[CML 019615] IK原発重要情報(172)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 9月 3日 (月) 13:38:11 JST


   IK原発重要情報(172)     [2012年9月3日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

       弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号
河内謙策法律事務所内(電話03-6914-3844、FAX03-6914-38
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

――――――――――――――――――――――――――――
  首相任命による原子力規制委員会人事のゴリ押し・原子力規制委員会の発足を阻止するため、全力で奮闘しましょう!

 田中俊一らの原子力規制委員会の人事の国会の同意可決ができなくなった政府は、事実上の休会状態にある国会での採決も断念したようです。以下のNHKニュースを見てください。
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120901/k10014701821000.html

 上記のニュースには、不正確な点が2点あります。
 政府は、事実上の休会状態にある国会の会期中でも、原子力規制委員会設置法付則2条3項を利用して、首相任命により原子力規制委員会を発足させたかったのです。しかし、それは「IK原発重要情報(171)」で分析したように、原子力規制委員会設置法付則2条3項に違反するので、できなかったのです。上記ニュースは、この点を見逃しています。
 政府は、国会の閉会後、原子力規制委員会設置法付則2条5項を利用して、田中俊一らを首相が任命する方法により原子力規制委員会の発足をはかろうとしていますが、上記ニュースで指摘している、国会の事後承認以外にも、首相の任命には、ハードルがあります。首相の任命による原子力規制委員会の発足のためには、9月26日までに政令を定め、9月26日までに原子力規制委員会を発足させなければならないと原子力規制委員会設置法付則1条本文で定められているのです。

 田中俊一らの原子力規制委員会人事に反対する闘いは大きな盛り上がりをみせています。金曜夜の官邸前のデモにおいても、
多くの人が反対の声をあげています。
http://tanakaryusaku.jp/2012/08/0004968
しかし、野田首相を先頭とする原発推進派が田中俊一らの人事にかける執念は、ものすごいものがあります。その執念の最大の原因は、原子力規制委員会の人事を原発推進派に有利にして、原子力規制委員会のお墨つきを得て、原発の再稼動に突き進みたいということにあります。現在、原子力規制委員会の審査を待っているストレステストを終えた原発は27基(!)にも上っているのです(8月30日現在)。
http://www.nisa.meti.go.jp/stresstest/stresstest.html

 私たちは、首相の任命による田中俊一らの人事のゴリ押し・原子力規制委員会の発足を阻止するために、全力をあげるよう、脱原発をねがう人々や団体に訴えたいと思います。
 河内は、8月27日の国会議員要請行動に参加しましたが、同行動に参加していた市民は約70名でした。名前はあげませんが、著名な労働組合や団体で、原子力規制委員会の人事問題で意思表示をしていない団体は、少なくありません。長年、日本の平和と自由のために奮闘してきた方で、今回は沈黙をしている人もすくなくありません。
 地方で原発再稼動阻止のために奮闘されている方にも、首相の任命による原子力規制委員会を阻止することが、原発の再稼動を阻止することにつながることをぜひ御理解いただきたいと思います。
 さまざまな行動が、今後提起されると思います。
 福島老朽原発を考える会等が、9.7、9.10等の呼びかけをしています。
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/09/post-fe15.html
 野田首相への抗議メールは、以下のサイトを利用されるのが便宜と思います。
https://www.kantei.go.jp/jp/forms/goiken_ssl.html

 私たちの闘いを急ぎましょう!

――――――――――――――――――――――――――
                     以上



 



 
 



CML メーリングリストの案内