[CML 020684] 【報告】第557日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 10月 28日 (日) 07:07:46 JST


青柳行信です。10月 28日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第557日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 10月27日現在 総数2606名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
      
★さよなら原発! 11・11福岡集会
  http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
最近の新聞を 拾い読みしてみました。
原発の際限のない、被害の拡大、ロシア向けも輸出品からも放射能が
検出されたとか。
フランスの原発が放射能漏れを起こしたとか。
一番怖かったのは、原発事故の際の放射能の拡散予測です。

原発はなくすしか方法がありません。
あんくるトム工房  
放射能漏れ  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2112

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
☆リコー・トヨタ・川崎重工・パナソニックほか復興支援金つまみ食い先(左門
 10・27−92)
☆北海道ノーモア・ヒバクシャ会館20年 反核運動北国の砦(左門 10・28
 −93)

★ 西岡由香(長崎県)さんから:
青柳さま
こんにちは。先日はちょっとでしたがお会いできてうれしかったです!
あとあと、金曜行動で九電に向かって「原発は放射能を出しますが、
地熱発電は温泉を出します。原発やめて地熱発電を」と訴えてきました。

それから、二度目となる高知県梼原町へ行ってきました。
今回も濃い旅でした〜。舌足らずですがご報告させていただきます。

<梼原町報告>
高知県梼原町に行ってきました。
山間部に位置することから、かつて「土佐のチベット」と呼ばれた梼原町は
いま環境モデル都市として全国の注目を集めています。
風力、太陽光、小水力、地中熱、バイオマス。町中が自然エネルギーの
見本市のよう。友人たちと再訪して、より梼原町と近づけた気がしました。
様々な出会いの報告、ごらんいただけたらうれしいです。

(1) 前・町長の中越さん
町に到着するやいなや、前町長の中越さんが軽トラックで出迎えて
くれました。バブル期にゴルフ場を作らないかと、ある人から机に
札束を置かれたけど断った、という中越さん。たくさんお話を伺ったのですが
一番感動したのは「任期中に小中学校のプールを全部取り払った」話でした。
「この町には四万十川の源流がある。子どもは川で遊ばせよう。川のこわさも
教えよう。そのかわり、大人が責任もって子どもが遊べる川をつくろう」。
町営プールは別につくり、農業排水が流れ込んでいた川を整備し、高度フィルタ
を取り付けて5メートル下まで見えるような浄水設備で水質をチェックしている、
という中越さんの話に涙が出ました。いま、国の中枢でこの台詞を言える人が
いるだろうか、と。

(2) 現・町長さんと総務課長さん
美術館かと見まごうような木造の町役場に入ると、カーテンから職員の名札
まですべて地元の木を使うこだわりぶり。ガラス張りの町長室でお話を伺いました。
矢野町長さん
「へんぴな土地だからこそ、国や県が何かしてくれるのを待っていても来ない。
ならば自分たちでやっていこう、という気質がこの町にはあるのです」。

2006年に隣町で高レベル核廃棄物処分場の話が持ち上がったとき、町をあげて
反対し、計画撤回へ導いたことを尋ねたら、総務課長さんが
「命か金かと問われたら、貧しくても命です」ときっぱり。
「自然エネルギー推進に反対する町議とかいないんですか?」と聞いたら、笑って
「そういう人は出馬しても当選しないと思います」。(!)
↑ちなみに選挙の投票率は驚きの88〜90%。あと10%は高齢や入院で投票に
行けない方とか。

若者の「定住政策」について
町長さん「田舎しか知らないのでなく、一度外に出て、将来的に帰ってくれたら
いい。そのために保育園から英語を教え、学生6名を毎年イギリスに留学させて
います」。(スケールでかーっ!)

「孤独死させない」がモットーの町では、高齢者のお家にセンサーをつけて、
住人が一日動かないと近所に通知がいくシステムを導入しています。
(倒れていてそれで助かった人もいたとか)。感嘆していたら課長さんが、
「機械は誤作動するものです。機械にたよるのはちょっと・・」
(なんて示唆に富んだ言葉なんだー!)

