[CML 020509] 【報告】第547目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 10月 18日 (木) 07:30:31 JST


青柳行信です。10月 18日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第547日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 10月16日現在 総数2587名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】 10月17日3名。
     諏訪邦子 梶木屋榮二 小林美代子 
    
★さよなら原発! 福岡  http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
 また、地震速報が 流れています。(0:24分ごろ)
日本中が揺れています。 今日は新潟、昨日は 茨城 明日は?

 沖縄も揺れています。
本当に 腹が立ちます。 彼らは 日本をどのように見ているのでしょうか。
まるで植民地のようです。 屈辱的な地位協定は廃棄すべきです。
また、基地も早急になくす時期に来ています。
もちろん オスプレイもいりません。

あんくるトム工房
奴らを基地から出すな   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2097
電気の供給余力      http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2098

   下薗さんが 電気予想のからくりについて語ってくれました。
   電気予報は まるっきりの 作文。 ごまかしの 手口です。


★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
☆「避難指示解除区域」の下心 賠償額を減らすためとは(左門 10・17−82) 
 ※元々、地盤・看板・算盤、三バン政治の成れの果てのものどもの仕業だから、
  民の福祉は念頭にないことを見極めて対処しなければならないことを知った。 

★ 後藤富和(原発なくそう!九州玄海訴訟弁護団(よみがえれ!有明訴訟弁護団)さんから:
10/15 福岡市立警固小学校PTA教育講演会「公害・環境破壊から子どもを守る〜
ミナマタの経験をフクシマへ」(講師馬奈木昭雄弁護士)を開催しました。
150名もの方にご参加いただきました。ありがとうございました。
以下は僕がとったメモです(走り書きなので若干の齟齬があるかもしれません)。

