[CML 020635] <テント日誌 10/22(月)経産省前テントひろば 408日目>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2012年 10月 24日 (水) 22:17:15 JST


<テント日誌 10/22(月)経産省前テントひろば 408日目>
  毎日が気付き、発見、つながりそして行動・情報発信
  その輪と和を結ぶ場〜経産省前テントひろば 

10月22日(月)晴れ
東電管内の原発全停止から211日目 そして大飯原発再稼働開始(怒)から112日目
 寒い朝を迎え日増しに冬の足音が感じられます。日比谷公園方向の空には灰青色から薄朱色のグラデーションが綺麗な朝焼けが。
夕べは薄い雲が夜空を覆っていましたが、星の煌きが少し見え風の無い穏やかな夜でした。夜の来訪者とはこれからの福島への繋がりをどうしていくかの話も熱を帯び、僕が持ち出したギターをいらっしゃったTさんと共に弾きながらさながらミニコンサートの様相を呈し、夜のテントの中は有意義な時間となったのでした。
 また世間では一週間が始まりました。足早に通勤する人たちに今日も一人でギター抱えて歌を唄う。Qさんが大阪に行ってからは泊まり明けの僕の日課です。
 Qさんは今、大阪市役所前の橋下徹監視テントに泊まりこんで抗議行動をされていて、そのテントの数も10張を超えたと聞きます。「大阪に放射能瓦礫を持ち込むな!」と連日多くの仲間と行動を共にしています。僕も行きたい!心からそう思う。おおい運動公園の行動があちらこちらで花咲いている一つの象徴です。
 そこには居たであろう姿が一人ありません。その大飯原発ゲート前行動で不当逮捕された川崎さんの支援の輪も広がっていくことを祈らずにはいられません。
 今日は久しぶりに椎名さんがテントにやってきました。彼女の装いも冬。素敵な臙脂の和服でした。いつものアグレッシブな御姿とは違ったしっとりとした雰囲気がとても御似合いになっていました。一緒に泊まったTさんから原発を巡る現在の状況をレクチャーされ心新たにしていましたが、12月15日に予定されているIAEAの郡山来日への抗議行動をどう集約するかの話題にもなりました。それに向けての取り組みと全国の繋がりとの関係をどう結ぶか一つ宿題をおおせつかりましたが、僕も大阪の闘争に負けずにと気持ちを強くするのでした。
 昼近くになり昼勤当番の皆さんが集まってきて、昼勤の体制についての話し合いが行われていました。少しずつ2回目の冬に対応する準備が始まっています。
 夕方近くなって何人かの人が集まってきました。椎名さんもそのためにやってきたのですが、今日は「第一テント、第二テント交流会 テント史上!」の催しがありました。そう言えばテントの仲間だけで行う交流会が無かったことに僕自身も驚きましたが、日頃、顔だけは知っている仲でも、御名前となると心もといことに改めての気付かされたのは僕だけではなかったようです。
 交流会は6時から始まり女性たちの心尽くしの御料理などが用意され「お茶け」による乾杯で始まりました。とうとう第二テントだけでは収まらず、第一そして外でもその会話が続いて、大いに盛り上っていました。
 その交流の場を第一テントでは7.5WのLED電球が照らしています。白熱球なら40W以上相当する明るさだそうです。約6分の一ですが太陽光発電の心もとない発電量でも十分に対応できるものです。以前は3〜4千円していたのに今や千円以下で買える値段に。日本の省エネ産業の底力に乾杯と言ったところです。(買ったLED電球は台湾製でしたが・・・。)
  思えば若かりし頃の二回のオイルショックの時に日本の生産現場に革命をもたらし、その後の日本の技術革新を高めたことを思い出します。福島原発事故がその基点となってエネルギー政策の一層の弾みとなってくれなければ、今その被災で苦しんでいる方々の御苦労が無になるというものです。経済産業省にはそういった点でも圧力を掛けていかなければならないとも思うのです。
 今夏から経産省はそれまでのPPSによる電力供給を東京電力に変えたそうです。その理由はPPSが東電の電力価格より高くなったと経産省の職員から聞きました。東電が値上げをしているのに安いって?PPSの価格決定の絡みはあるものの、法人に対しては大幅な低価格を設定しているからなのではないのか。その電気料金を税金で支払っているから低価格に移行するのは当然としても何か釈然としないものを感じます。
節約すべきはほかにあるだろう!経産省!!!
 因みに第二テントも同様の電球に変えてありますが、以前のもっと暗いLEDのまま宴は行われました。そこはかとない明るさが良いのでは?との女性の意見に従いました。
 外には白と黄色のふたつの雪洞(ぼんぼり)が淡い光を照らしています。これは大体21時頃まで点灯して霞ヶ関の中にあって経産省前テントひろばを帰宅の霞ヶ関官僚・職員にアピールをしています。 
            ( F記 )
  
★☆★☆★☆★☆ あおぞらUST放送予定
                <テントひろばから〜/Tent Color>
                     日本で、海外で脱原発 ★☆★☆★☆★☆
2012年10月26日(金曜日)16時〜
視聴アドレス: http://www.ustream.tv/channel/tentcolor
1.「国会議員に原発を問う」
「原発への見解アンケート」にもとづいて、小林興起さん(減税日本)に意見をお聞きします。
2.「イベントカレンダー」
一週間先の脱原発イベントを紹介。
3.「福島から世界へ」
「福島の女たち」の黒田節子さんから、チェルノブイリ視察について報告があります。
4.「反原発でいこう」
11月初旬の正式発足を前に、中村光男さんから「福島原発事故緊急会議被曝労働問題プロジェクト」の活動についてお話をお聞きします。
(これについては、次週の「再稼働阻止全国ネットワーク」発足について柳田真さんに聞く、と チェンジになるかもしれません。)
テントに立ち寄った人たちに一言インタビュー。 
サンフランシスコから来日中のスティーブ・ゼルツァー氏を予定しています。




CML メーリングリストの案内