(3) 農家民宿にて
農家民宿「いちょうの樹」で、おかみさんの絶品手料理に舌鼓。
里芋の煮っころがし、アユの塩焼き、芋の茎の塩もみ、たきこみごはんなどなど。
いろりの火がこんなに暖かいなんて知らなかった。
炭火で香ばしく焼いたシイタケに、しょうゆをちょっとたらして、焼酎と
いっしょに頬張ると気分はもう桃源郷〜〜(これで一泊二食付6500円!)
町長さんが言っていました。「今の日本は“お袋の味”じゃなく“袋の味”に
なっている」。
コンビニのパンやスナックで空腹はしのげても、「食すること」ってもっと
神聖な営みじゃないんだろうか。口にしたとたん体が喜ぶような手料理
そのものが教えてくれます。これは、いのちをつなぐ材料なんだよ。
食をおろそかにすることは、いのちをおろそかにすることなんだよ、と。
町長さんの言葉をかみしめました。「大切なのは都ではない。野です」。

(4) 町民運動会にて
翌日、ちょうど開かれていた町民運動会に飛び入り参加しました。
町の実行委員が考えた競技は、車いすのお年寄りが、箱に入った長さの
違うヒモをひいて、チームで足したヒモの長さを競うゲームや、ワラから
縄をなう速さを競う「縄ない」。(5分で10メートル!)
はちきれんばかりの笑顔、笑顔。
自然が大切にされているところは、人も大切にされているんだ。
人が身近ということは、人の病や死も身近ということ。
だから、力いっぱい守ろうとするのかもしれない。
逆に、いのちの尊厳を実感できなければ、人は、自分や、ほかのいのちを
簡単に使い捨ててしまうのかもしれない。
「理解しただけでは人は動かない。納得し、共感してはじめて動くのです」。
町長さんの言葉を思い出して空を見上げたら、ぬけるような青空に真っ白い
風車が二基、ゆうゆうと回っていました。―了―

★金子 譲 さんから:
【Oneness TV:来んしゃい金曜!脱原発 第16回抗議行動(2012/10/26)】
毎週金曜日の東京の官邸前抗議行動にリンクする形で福岡で始められた、
脱原発抗議行動の16回目中継アーカイブ。
http://t.co/eQOP5SxX

★ 川崎順哉 さんから:
<世界を闊歩する日本>
青柳様
遂に日立が、イギリスの原発会社を買収したようです。
既に日本の複数の企業が、
アメリカの原発関連企業を買収している事は知っていました。
それだけ日本企業の力強さは評価すべきなのでしょう。
しかし、「フクシマ」以降の日本とドイツを比べれば、
ドイツでは「倫理委員会」が開かれ協議された後に、
政治的に脱原発へと舵を切りました。
それに対して日本は「場当たり的」、「ご都合主義」、
「刹那的」に渡り歩き「倫理」など度外視した対応です。
かつて日本は「八紘一宇の精神」という妄想を抱き、
世界征服を目論んだ歴史は否定出来ないと思っています。
その国策として侵略、そして戦争にまで始めてしまい、
挙げ句には広島・長崎への原爆投下で敗戦。
元はと言えばエネルギー源を求めて海外に進出・侵略した日本。
それが世界へ向けて「強い日本」をアピールする鍵だった。
しかし、その野望を打ち砕いたのが原爆だった。
その時に「核」を持つ意味を学んだのかもしれません。
そして戦後は自動車や家電の分野で世界の頂点に立った。
確かに、この戦後日本経済の発展は賞賛すべきでしょう。
しかし、今やその分野も中国や韓国に圧されています。
となれば、これからの日本経済発展の鍵を握るのは、
原発ビジネスが最大のチャンスなのでしょう。
原発ビジネス以外の選択肢が視野に入っていないのでしょう。

人類が最も怖れる「核」。
それを完全に手中に入れるという事は責任が伴うのではと。
それに相応しい国が日本なのかと。
今の「フクシマ」を観れば、
日本人がコントロール出来ない事を証明しています。
その事実を無視して経済論ばかりを先行させる事に、
同じ日本人として危惧を抱いています。

★ 崔 勝久 さんから:
<反原発の国際連帯を目指してー台湾での8日間を振り返る>
http://www.oklos-che.com/2012/10/blog-post_28.html

10月18−25日の8日間にわたる臺灣滞在でした。ここにその記録
を残します。私にとっては台湾独立、少数民族重視、反原発を掲げる台湾
長老派教会の多くの教職者、そして何よりもRanyu島をはじめ地域に密着
した運動をされている人たちとの交流は心からの感動を覚えるものでありました。

日程を調整して面談してくださった台湾のみなさんにお礼を申しあげます。
またうれしいことに11月10日の講演会、記者会見、翌日のデモに参加
するために10名を超える人たちが急遽参加してくださることになりました。
反原発を目指した私たちの国際連帯運動を前進させましょう!