水俣病に取り組んで43年。公害の原点。
福島原発事故には痛恨の思い。なぜ、こんな事故を起こすまで原発を止めることができなかったのか。
安全神話の崩壊、想定外。これは福島原発事故ではじめて使われたのではない。
安全神話という言葉で危険なものを隠す。被害を隠す。
今まで繰り返し行われてきたこと。
福島原発事故は、すでに見てきた光景。
俵万智さんの句
・子を連れて西へ西へと逃げて行く愚かな母と言うならば言え
専門家の「直ちに健康被害は起きない」との言葉。じゃあ、今じゃなく将来はどうなるか。そこには口を噤む。
これも水俣で繰り返された。
アセトアルデヒドの製造過程で有機水銀が発生すること、食物連鎖で蓄積濃縮されること、それによって人間が発病すること。チッソや学者は、これらを「想定外」と主張した。
水俣病の裁判は勝つわけがないと言われていた。
チッソは有機水銀だけを垂れ流したのではない、工場内の毒という毒を垂れ流した。大気にも海にも。
「危ない」というのは、化学工場の廃液が危険だということ。
チッソの工場長は排水口から200mで希釈されると言った。希釈なんかされるわけがない。いけすの魚がバタバタと死ぬ。これを見てチッソの工場長は、うちの排水のどの物質が魚を
殺したのか明らかにしろと言ってのけた。
私たちは、危険な廃水を流したのだから、廃水を流したことに責任があると主張した(汚悪水論)。
裁判所も汚悪水論が間違いとは言えなかった。
国の基準に従うことが安全ですと、日本中、例外なしにそう答える。
原発もそう。基準に合致していればいいと。
でも、チッソの廃水は、当時の国の排水基準をクリアしていた。飲料水としての基準もクリアしていた。この事実を忘れてはならない。国の基準で安全とされた水で水俣病は起き
た。
同じ話はもう一つ九州で起こった。カネミ油症事件。
レイチェル・カーソン「沈黙の春」私たちがこんな危険な化学物質の使用を許してしまった。私たちの子や孫はそれを決して許さないだろう。
国はPCBの規制をしていなかった。PCBが入ったカネミオイルは国の基準に照らしても安全だった。
私たちは、PCBを食品に使用させてはならないと主張。
その結果、行政はPCBを回収したが、その回収したPCBは北九州市に今でも貯められている。そのドラム缶が腐食してPCBが流れ出ている。
原発の使用済み核燃料。
ドイツの黒い森(里山)をいかに守るか。
ドイツに滞在中、ゴミが全然出なかった。ペットボトルも使いまわし。
かつての日本でもそうだった。私たちはなぜその生活を捨てたのか。
ドイツ車は廃棄物を出さない。日本人はこれを理解できなかった。
ゴミ問題を本当に解決しようとすれば、ゴミにならないような製品を作るべき。生産段階の規制が必要。でも日本はそうはならない。国際競争力で負けるからと。
でもそうだろうか。1973年、自動車の排ガス規制。自動車メーカーは国際競争力で負けると言って猛反発した。ただ、国民の声は聞かないがアメリカの声は聞く。アメリカの圧力で
日本政府も規制に乗り出した。その結果、規制をクリアした日本車は世界で高く評価された。手抜きをすることで安い商品で勝負しようなんて考えちゃダメ。
ゴミ問題の最たるものが使用済み核燃料。
行き先がない使用済み核燃料が保管してある。再処理してプルトニウム。その再処理場は日本にない。取り出したプルトニウムはどうなるのか。
北朝鮮が核武装するという時、プルトニウムが問題となった。
脱原発の声の高まりに石破氏は日本の安全保障を考えてるのかと言った。これは核武装を念頭においている。
原発は爆発しなくても危険。使用済み核燃料をどうするのか。処理するあてもなく。地面掘って埋めるとしても何年間埋めるのか。それこそ子や孫は許しませんよ。
基準を守ったら安全というのが嘘だというのは、水俣病やカネミで私たちは知っている。
じゃあ、もっと基準を厳しくしろという。それも馬鹿馬鹿しい。安全な基準なんてありえない。基準を厳しくしても危ないものは危ない。答えは一つ。危ないものは作っちゃならな
い。
例えば、お腹にダイナマイトを巻いて遊覧飛行をし、玄海原発に突入することは簡単。放射能を漏らすことは簡単にできる。
テロリストが標的とするのは原発だろう。高村薫も小説で書いている。
なんでそんなとんでもないものの存在を許すのか。
岡山の廃棄物処分場で話したこと。起きた事故に対して責任を持てる企業しかやっちゃいけない。自分で責任が終えないようなものを作っちゃならない。
福島原発事故の被害について、東電は賠償能力を持たない。
水俣病にしろ、国に責任を取らせることは大変だった。
でも、原発事故は国がしゃしゃり出てきて率先して国が代わって補償すると。東電は儲けるだけ儲けておいて。70兆円。しかも今後も被害は大きくなる。
福島原発は今でも放射能を排出している。誰が払うのか。私たちの税金。子や孫が払い続ける。
北九州市が絆、連帯と言ってガレキを受け入れた。しかし、東北からの避難者は放射能が追いかけてきたと。
ガレキを燃やすのは犯罪行為。津波を浴びたガレキを燃やせばダイオキシンが発生する。セシウムが基準値以下だから安全なんてとんでもない話。
水俣病はチッソの城下町で起きた。昭和7年に廃水を流し始め、昭和31年に公式発見。ということは患者は公式発見以前にもいたはず。患者はたくさんいたが、医者が新しい病気と知
らず脳梅毒など既存の病名をつけた。
諫早湾で毒を持ったアオコが出ている。長崎県に対策を求めても「被害が出ていない」と言って対策を取らない。
今でも水俣病患者が出続けている。4万人近くになっている。劇症型と病像が違う。風邪だって症状は千差万別。国は症状5つ揃わないと水俣病と認定しなかった。患者の切り捨て。
同じことが今、福島でも起きている。
内部被曝。放射線を出すことができる物質を体内に取り込んだ。僅かな量でも体内で放射線を出し続ける。
放射線の量をどの高さで測るのか。子どもは地面を這って遊んでいるんですよ。
閾値を超えたら発病するというが、取り込んだ量と出て行った量で比べるのはおかしい。いくら体外に出たとしても、体内にある間に悪さをしている。
これから内部被曝の問題が出てくる。これは福島だけの問題ではない。私たちも食べていると考えた方が良い。
もし、3/11に玄海原発が爆発したとしたら、久留米にあっという間に到達。久大線に沿って大分、四国へ。玄海原発が爆発したら偏西風に乗って日本各地に広がる。
閾値はない。「直ちに」とはそういう意味。ミリ単位が劇症。これが「直ちに」のレベル。水俣病はマイクロの単位。廃棄物(焼却炉から出るダイオキシン)の世界ではナノ(10億分の
1)。国は焼却炉に規制をかけて80ナノ以下は安全と言った。でも数年後にはその数値は0.1ナノとなった。基準値を守れば安全というのは間違っている。
食品はピコ(4ピコ)。
「奪われし未来」環境ホルモンの危険性。遺伝子を損傷してガンを発生させる。
胎児に手足ができる時期、男女の性別が別れる時に環境ホルモンが撹乱するととんでもないことになる。
浴び続けるのではなく、その瞬間だけでも危険。
我々はそんな時代に生きている。
携帯電話の電磁波は電子レンジと同じ。
電子レンジ使用中は1m以内に立ち入っちゃダメ。
ホルモンの撹乱は「直ちに」は出ない。10年後、20年後。それも、その時になったら原因は分からない。特定の地域に特定の病気(例えば子宮内膜症)が起こる。
原発は爆発しなくたって、存在すること自体が悪い。
あれだけ金をばらまいて反対なんて言えるわけない。金欲しさに安全を売るなんて。危険を子や孫に押し付けちゃいけない。
本来、脳や子宮は毒を通さない。それなのに、水俣病やカネミ油症でいとも簡単に超えた。それは何故か。人体が知らない毒だから、体が毒と判断できない。人間が作り出した毒だ
から。
本来、現地で処理できるはずのガレキを北九州市などが引き受けているのはなぜか。金儲け。そして、福島第一原発を廃炉にした後、そのガレキをどこに持って行くのか。自ずと分
かってくる

