[CML 020518] <テント日誌 10/8(月・休)――経産省前テントひろば 394日目>

Kimura-m kimura-m at ba2.so-net.ne.jp
2012年 10月 18日 (木) 22:11:55 JST


<テント日誌 10/8(月・休)――経産省前テントひろば 394日目>
   瞬く間に落ちる陽と煌めく晴天の星。この瞬間にも不安に苛まれる
   福島の想い・・・  私たちに何ができるのかが問われる今

10月8日(月)体育の日 晴れ
 めっきり寒くなった朝を迎え、朝を包む空気が清々しい。最近の月曜日は何事も無く今日も平穏な一日でした。しかし、沖縄の事態は刻々と緊張を増している。
  その中、江田さんが改装なったテントの更なる修繕のための資材を用意して下さったので、まずは第一テントの入り口の補修をしました。新しい透明ビニールを張り替え、これから寒くなる季節に向けてすきま風が入らないようにしました。
  福崎さんの断食も20日を超え、今まで夜になると宿泊先に移動していました。気力充分、元気な姿をみせてはいますが、移動のために通勤者の混雑する地下鉄に乗るのは無理があるだろうとのことで、今日からはテントで泊まって頂くことになりました。
 そのため第三テントの大掃除をする事になりました。もう何回目の大掃除になるのだろうかと苦笑しながら手をつけ始めると、江田さんも居て下さったので相談しながら思い切って不用品を全て捨てることにしました。
  あわせてテントに保管しているトラメガに番号をつけて、貸し出しの管理を一元的に受付で管理していくことにしました。(後述)
  夢中に時間を過ごしていると外はあっという間に暗くなり、慌てて時計を見るとまだ18時前。何とも陽が暮れるのが早くなったものです。晴れた空には星が煌めきはじめていました。
  今夜は「10月りゅう座流星群」が20時頃極大を迎える日なのですが、以前「10月りゅう座流星群」はジャコビニ流星群と呼ばれていました。私事ですが子供が小さかった頃、庭に横になって『ひと?つっ、ふた?つっ。あっ、、また、流れた!』と数えながら夜更けを過ごしたことを思い出します。
  今、その庭に横になることも憚る放射能の影響が福島だけでなく、日本全国を脅かすかもしれない不安の中にあって、果てしない放射能との闘いを決意していかなくてはならない想いを強く持つと共に、原発ゼロを目指した行動の集中をしたいと考えています。
 それぞれが一生懸命に力を注いでいる運動を集約して大きなものとした。その想いは日増しに強くなっていきます。そんな事を考えながら眠りにつきました。
       ( F記 )

    【 トラメガ貸し出しルール(仮)】

今、テントには団体・個人所有のものが11台あります。それらの管理をテントで行っていますが、時に行方不明の迷子になってしまいテントとしても責任を感じています。それを改善したいと考えます。
  基本的には遅くとも前日までにテント受付までその旨を連絡する。これは大事な事です。当日借りにきても無い場合があるからです。そして電池の入れ替えは貸し出し者の責任で必ず行って下さい。
更にお願いですが大事に扱って下さい。中には故障で使えないものがありのです。
  各トラメガの電池交換フタ部分に1?11まで番号がふって有ります。そのトラメガの所有者であるかないかに関わらず、貸し出し希望者はテントに訪れた際記入して頂く記帳簿に何番のトラメガを持ち出すか書いて下さい。時間もです。返す際には何時に戻したか先の記帳簿に書き込み受付に声を掛けて下さい。当然、返した時間もです。不明な点については自己判断ではなく受付で聞いて下さい。
 よろしくお願いします。




CML メーリングリストの案内