[CML 019612] Re: 9/9(日)市民連帯討論会「緑の党の可能性はどこに」のご案内

higashimoto takashi higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
2012年 9月 3日 (月) 08:24:51 JST


抽象論としてではなく、「緑の党」が結果として国政において果たそうとしている役割についてプラス、マイナスの面も含めて分析
的な議論であっていただきたいものだと思っています。

以下のような情報もあります。

■ 〔国政選挙〕反原発票は社民・共産ではなく「緑の党」に流れる公算高まる(低気温のエクスタシーbyはなゆー 2012年9月2日)
http://alcyone-sapporo.blogspot.jp/2012/09/blog-post_5605.html

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

世に倦む日日
https://twitter.com/yoniumuhibi/status/242102042850652160
マスコミが「緑の党」の宣伝を始めた。一昨日のNW9の大越健介、今日のサンデーモーニングの岸井成格。反原発の受け皿
を「緑の党」にしてプロモーション、次の選挙で社民・共産に票を流させず「緑の党」に流させる魂胆だ。既成政党への批判票
を維新に、反原発票を「緑の党」にというマスコミの戦略。

-- 
はなゆー
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

なお、「緑の党」については私は以下のような記事も書いています。私の問題提起に対する回答はまだ「緑の党」関係者のど
なたからもありません。

■是とするのか、非とするのか 「緑の党」(現名称:みどりの未来)は大阪・橋下市長を絶賛する元共同代表(尼崎市長)の
稲村和美氏の評価を闡明にしなければならない(弊ブログ 2012.04.11)
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-418.html

■「緑の党」準備会を再度、批判しておきたい ――是とするのか、非とするのか 「緑の党」(現名称:みどりの未来)は大阪・
橋下市長を絶賛する元共同代表(尼崎市長)の稲村和美氏の評価を闡明にしなければならない(弊ブログ 2012.05.07 )
http://mizukith.blog91.fc2.com/blog-entry-430.html

こうした問題提起についてなんらの回答もないようでは、私は「緑の党」もまた、彼ら、彼女たちの善意の意図に反して、下
記のような「政局火遊び」のモンスター劇に組み込まれてしまうのがオチだろう、と恐れています。

川田龍平氏が「緑の党」の前身のみどりのテーブル運営委員を辞任して、新自由主義とポピュリズムの政党のみんなの党
に鞍替えしたのは決してきのうの話ではないのです。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■「政局火遊び」が生み出したモンスター(kojitakenの日記 2012-08-30)
http://d.hatena.ne.jp/kojitaken/20120830/1346281531

 新聞に載っていた『週刊新潮』のトップ記事の見出しは「『安倍総理』誕生に加勢する『橋下市長』」。朝日新聞4面には「み
んなの党分裂へ 3人が近く離党」。さらには「河村氏の離党 維新合流が前提 松井・大阪知事が見解」。

河村たかし(や大村秀章)を呑み込み、渡辺喜美からイニシアチブを奪い、「剛腕」小沢一郎のラブコールにも応えず、担ぐ
「軽くてパー」の御輿は安倍晋三。橋下徹がいよいよ本性をあらわにしてきた。「改憲」や「戦争」がこれまでとは比較になら
ないくらいリアルに感じられるようになった。「橋下・安倍連合」は彼らの「政局火遊び」が生み出したモンスター以外の何物
でもない。ことここに至ると、自民党総裁において安倍晋三が当選するのではないかとさえ思えてきた。だって、誰が見ても
民主党との大連立より「維新」との大連立の方が高い人気を得ることができるからだ。 


小沢一郎以下渡辺喜美らによる「政局火遊び」の結末がこの惨状だ。小沢一郎をもてはやしてきた「リベラル・左派」諸氏
の責任はきわめて重いし、「脱原発に頑張る橋下市長を応援しよう」と言ったり、あまつさえ橋下のブレーンになった人間
に至っては、「A級戦犯」と言わざるを得ない。

いよいよ、「日本滅亡」の劇が開幕した。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

東本高志@大分
higashimoto.takashi at khaki.plala.or.jp
http://mizukith.blog91.fc2.com/

━━━━━━━━━━━━Original Message Started━━━━━━━━━━━━
From: pkurbys at yahoo.co.jp
Sent: Monday, September 03, 2012 7:26 AM
To: : To: cml at list.jca.apc.org ; civilsocietyforum21 at yahoogroups.jp
Subject: [CML 019611] 9/9(日)市民連帯討論会「緑の党の可能性はどこに」のご案内
紅林進です。

私も関わっています市民団体の「政治の変革をめざす市民連帯」
(略称:市民連帯、CS)では、9月9日(日)に東京の文京区民
センターにて、下記の討論会を開催します。

テーマは「緑の党の可能性はどこに」で、小平市市議で「緑の党」
の事務局スタッフである橋本久雄さんに講演していただいた上、
討論を行います。


(以下、転送・転載大歓迎)

市民連帯討論会のご案内

市民連帯討論会「緑の党の可能性はどこに」

講師:橋本久雄さん(小平市市議/緑の党事務局スタッフ)
日時:9月9日(日)午後1時
会場:文京区民センター(地下鉄「春日駅」「後楽園駅」下車)
地図http://www.b-academy.jp/faculty/c04_01_j.html?area=mainColumn
参加費:700円
主催:政治の変革をめざす市民連帯(略称:市民連帯、CS)
http://www.siminrentai.com/

7月28日に緑の党が結成されました。政党の溶解がとめどなく進むなかで、
緑の党には何が期待できるのか。何を実現するために、私たちは協力できる
のか、緑の党事務局スタッフの橋本久雄さんに語っていただき、みんなで討論
したいと思います。どうぞ参加してください。


なお「政治の変革をめざす市民連帯」(略称:市民連帯、CS)では、東京、神奈川、
千葉、埼玉・群馬の各地で、「CS懇話会」を開催していますが、市民連帯の中の
東京のグループ「CS東京」では11月と12月に下記の「CS東京懇話会」を開催
します。

第7回CS東京懇話会「ネットウヨクとナショナリズム」
講師:安田浩一さん(ジャーナリスト)
日時:11月6日(火) 午後6時30分~8時30分(開場は6時10分)
会場:東京ボランティア・市民活動センター/会議室B(定員40名)
(飯田橋・セントラルプラザ10階)
JR/地下鉄「飯田橋駅」下車すぐ
地図 http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif
参加費:500円
主催:政治の変革をめざす市民連帯・東京(略称:CS東京)
http://www.siminrentai.com/

参考文献:安田浩一著『ネットと愛国 在特会の「闇」を追いかけて』 講談社


第8回CS東京懇話会「弱者切り捨てと『橋下徹』現象」

講師:湯浅誠さん(反貧困ネットワーク事務局長)
日時:12月13日(木) 午後6時30分~8時30分(開場は6時10分)
会場:東京ボランティア・市民活動センター/会議室A・B (定員80名)
(飯田橋・セントラルプラザ・セントラルプラザ庁舎棟10階)
JR/地下鉄「飯田橋駅」下車すぐ
地図 http://www.tvac.or.jp/images/infomap_large.gif
参加費:500円
主催:政治の変革をめざす市民連帯・東京(略称:CS東京)
http://www.siminrentai.com/

    参考文献:湯浅誠著『ヒーローを待っていても世界は変わらない』
朝日新聞出版 1365円(税込み) 8月21日発売
http://publications.asahi.com/ecs/search/
━━━━━━━━━━━━Original Message The end━━━━━━━━━━━━ 



CML メーリングリストの案内