(会場発言)
Q 国の機関に務める者です。私たちにできることは?
A 声をあげ続けること 

Q 小学1年生の母親です。ガレキ焼却で毎日が不安で暗い日々。北九州の問題について福岡市民は無関心。
A 原発に反対する声をあげること。原告になることや、毎週金曜日に各地で声をあげている人達がいる。散歩ついでに気軽に参加しても良い。声をあげるのは何も原発に限定するこ
とだけでなく、例えば携帯電話。中継基地は非常に危ない。ちょっとそれについて考え、声をあげてみる。処分場ができた。本当に安全だろうか。身近な問題で黙っていないこと。
声を上げること。裁判の原告になることもそうだが、お母さん仲間で勉強会をする。弁護士は喜んで来るよ。身近なところから始めてみてはいかがか。

★ あべようこ さんから:
園子温監督『希望の国---見えない戦争---原発事故』KBCシネマにて、10月20日(土)公開 鬼才、園子温監督が描くヒューマンドラマ 
見えない戦争―原発事故
[『愛のむきだし』『冷たい熱帯魚』『恋の罪』『ヒミズ』などの衝撃作を生み出し続けてきた園子温による 最新作のテーマは日本最大のタブー「原発」。静謐で美しい映像がとら
えるのは、突然の出来事の中もがきながら必死に生きる家族のひたむきなたたずまいだ。 監督自ら東日本大震災の被災地で取材を重ね、そこで見聞きした事実をもとに描いた本作。 
名優たちの熱演に支えられた力強い筆致で人間の心に迫り、 メディアにより報道された原発事故の“情報”ではすくいきれなかった人々の“情感”を克明に記録することに成功して
いる。 

