[CML 020551] 【脱原発世界ニュース!! vol.13】

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2012年 10月 20日 (土) 09:42:33 JST


前田 朗です。
10月20日

転送です。

 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
  
 【脱原発世界ニュース!! vol.13】
   http://npfree.jp/
  
 ★ 11月9−11日 ふくしま会議開催
    http://www.fukushima-kaigi.jp/
 
 ★ 11.11反原発1000000人大占拠!!!
    http://coalitionagainstnukes.jp/?p=1275
 
 ★ 「脱原発クルーズ」水先案内人紹介 ☆
    http://datsugenpatsu.wordpress.com/
  
 ★ 「脱原発をめざす首長会議」地元の首長へよびかけよう!
    http://mayors.npfree.jp/
  
 ★ 海外の原発事情 リトアニアで原発建設を問う国民投票が実施!
           韓国で脱原発シンポジウムが開催!
 
 ■□■□■□■□■□■□■□■□■□■□
 
 10月15日、北海道の工藤市長(函館市)が他の3人の首長、市議会議長や函館商工
会
 議所会頭、道南地区農協組合長会会長らとともに、首相官邸や電源開発本社な
どを
 訪れ、青森県大間原発建設工事の無期限凍結を文書で要請しました。この中で
工藤
 市長は、立地自治体だけの同意による手続き手順でいいのか、原発事故を踏ま
える
 と30キロ、50キロ圏内の全市町村の原発新設にあたっては同意が必要なのでは
ない
 かと述べています(注1)。
 
 政府を始め、自民党など、目の前で起きた原発事故の責任を自覚しない、将来
に対
 して責任をまったく持つ気のない政治家に対して、自治体の首長は動いていま
す。
 これからも政府などに対して市民の声を上げ続けるとともに、自治体の首長へ
も声
 (注2)を届けていきましょう!
 
 注1.「道南首長「大間凍結を」 函館市長ら、政府と電源開発に文書」
    (北海道新聞 10月16日)
    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/donai/411898.html
 
 注2.「「負けるな函館市長」 大間建設差し止め提訴表明 全国から激励」
    (北海道新聞 10月5日)
    http://www.hokkaido-np.co.jp/news/politics/409374.html
 
  
 ★ 11月9日−11日 ふくしま会議開催
 
   3.11以降の福島の経験と現実を世界と共有し、新しい福島を創るため、昨
年
     に続き、今年も福島大学にて行われます。ぜひ、福島の声を聞き、現地を
見
     に行きましょう。遠くからではわからないことが見えるはずです。
 
   【 会期 】 2012年11月9日(金)〜11日(日)
   【 場所 】 9日:いわき方面/南相馬方面、10・11日:福島大学
   【 内容 】 バスツアー、全体会、分科会、若もの会議、第二全体会、総括
セッション
   【 費用 】 9日バスツアーと宿泊(宴会)以外は無料
   【 参加 】 事前予約あり・年齢制限なし ※昨年は年齢制限がございまし
た
   【 予約 】 HP、Facebook で【 10月20日過ぎ 】にはHPで受付開始予定
         ※FAX・電話も可
 
   ホームページ:http://www.fukushima-kaigi.jp/
   Facebook:https://www.facebook.com/FukushimaKaigi
 
 
 ★ 11.11反原発1000000人大占拠!!!
 
   来る11月11日(日)、首相官邸前、国会議事堂周辺をはじめとする永田町・
   霞が関一帯で、未だかつてない超大規模大占拠をしましょう!
   毎週金曜官邸前デモを主催している首都圏反原発連合が首都圏のみならず、
   全国の市民に結集を呼びかけています!!
 
   詳しくは:http://coalitionagainstnukes.jp/?p=1275
 
 
 ★ 「脱原発クルーズ」水先案内人紹介 ☆
 
   多彩な日韓の水先案内人紹介は以下、脱原発事業部ブログよりご覧くださ
い。
 
   脱原発事業部ブログ:http://datsugenpatsu.wordpress.com/
   脱原発クルーズ:http://www.peaceboat.org/cruise/pg2012/index.shtml
 
 
 ★ 「脱原発をめざす首長会議」地元の首長へよびかけよう!
 
