいではないか、まず、「0」を先にうたうべきです。
9.「環境省、1兆1千億円超要求へ 復興や再生エネ導入 」西日本9月5日 13:59 
記事「・・・・新規事業として、福島原発事故の被ばくが遺伝子に与える影響を調べるため、福島県民を対象に『全ゲノム(遺伝情報)解析調査』を実施する費用も盛り込んだ。
10.「津波や放射能漏れ想定し訓練 東北6県警合同で 」西日本9月5日 11:21
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/322294
記事「・・・東京電力福島第1原発事故を受け、初めて地震による原子力施設での事故に備えた訓練を盛り込んだ。」
11.「避難解除準備区域内の宿泊、復興作業員は認める」福島民友9月5日配信 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/0905/news5.html
記事「・・・政府は4日までに、避難区域再編に伴う避難指示解除準備区域で、復旧・復興事業に携わる作業員を対象に、住民には認めていない区域内の宿泊を認めることを決め
た。作業員の移動時間などの負担を軽減し、復興の加速化につなげる」
・・・・次々と被曝者を拡大しそうな動きです。
12.「原発維持『周辺国へ抑止的機能』 就任前に防衛相が講演 」西日本9月5日 20:47 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/322419
記事「・・・原発維持を主張し『単にエネルギーの問題だけではない』『周りの国から見て非常に大事な抑止的機能を果たしている』と発言していたことが5日分かった。」
・・・・・紹介するのも嫌になる、こんな人が防衛大臣です。
次に海外の動き、次の記事、なぜかをよく聞きたい、
13.「原発増やす=フィンランド首相」時事通信09/05-18:34
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012090500840
記事「・・・原子力発電について「現在、ロシアから電力を輸入している。自前の電力に切り替えたいが、火力は増やしたくない。原子力を増やしていく」と述べた。フィンランド
では現在、原発4基が稼働中。新たに1基を建設中で、さらに2基の増設を予定している。都内の日本記者クラブでの会見で語った。」
・・・・あの、電力会社の本社が原発の同じ敷地内にあり、オンカロを建設中の国です。この記事だけでは真意が分かりません。
14.「仏最古の原発で事故 水蒸気漏れで2人やけど」西日本9月6日 01:26
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/322460
電力会社の動き、
15.「九州、節電ほぼ達成 要請期間、7日終了」 西日本9月6日 00:37
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/322450
早速、こんな記事が、
16.「九電、電力の安定供給を懸念 今冬『再要請』も 西日本9月6日 02:01
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/322452
17.「夏の節電、予想以上 大飯再稼働なくても余力」 西日本9月6日 00:46 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/322453
記事「・・・・エネ庁は(1)発電所のトラブルが減少(2)雨が多く水力発電量が想定以上だった(3)好天で太陽光発電量が想定以上だった−と供給面の「想定外」を連発。需
要面も、おおむね節電目標を上回る需要減ができ、猛暑日が一昨年より少なかったことで需要が抑えられたとの分析を披露する。」「これに対し夏の電力需給見通しを検証する委員
会のメンバーだった、NPO法人原子力資料情報室の伴英幸共同代表は「融通を増やせば再稼働は必要なかった。電力会社が出す需要見通しが適切なのか、外部から検証できるよう
にしないと、信頼は得られない」と指摘する。」
・・・・そうなんです、この種の試算はすべて電力会社の言いなりなんです、経産省こそが正しく国民に知らせる機能を持つべきはずですが、いつも企業側にたってます。

さて、いま届いた西日本新聞朝刊では、一面に、15.の記事、3面に、1.16.17.12.の記事、13面に15.の記事があるがつぎのような見出しが追加されているのは
意図的ではないか。
見出し「操業振り替え 自家発電増強 地場企業に疲労感 製造業『これ以上は限界』 」
「原発再稼働もとめる声も」・・・・これは福岡商工会議所会頭、九州経済同友会代表委員の言葉です。
31面に15.17.の関連記事、
18.「『笑』エネで生活新発見 冷房控え家族に会話 涼求め図書館貸し出し増」「計画停電、なんだった 即脱原発は安直 経営に影響」「(役所は)7午前中に会議 仕事は効
率化」・・・とおおむねよいことの記事が並んでいるように思うがどうだろう、国民に生活の見直しをすすめたのは間違いない。30面に、
19.きょうの「九電のでんき予報」は、85%です。
今朝もずいぶんと紙面に出ない記事がありました。 

★ 黒木 さんから:
<原子力規制委>原発敷地内の断層、自ら調査 毎日新聞 9月6日(木)2時31分配信
 原発敷地内の断層が活断層の可能性があると指摘され、電力事業者による再調査が相次いでいる問題で、政府は5日、月内に発足する原子力規制委員会が自ら調査できるようにす
る方針を固めた。13年度予算の概算要求に約10億円を計上する。

 従来は事業者が断層を掘削調査するなどして「活断層ではない」と報告。審議で疑義が生じると経済産業省原子力安全・保安院が事業者に追加で調査や説明を求め、国自らは調査
しなかった。このため「電力会社任せ」と批判が上がっていた。

 約12万〜13万年前以降に動いた断層は活断層とみなされるが、判定の鍵となる年代測定の手法は確立されていないものもある。このため、事業者の手法や説明に疑義があると
規制委が判断した場合、現場で土を直接採取して別の調査会社に分析させるなど主体的に調査に乗り出す。手法の研究、開発にも取り組む。【岡田英】

