[CML 020576] コリアン・マイノリティ研究会 【フィールドワーク】−教育祭 −八尾国際交流野遊祭

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2012年 10月 21日 (日) 10:34:42 JST


前田 朗です。
10月21日

転送です。

 研究会のご案内をお送りします。秋の一日をフィールドワークに出かけます。
奮って
 ご参加ください。
 ■コリアン・マイノリティ研究会 第107回 月例研究会
  【フィールドワーク】−教育祭 −八尾国際交流野遊祭
  ガイド−:大今 歩さん(教育塔を考える会)  
  ガイド−:藤井幸之助さん(神戸女学院大学非常勤講師)
  今回の月例研究会では第77回「教育祭」と第22回「八尾国際交流野遊祭」
の
 フィールドワークをおこなう。
  前者は1934年の室戸台風で殉職した教職員を礼賛するために、帝国教育
会が高
 さ30mの「教育塔」を建立し、1936年に「合祀」したのが始まりだ。
「教育の
 靖国」といわれる所以だ。戦後は日本教職員組合(日教組)が主管し、毎年
「教育勅
 語」発布の10月30日におこなってきた(参加者減少のため、2008年か
らは1
 0月最終日曜日としている)。今年の「教育祭」は昨年3月の東日本大震災で
亡く
 なった児童・教員の「特別合葬」が予定されていて、例年になく“おごぞかな”
雰囲
 気が演出されるものと思われる。
  後者は八尾市で在日朝鮮人教育に取り組んできたトッカビ子ども会(現、特
定非営
 利活動法人トッカビ)を中心に1990年にはじめたお祭り。近年は民族構成
も変化
 し、ベトナム人(府内最多)・中国人・タイ人などが多く、会場のあちこちか
ら各民
 族コミュニティの言語が耳に飛び込んでくる。 http://tokkabi.jimdo.com/
 「1991年8月に、その名称を「八尾市民族交流まつり」として第1回目が
開催さ
 れました。八尾市内の在日コリアンどうしの親睦と、日本人との相互理解を深
めるた
 めに、年に1回、のんで・たべて・うたって・おどって、楽しく交流しようと
はじめ
 られました。その後、八尾市内には在日コリアン、ベトナム、中国をはじめ、
たくさ
 んの異文化をルーツにした人々が生活していることから、そういった人たちと
出会
 い、交流できる祭にしようと、名称を「国際交流野遊祭」と変更し、現在にい
たって
 います。さまざまな文化があふれていれば、八尾はもっとゆたかで楽しいまち
になる
 ことを信じて、「いろんな人に出会い、いろんな人と交流し、そして、共に生
きる社
 会を体感しよう!(出会い・交流・共生)」をキャッチフレーズに開催されて
いま
 す。」トッカビHPより 
 【参考】「教育塔」(日教組)http://www.kyouikutou-jtu.jp/
     「教育塔」(大阪市内で戦争と平和を考える・大人版)  
       http://www.geocities.jp/jouhoku21/heiwa/oj-kyouikutou.html
 日 時:10月28日(日)9:30〜15:00
 場 所:「教育塔」前 9:00すぎ集合 大阪城公園南西 当日携帯:
 090-9882-1663
            http://www.kyouikutou-jtu.jp/map.html
     JR関西本線「八尾駅」12:30頃集合
     南本町第一公園(八尾市南本町8丁目) 
 参加費:無料(どなたでもご参加いただけます)部分参加可能。
 ★資料準備の都合がありますので、必ずご予約ください。masipon at n... 
 ★終了後、懇親会(有料)
 主 催:コリアン・マイノリティ研究会 
http://white.ap.teacup.com/korminor/
     大阪市東淀川区菅原5-3-4 陰陽連絡線セッパラム文庫内 
 090-9882-1663





CML メーリングリストの案内