東日本大震災から数年後の日本のとある町。小野泰彦(夏八木勲)は妻・智恵子(大谷直子)と息子・洋一(村上淳)、 その妻・いずみ(神楽坂恵)と酪農を営んでいる。智恵子は
認知症を患っているものの、牛の世話をし、 ブロッコリーを栽培しながら、家族は平穏で満ち足りた日々を送っていた。
  
その日も、いつものように泰彦は牛舎で仕事に精をだしていた。だが、ごうという地鳴りとともに突如大きな地震が起きる。 周囲に大きな損壊がないことを確認した泰彦は、慌てて
原子力発電所のある隣町の友人に電話をするが一向につながらない。 「原発、大丈夫だよな?」 
ほどなく原発から半径20キロ圏内が警戒区域に指定され、隣の鈴木一家(でんでん 他)は強制的に家を追われる。一方、道路ひとつ隔てただけで避難区域外となる小野家。 それぞ
れの不安な生活が始まる・・・。]
シニア(60歳以上 毎日)1,000円レディースデー(毎水)1,000円映画サービスデー(毎月1日)1,000円その他通常料金 1,800円

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝も被災地の新聞−福島民友の記事から、
1.「双葉町、除染しなければ…『帰町までに150年』」(10/17 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1017/news11.html 
記事「・・・木村氏は『こんなに高い線量の所を除染するのは意味がない』と指摘。放射性物質の物理的な減衰と、土中への浸透による遮蔽(しゃへい)効果を考えた場合でも
『150年間は安心して住める地域にはならないのではないか』との見解を示した。
・・・・放射性物質による汚染状況−これがほんとうのことではないでしょうか。
2.「『被ばく医療体制』充実へ ネットワークを再構築」(10/17 09:30)
http://www.minyu-net.com/news/news/1017/news6.html
記事「・・・・16日の協議会では、福島医大付属病院の担当者が原発事故発生時、県内の救急被ばく医療ネットワークが崩壊したと説明。廃炉に向けた作業が進む中、第1原発内
で『高度被ばく、汚染を伴う傷病者の発生リスクは高まる』などと述べ、根本的な被ばく医療体制の再構築の必要性を指摘した。 」
・・・・福島に限らず、原発立地地域では核燃料がある続ける限り必要でしょう。
3.「川俣の『クリ』1点から130ベクレルのセシウム検出」(10/17 09:30)
⇒ http://www.minyu-net.com/news/news/1017/news7.html
・・・川俣町−福島第一から北西方向に40〜50キロ付近
4.「(福島)県、食品安全方針改定へ 新たに放射性物質検査」(10/17 09:10)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1017/news2.html
他紙での放射性物質による汚染記事、
5.「宮城産牛肉から150ベクレル=新基準値超え、全国初」時事通信10/17-23:18
⇒http://www.jiji.com/jc/eqa?g=eqa&k=2012101701060
・・・宮城県にも高汚染地域がひろがっている?政府は汚染の実態をはっきりさせるべきです。
6.「3世帯の食事でセシウム検出=昨年比は減、18都県調査−生協連」時事通信10/17-20:54
記事「日本生協連によると、検出されたのは福島、宮城両県の計3世帯。・・・・同じ食事を1年間食べたと仮定した場合の内部被ばく線量は最大で0.047ミリシーベルトと推
定され、年間許容線量の4.7%に相当する」
東電の悪事、
7.「<福島原発事故>東電、結婚理由に精神的賠償打ち切り」毎日新聞 10月17日(水)2時32分配信
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121017-00000008-mai-soci
・・・・担当者レベルで簡単に切り捨てる東電、どうなっているのでしょう。
政府等の動き、
8.「復興予算被災地に特化 首相、『流用』批判受け指示」福島民友(10/17 09:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1017/news5.html
9.「原子力災害『(福島)県特化チーム』設置へ、政策加速化」福島民友(10/17 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1017/news10.html 
10.「放射性物質の拡散予測 全原発対象 マップ公表へ」東京新聞10月17日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2012101702100004.html
「・・・・予測は、福島第一を含む全国十七カ所の原発で、大量の放射性物質が放出されたと想定。国際原子力機関(IAEA)が避難を判断する基準としている『七日間で一〇〇
ミリシーベルトの被ばく』が予想される地点を地図上で示す。」
11.「大飯原発調査団11月2日現地へ 規制委、危険指摘学者も参加」 西日本10月17日 11:29
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/329438
記事「・・・・調査団のメンバーにこの断層の危険性を指摘してきた東洋大の渡辺満久教授を含む5人を選んだ。」「これまで渡辺教授は大飯原発のほか、各地の原発で活断層評価
の甘さを批判していた。」・・・・・・・この記事昨夕刊にありました。
津波・地震の研究、
12.「佐渡、9千年間に26回の大津波 柏崎刈羽原発にも到達か」 西日本10月17日 19:32
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/329512
記事「・・・・日本海側は18世紀以前の文献が非常に少なく、これまで津波堆積物もほとんど調査されていなかった。」
・・・・日本海側でも大きな津波が繰り返されている跡が発見された。
13.「地震予知」現状では困難 社会に説明を、地震学会」 西日本10月17日 20:03
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/329537
記事「・・・・・・・社会的に期待が大きく、警報につながる確度の高い『地震予知』は困難・・・・」
反原発行動の広がり、
14.「原発ゼロ 引けない経団連前行動 市民が唱和」しんぶん赤旗10月17」日
http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-17/2012101715_02_1.html
記事「・・・毎週金曜日に首相官邸前で全原発の即時停止を求める行動を続けている首都圏反原発連合が呼びかけたものです。」
・・・・・金曜日の官邸前に加えて、火曜日の経団連前が定着してきているようです。

