[CML 020733] 井野博満さん、後藤政志さんが「新安全基準検討チーム」第2回会合を傍聴されます

杉原浩司(Koji Sugihara) kojis at agate.plala.or.jp
2012年 10月 31日 (水) 01:22:03 JST


東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党 Greens Japan)です。
[転送・転載歓迎/重複失礼]

直前のお知らせですが、井野博満さん、後藤政志さんが本日31日午後の
原子力規制委員会を傍聴されますのでお伝えします。後藤さんの傍聴報
告Ustream配信にもご注目ください。

【関連情報】
規制委・更田委員、一定の安全性で原発再稼働容認(10月28日、日経)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDF2600T_W2A021C1EE8000/

-----------------------------------------------------

【お知らせ】
本日10月31日(水)午後3時~6時に行われる
原子力規制委員会の第2回「新安全基準に関する検討チーム」会合を

★ストレステスト意見聴取会委員を務めた
 井野博満さん、後藤政志さんが傍聴されます。

現在、国会同意さえないまま発足し、臨時国会での同意手続きさえ放棄さ
れつつある原子力規制委員会が、再稼働の前提となる「新安全基準」の策
定に向けた作業を加速させています。更田豊志委員のもとに作られた「新
安全基準に関する検討チーム」がその舞台です。

しかし、かつてストレステスト意見聴取会の委員を務め、今回も外部専門
家としてチームに入った阿部豊(筑波大学)、山口彰(大阪大学)の二人
の「専門家」は、原子力業界から多額の献金を受けたことが明らかになり、
「利益相反」として追及されていた人物です。こうした人物を引き続き起
用するのは、まさしく「原子力ムラ」人事そのものと言わざるを得ません。

そして、更田委員自らが「本来なら5年はかかる」と述べる新安全基準づ
くりを、来年7月まで(基準骨子案づくりは1月中)に行うこと自体が、
「はじめに再稼働ありき」の疑念を抱かせるものです。

こうした中、31日(水)午後3時から開催される第2回「新安全基準検討チ
ーム」会合を、原子力に批判的な立場からストレステスト意見聴取会委員
を務めた井野博満さん(東京大学名誉教授)、後藤政志さん(芝浦工業大
学非常勤講師)が傍聴されます。

ストレステスト意見聴取会の場で、保安院主導のずさんな安全審査を厳し
く批判し続けた二人が、直接傍聴する中でその議論をどう受け止めるのか、
何を考えるのか、大いに注目すべきでしょう。

井野博満さん、後藤政志さんによる傍聴も含めて、本日31日の第2回「新
安全基準検討チーム」会合にご注目ください。

【Ustream中継:原子力規制委員会Channel】
第二回発電用軽水型原子炉の新安全基準に関する検討チーム会合
http://www.youtube.com/watch?v=50FuXbkKWc8&feature=plcp

◆なお、後藤政志さんが31日午後8時より、傍聴報告をUstream配信されます。
こちらもぜひご覧ください。
→ http://www.ustream.tv/channel/drgoto
(後藤政志さんブログ http://gotomasashi.blogspot.jp/ )

<第2回 発電用軽水型原子炉の新安全基準に関する検討チーム>
10月31日(水) 15:00~18:00
原子力規制委員会 会議室A
(東京都港区六本木1-9-9 六本木ファーストビル13階)
議題
1 外部事象への対応について
2 設置許可基準(シビアアクシデント対策規制に係るものを除く)の策定
に向けた検討について
3 その他

-----------------------------------------------------

【参考】第一回発電用軽水型原子炉の新安全基準に関する検討チーム
<会議資料>
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/shin_anzenkijyun/20121025.html
<会議映像>
http://www.youtube.com/watch?v=l8AOSrhz6Tg&feature=youtu.be 



CML メーリングリストの案内