[CML 020634] <テント日誌 10/21(日)―― 経産省前テントひろば 407日目> 

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2012年 10月 24日 (水) 22:09:04 JST


<テント日誌 10/21(日)―― 経産省前テントひろば 407日目>    
     〜 昼と夜、季節の変わり目を実感する秋のテントひろば 〜 

10月21日(日)雲ひとつない快晴で座り込みには恵まれた日でした。

 「ハロウィン デモンストレーション in くにたち」他色々イベントがあったせいでしょうか訪れる人は少なかったです。一ヶ月のハンストを終えた福崎さん、お元気にテントで持参の昼食をとり皆と握手してお帰りになりました。
 昼過ぎ、砂川闘争「伊達判決を生かす会」のTさんが久しぶりに元気なお顔を見せて下さり、選挙の話などで盛り上がりました。反原発で集まった多くの人たちが選挙でどう動くかを心配されていました。私自身もいざ選挙になったら誰を選ぶか?どの党を選ぶか悩んでいます。
 通りすがりの子連れの女性たち、時間がないのでと名前も書かず、クッキーを差し入れて下さいました。興味深げに信号待ちをしている人に声をかけて資料を渡すと署名しているのですかと立ち寄ってくれました。
 テント前に警官が現れたのでSさんが何かあるのかと聞きに言ったらデモが通るけどテントには影響ないとのことで一安心!3時過ぎ某党派のデモが通りすぎました。昨日は世界反戦デーだったのですね。それにしても警備の物々しさにちょっとびっくり!
 夕方には和服姿の女性、官邸前には良く来ているけれど、テントにはよる機会がなかったのでと、暫くRさん、Kさんと話してました。デモに行く話をすると他の人に変人扱いをされるとか・・・・・・
 暖かかったせいでしょうか、夕方には蚊の襲来もありましたが平和な一日でした。
         ( K.I )

 この日21時頃テントに着くと、テントの外で4名の方が車座になってお話をされていた。テントの中でも当番のFさん、Tさんと、12月に予定されているイベントの打ち合わせのためにテントにいらした方々が楽しそうに会話をされていた。その後、テントの外では22時近くまで、テントの中では23時過ぎまで会話が続いていたが、様々な立場の人達が忌憚なく意見を交わせるテントの良さを実感した。
 私がテントを手伝うようになった「女たちの座り込み」から丸一年経つが、当初はテントに来てもらうためにテントの良さとして様々な方との「情報交換の場」であると説明していた事を思い出す。テントのスタッフとして、足を運んで下さった方への対応がきちんと出来ているか、原点に返ってやり直したい。
 昼は暖かかったが、深夜2時過ぎからは急激に冷え込んできた。4時に不寝番を終え、仮眠の為に横になると、夜のテントは蟋蟀の鳴き声に包まれていた。今夜は毛布2枚と蟋蟀の声に包まれて寝る事にする。「蟋蟀の声に包まれ寝るテント」
            (Toku-san)



CML メーリングリストの案内