★ 河内謙策 さんから:
 <首相任命について ストレステスト 断層問題 国民負担増等>
私たちは、「IK原発重要情報(172)」において、首相が田中俊一らの原子力規制委員会の人事問題を、国会閉会後、9月26日までに政令を定め、9月26日までに首相が田中俊一らを原
子力規制委員に任命し、原子力規制委員会を発足させる形で解決しようとしていること、その場合でも、国会の事後承認が必要となることを指摘させていただきました。この指摘に
不十分な点がありましたので、補充させていただきます。
 上記の私たちの指摘では、国会の事後承認は、首相の任命後の最初の国会のように読めますが、原子力緊急事態宣言がされていて、それが両議院に通知されている場合には、原子
力緊急事態宣言が解除された後の国会に速やかに事後承認を求めるだけでよい、と法文に明記されています(原子力規制委員会設置法付則2条6項)。現在福島第一原発の原子力緊
急事態宣言が解除されていませんので、最悪の場合には、田中俊一らを原子力規制委員に首相が任命し、その後、原子力緊急事態宣言が解除されるまで、ずーと、国会の事後承認を
首相が求めないということも十分ありえます。その間に、田中俊一らは、原発の再稼動を、どんどん進めることでしょう。
 それと、首相の任命は、9月8日の国会閉会後、早い時期になる可能性があるといわれています。その理由は、IAEA総会で、田中俊一原子力規制委員長の「お披露目」をする予定だ
からそうです。ふざけた話です。
 首相の任命に反対する運動は、急ぐ必要があります。
(以上のことについては、『日本経済新聞』9月1日付朝刊(13版)5面を参照してください。この日本経済新聞の記事の存在は、「ざまあみやがれい」のサイトで御教示いただきま
した。)

 野田首相らが原子力規制委員会の発足を焦っている背景に、ストレステストの結果の審査待ちになっている原発の存在があることを私たちは指摘しました。保安院は、伊方原発3
号機については保安院の「審査」をパスしたものとして、泊原発1、2号機、高浜原発3号機、4号機、川内原発1号機、2号機については「中間とりまとめ」をしたという形で、そ
の他の21基については「評価中」という形で原子力規制委員会に引き継ぐとしています。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120903-00000100-jij-soci

 大飯原発の再稼動の際にも問題になりましたが、原子力規制委員会がうまく処理して、再稼動に支障が無いようにしてもらいたいと原発推進派が期待しているのが破砕帯問題で
す。原発推進派は、断層があっても運転が可能な新基準を原子力規制委員会に制定させるという陰謀すら練っています。原子力ムラ人事を強行しなければならない理由が、ここにも
あります。
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/natnews/environment/585742/
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120824-00000513-san-soci
http://www.iza.ne.jp/news/newsarticle/event/accident/587152/

原発推進派は、原発がなくなれば電力不足が発生するという嘘の大キャンペーンを行ってきましたが、国民に見破られてきたのと国民の脱原発の要望が強いので、キャンペーンの重
点を、脱原発をすると国民負担が増える、という方向に切り替えつつあるようです。東京新聞が、すかさず批判の社説を掲載しています。ぜひ御検討ください。
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120830-00000001-pseven-soci
http://www.news-postseven.com/archives/20120827_138738.html
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120904/k10014767451000.html
http://www.tokyo-np.co.jp/article/column/editorial/CK2012090402000113.html

  週刊金曜日ニュースは、「再稼動阻止全国ネットワーク」の結成の準備が進んでいると報じています。同ネットワークの今後の奮闘に期待したいと思います。
http://www.kinyobi.co.jp/kinyobinews/?p=2393

★ 藤井悦子 さんから:
<9日まで集めます!「大飯原発再稼働撤回署名」最終集約>
皆様、京都・滋賀の住民呼びかけの
「大飯原発3・4号機の再稼働撤回署名」にご協力ありがとうごまざいます!
本日、署名を集約したところ
前回からの追加は約11000筆、合計で約34600筆となりました。

4閣僚には11日に提出、京都と滋賀県の知事には13日ごろに提出しに行きます。
なので、9日(日)の夜中のぎりぎりまで署名を集めたいと思います。

9日までの企画などで署名を集められる方、
また、まだ手元に集めた署名を持っているという方、
是非急いでお送りいただくか、FAXで送信してください。
FAX送信先はこちら→075−822−5035
あるいは、金曜日の関電京都前の行動で署名を綿素手いただければありがたいです。

また、オンライン署名もできますので、ラストスパートで拡散してください。

署名HPはこちらです。署名用紙もDLできます。
http://stop-ohi-nuclear.jimdo.com/

よろしくお願いします。

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発! 9・23福岡集会実行委員会 ●  
日 時: 9月13日(木)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)研修室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階
 
● さよなら原発! 9・23福岡集会 ● 
日 時:9月23日(日)
    14:00 集会開始 15:00デモ出発(サウンドデモ)
場 所:福岡市・冷泉公園 
 さよなら原発! 福岡集会  http://bye-nukes.com/fukuoka 
    チラシ・ダウンロードコピーできます。↑

ツイッター、フェイスブック、mixi、メルマガ、ブログなどでもぜひ拡散お願いします。
↓↓↓↓ツイッター用告知文↓↓↓↓
【拡散】さよなら原発9・23福岡集会/9月23日(日)14:00集会開始@福岡市・
冷泉公園(博多区上川端町)http://bye-nukes.com/fukuoka 打楽器募集!太鼓など
買わなくても、金属片(フライパンやスチール缶等)とスプーンさえあれば、サンバ
風な楽器に。

● 元原発労働者の梅田隆亮さんの労災認定を求める裁判 ●
    第3回口頭弁論期日
10月10日(水)14:30 福岡地方裁判所303号法廷。

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)● 
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
 連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設) 
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★
************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内