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
いったい、どうなっているんでしょう、
1.「日立、英の原発会社買収へ 500億円超、輸出拡大図る」朝日新聞デジタル 10月27日(土)9時58分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121027-00000010-asahi-ind
記事「・・・・買収にはWHや仏アレバ、中国国営企業も名乗りを上げていた。関係者によると買収額など日立の条件が他社を上回り、26日までに株主2社との交渉がほぼ合意に
達したという。」「買収額は500億円超になる見通し。ホライズンは英国の2カ所で最大6基の原発を建てる計画を進めて」いる。
・・・・いくら企業活動が自由とは言え、原発を、海外では、すすめていく条件を直実に確保しようとする企業・・・・。
次に、政府・東電の動き、
2.「電気値上げ、年収カット条件 経産省『大企業並みに』朝日新聞デジタル 10月27日(土)7時54分配信
記事「経済産業省は、電力会社が家庭向け電気料金の値上げを申請した場合、社員の年収を社員1千人以上の大企業平均(596万円)並みに引き下げるよう求める方針を固めた。
電力会社は社員の年収が800万円前後で大企業平均を大きく上回っており、2割を超える給与削減を迫られる可能性がある。」
・・・・・働く人の賃金が下げられることに賛成とは言いにくいが、これまでが異常だったのですね。それはそれ、電気料金値上げには反対です。
3.「東京電力、全社員を福島県へ順次派遣し復興支援にあたる方針検討」フジテレビ系(FNN) 10月27日(土)19時42分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/videonews/fnn?a=20121027-00000304-fnn-bus_all
記事「2013年4月から、全社員およそ3万8,000人を福島県へ順次派遣し、年間延べ10万人態勢で支援に臨む方針を、11月に策定する中期経営計画に盛り込む方向で検討している。」
「また、福島第1原発事故で広がった放射性物質の除染活動のため、福島に駐在する社員を、現在の100人から、2013年秋までに300人に増やす支援強化策も検討している。」・・・・
今頃になって、・・。
被災地福島−福島民友では、
4.「三春と南相馬に固まる 『県環境創造センター』建設地」 (10/27 10:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1027/news8.html
・・・・三春町−福島第一から西に40キロ、南相馬−北へ10〜40キロに位置する。
記事「・・・県は26日までに、放射線対策や除染技術の研究・開発拠点として2カ所に分けて設置する『県環境創造センター』(仮称)・・・・・」
5.「再検査で全て基準値下回る 広野・実証田のコメ」 (10/27 10:30)
⇒ http://www.minyu-net.com/news/news/1027/news9.html
記事「・・・玄米を水洗し測定した結果、」・・・・・「放射性セシウムがコメそのものに含まれて新基準値を超えたのではなく、もみすり機などの農機から付着した可能性が高い
としている。」・・・・広野町−福島第一から南へ20〜30キロの位置。
6.「木戸川にサケ遡上 サンプル捕獲、放射性物質を検査」 (10/27 10:30)
 ⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1027/news10.html
・・・・楢葉町−福島第一から15〜20キロの位置。
8.「線量の減少傾向続く 警戒区域などの道路測定調査」 (10/27 09:40)
⇒ http://www.minyu-net.com/news/news/1027/news2.html
9.「原発事故後、女性悩み尽きず 本県は相談受理410件」 (10/27 09:40) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1027/news3.html
他紙では、
10.「蔵元、新酒造りに入れず=全袋検査で酒米後回し―福島県」時事通信 10月27日(土)15時4分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121027-00000070-jij-soci
記事「・・・・福島県の清酒製造量は全国7位、酒造免許取得者数は同4位と、全国有数の酒どころだ。県内65の製造業者が加盟する県酒造協同組合によると、仕込みの早い15社前後
は例年、9月下旬から作業を始めて、12月には新酒を販売するという。」「・・・・・今年は県産米が蔵元に届くのは早くて今月末となる。酒の製造には2カ月前後かかるため、年内
の新酒出荷は難しい情勢だ。12月の清酒消費量は、年間の2割近くを占めるため、製造の遅れは経営を圧迫する懸念がある。」
脱原発運動の動きは、
11.「反原連と法制定ネット 『脱原発』へ意見交換 笠井氏『即時ゼロこそ』」しんぶん赤旗10月27日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-27/2012102704_02_1.html
記事「即時原発ゼロを求め官邸前抗議行動を続ける『首都圏反原発連合』と脱原発法の制定を求める『脱原発法制定全国ネットワーク』の意見交換会が26日、国会内で開かれまし
た。・・・」
12.「『原発即ゼロ』官邸前29回目 途切れぬ行動 元気もらった」しんぶん赤旗10月27日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-27/2012102701_02_1.html

いま届いた西日本新聞朝刊では、3面に、1.と同様の記事があり、、そのすぐ下に、
13.「福島第一 カがれき散乱 放射線量高く 東電が(1号機)建屋最上階撮影」
他紙ネットに関連記事、
13’.「プール周辺がれき散乱 1号機建屋の最上階撮影」東京新聞10月27日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/condition/list/CK2012102702000164.html
・・・・このネットの記事には、事故の4つの原発の詳細が絵で紹介されています。