   ■ハガキアクション■
   みなさんの地元の首長へ首長会議の会員になるよう請願するハガキアクシ
   ョンが、アウトドアウェアなどを取り扱うパタゴニア、市民団体のネット
   ワークであるeシフト、NGOピースボートにより始まりました。
 
   詳しくは:http://www.thecleanestline.jp/2012/10/go-renewable-mayors-npfree.html#more

 
   なお、ハガキは全国のパタゴニア直営店に置いてあります。
   直営店:http://www.patagonia.com/jp/our-stores/?tab=ourStores&country=JP&ln=21

 
   家でダウンロードすることもできます。
   ハガキ(PDF):http://www.patagonia.com/pdf/jp_JP/enviro/gorenew_pcard.pdf

 
   ■会員■
   神奈川県真鶴町で町長選があり、宇賀一章町長が新しく就任しました。
   青木健前町長のあと、宇賀町長も引き続き会員を継続することとなりまし
た。
 
   詳しくは:http://mayors.npfree.jp/?cat=8
 
   ■「第1回脱原発サミット in 茨城」■
   10月14日に東海村で、村上達也・東海村長をはじめ、上原公子・(元)国立
市長、
   根本良一・(前)矢祭町長、佐藤栄佐久・(前)福島県知事が登壇し、宮嶋光
昭・
   かすみがうら市長も挨拶で来場。550名ほどの住民が集まりました。
   
   原発問題というとても堅い話でしたが、スバッと鋭い発言をする中で、と
ころ
   どころ客席では笑いの渦が生まれ、とても充実した内容でした。
 
   ☆当日のUstreamは:http://iwj.co.jp/wj/open/archives/35684
 
   ☆「脱原発サミット:東海村で550人参加 村上村長「原発マネーで産業
衰退」」
    毎日新聞(10月16日)
    http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20121016ddlk08040149000c.html

 
   ■「第2回脱原発サミット in 茨城」■
   以下の日時で行われる予定です。
 
   【日 時】12月24日(月・休) 13時〜
   【会 場】東海村東海文化センター
   【登壇者】三上元(湖西市長)、小出裕章(京都大学)、村上達也(東海
村長)
   【主 催】茨城の環境と人を考える会議
        E-mail ibaraki325@gmail.com /  Fax 029-274-2277
 
 
 ★ 海外の原発事情
 
   ■リトアニアで原発建設を問う国民投票が実施!■
   バルト三国のリトアニアで10月15日に行われた建設予定のビサギナス原発
   建設の是非を問う国民投票が行われ、反対が63%と賛成34%を上回り
   ました。しかし、大統領は原発推進で、次期政権を担うと見られる野党第
   一党の党首も原発推進の立場です。
 
   ☆「リトアニア国民投票、原発に「ノー」…日立受注」(読売新聞 10月15
日)
    http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20121015-OYT1T00807.htm?from=ylist

 
   ☆「リトアニア 原発計画当面は推進 第1党の野党党首言明」(東京新聞
 10月17日)
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/world/news/CK2012101702000112.html

 
   ■韓国で脱原発シンポジウムが開催!■
   10月16日、ソウル市やドイツのフリードリヒ・エーベルト財団などが「脱
原
   発政策の国際的動向と韓国社会の模索」と題したシンポジウムを開催しま
し
   た。
 
   日本からは飯田哲也さん(ISEP所長)、吉岡達也さん(ピースボート共同代表)
   が出席、脱原発世界会議にも参加したミランダ・シュラーズさん (ドイツ
政
   府環境諮問委員会委員)も参加。韓国国内からは現職の国会議員や韓国版
(脱
   原発をめざす)首長会議の会員であるソウル市盧原区(ノウォンク)の区長
も
   参加し、福島の原発事故後、韓国でも脱原発への関心が高まる中、脱原発
政
   策をどのように推進してゆくか議論が交わされました。
 
   翌10月17日は、脱原発世界会議で発表された「東アジア脱原発・自然エネ
ルギ
   ー宣言」の主体ネットワークが主催したシンポジウムが開かれまし た。本
日
   20日にはこれまでで最大規模の脱原発イベント「太陽と風の国を夢みて」
が行
   われる予定。連日の企画で、韓国での脱原発運動が盛り上がりをみせてい
るよ
   うです。
 
   以下ハングルで書かれていますが、雰囲気をどうぞ。
 
   ☆「福島の事故を目の当たりにし、未来の世代のために脱原発に合意」
    (ハンギョレ新聞 10月16日)
    http://www.hani.co.kr/arti/economy/economy_general/556077.html
 
   ☆「キム・ソンファン ソウル市盧原区長、脱原発政策国際シンポジウムに
参加」
    (アジア経済 10月16日)
    http://view.asiae.co.kr/news/view.htm?idxno=2012101616065936322&nvr=Y

  
   ☆「「脱原発」を夢みる人々、清渓川に集まれ!」(環境日報 10月16日)
    http://www.hkbs.co.kr/hkbs/news.php?mid=1&treec=212&r=view&uid=242559

 
 
 
  -----------------------------------
 「脱原発世界会議」連絡先
 〒169-0075 東京都新宿区高田馬場3-13-1 B1
 ピースボート内 「脱原発世界会議」事務局
 Tel: 03-3363-7561  担当:越智、米川
 Fax: 03-3363-7562
 office at npfree.jp





CML メーリングリストの案内