[CML 019644] 放射線「正確に測定を」 避難者・福島への思い訴え(9/2大阪 避難者の声をきくつどい)読売新聞記事より

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2012年 9月 4日 (火) 23:41:15 JST


放射線「正確に測定を」 避難者・福島への思い訴え  (9/2大阪 避難者の声をきくつどい) 読売新聞記事より


転送・転載歓迎


京都の菊池です。


9月2日に大阪で行われた
 避難者の声をきくつどい
([CML 019541] 避難・移住・帰還の権利ネットワークのミーティング報告と関連する取り組み。
2012年 8月 29日 (水) 11:58:21 JST

http://list.jca.apc.org/public/cml/2012-August/019339.html
を参照ください。)

を

読売新聞の記者が
取材し

その記事が

読売新聞の大阪版
の9/3月曜の朝刊の

27面地域 大阪
に
カラー写真を添えて
掲載されました。
(※機会がありましたら全文をお読みください)


放射線「正確に測定を」
 避難者・福島への思い訴え
 旭区

と見出しをつけ

この

約40人の市民らが、
食品の放射線測定のあり方や、今も被災地に残る子どもたちへの思いに耳を傾けた
 福島第一原発事故の影響で、福島県から避難してきた人たちの思いを聞く集い

での


避難者たちの声

・・・
行政が行う放射線測定について、
「微量の放射線が測定できていない。国に正確な測定を、と声を上げるべきだ」と求めた。
・・・

・・・
「福島では不安を声に出せない雰囲気があり、避難した人、避難できない人との間に亀裂も生まれている」と被災地の現状を説明。
その上で、「『子どもを守る』という意識が忘れられているようにも感じる。放射線量の高い地域の子どもが、全員避難できるよう、訴え続けるしかない」と話した。
・・・

を

記事は伝えています。


菊池
ekmizu8791あっとezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合はあっとを@に直してください)



CML メーリングリストの案内