原発・電力関連の記事はこれだけですが、次にあきれてしまう事実が、34面社会面に、
14.「復興予算 諫早調査費に 代替の水源や排水機場改修 9億円、7億円超返納」
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/331178
・・・・あきれて言葉を失います。

★ 梅崎由美子 さんから:
上映会ご案内:「フクシマからの風」・「シェーナウの想い」
☆フクシマからの風は、311以降のフクシマのドキュメンタリー。この映画を見て
→本当に美しい飯舘村の山や自然。放射能さえなかったらどんなに暮らしてみたい土地だっただろう。
でもそこで暮らす人々の姿を通じて自分自身が絶対に原発を止めなければならないと改めて決意させられました。
☆シェーナウの想いは、脱原発のドイツの、脱原発への道。住民運動が、エコ電力会社を作った!必見です!!
    是非、ご参加よろしくお願いします。
福岡県春日市 11月3日(祝)
    食育祭 in ふくおか2012
(食育祭に関してはhttp://www.shokuiku-fukuoka.jp/でご覧下さい)
 10:30〜 「フクシマからの風」上映&感想シェア
 13:00〜 「シェーナウの想い」上映&感想シェア
 14:30〜 「シェーナウの想い」上映&感想シェア
 16:00終了予定
 参加費(会場費として)タンポポコーヒー付き前売りチケット400円
当日 500円 各回 40名まで
     全員に 節電虎の巻の冊子(エコライフ応援BOOK)をプレゼント
 主催:環境啓発団体 地球のめぐみ & ひまわりShisters
 会場:春日クローバープラザ 5F 視聴覚室
 JR春日駅(鹿児島本線)よこ
 申し込み先: syokuiku_eiga at yahoo.co.jp
 筺Fax 092-962-6183 (地球のめぐみ)
詳しくは、地球のめぐみのHPでご覧下さい↓
  http://chikyu-megumi.org/
※シェーナウの想いは、チケット購入時に時間をお選び下さい。
※チケットは、取り扱い店にての購入、もしくは振込となります。
☆チケットは→ 食育推進ネットワーク福岡(中央区薬院) 092-522-8336
ナチュ村イムズ店(中央区天神) 092-791-7365
ナチュ村千早店(東区千早)092-672-5576
バンビの木箱(東区社領)092-621-1666
hana no hana(南区野間) 092-511-0512
美癒 (びゆう) 春日原店(春日市春日原東町)092-572-8088
くるま座さん(春日市千歳町)092-592-8903

★堤静雄 さんから:
原発0社会を求めて日々活動している皆さま、お疲れ様です。
西鉄大牟田線の沿線近くにお住いの皆様に、当面の催し物の案内をします。
主催はいろいろですが、積極的に参加して運動を盛り上げましょう。
どうぞよろしく  久留米の堤静雄
11.01(木) 九電久留米営業所回答 16時
11.3(土)〜4(日) 八女白壁ギャラリーで自然エネルギー発電展示 10時〜15時
11.11(日) 集会とデモ 佐賀市役所南広場 14時
11.11(日) 集会とデモ 福岡市冷泉公園 14時
11.11(日) 玄海町で戸別にビラ配布
11.17(土)  避難者とともにこれからの環境を考える 久留米市役所 13:30
11.17(土)  エネルギー研究会 14時 博多駅ビル
11.24(土祭) 飯田哲也講演会 糸島市 中止
11.30(金) プルサーマル裁判 14:30 佐賀地裁
11.30(金) 映画「シェーナウの想い」19:30 八女の明永寺
11.30(金)藤田講演会 大牟田文化会館 18:20
12.01(土)  藤田講演会  久留米大学 14時
12.03(月) サウンドデモ裁判 10時 福岡地裁
12.07(金) 九州玄海訴訟 佐賀地裁
12.20(木) 九州玄海訴訟2次提訴 佐賀地裁
毎月11日 西鉄久留米駅前で署名活動など 18時〜
毎週金曜日 佐賀県庁前 18時〜 (官邸前と連帯して)
毎月第2水曜日 原発・医療・教育の学習会 音成(ネシゲ)クリニック(久留米の本町交差点そば) 
         19〜21時 
○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発! 11・11福岡集会 ● 
 日 時:11月11日(日)
     14:00 集会開始 15:00デモ出発(サウンドデモ)
 場 所:福岡市・冷泉公園 
 主 催:さよなら原発! 福岡集会実行委員会 
★さよなら原発! 11・11福岡集会
  http://bye-nukes.com/fukuoka 

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
   原告数 4923名(9月14日現在) 
   連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

● 原発労災・梅田隆亮さん第4回口頭弁論 ●
日 時:12月26日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内