きょう届いた西日本新聞朝刊では、3面に、
15.「安全評価に6億円契約 もんじゅ」の記事があるが、他紙のネットでは、
16.「再稼働条件外れても もんじゅ耐性検査4.5億円」
⇒http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/fukui/news/20121016-OYT8T01669.htm
・・・・規制委員長は、「安全性の判断基準としない」と断言しているものです。機構は、馴れ合いのお付き合いを継続しているのでしょう。
29面社会面に、
17.「原発事故想定し訓練 九州管区内の警察や陸自」 西日本10月17日 20:09
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/329532
記事「九州各県の警察や消防、陸上自衛隊による定例の合同訓練が17日、佐賀市嘉瀬町の嘉瀬川河川敷であった。九州電力玄海原発(佐賀県玄海町)の立地県での訓練とあって、
初めて原発事故を想定し、被災者の放射線量測定や除染作業も行われた。」

黒木 さんから:
<訪独の小沢氏、「10年後の原発ゼロ」強調 読売新聞 10月17日(水)23時28分配信より一部>
 【ベルリン=松下正和】
新党「国民の生活が第一」の小沢代表は17日午後(日本時間17日夜)、
ベルリン市内で記者団に、次期衆院選に向け、「10年後の原発ゼロ」を唱えていく方針を強調した。

★ ギャー さんから:
先だって、大阪で、野宿をしている労働者がまたもやガキ共に襲撃されました。大阪は橋下が、東京は石原が知事などになる土地柄です。以前からこうした襲撃や虐殺がくり返され
ています。(福岡でも襲撃はありますが、殺人にまではいたっていません。野宿をしていて死んでいく人はいます。)大阪や東京で野宿をしている労働者のなかには、原発で働いてき
ている人も多いのです。「結婚をする当てもない。子供をつくる当てもない」というところで、最も危険な被曝労働を押しつけられてきているのです。人知れず野垂れ死にを強いら
れている仲間たちも多くいることでしょう。このように、働く者の命が軽く扱われている社会が、子どもたち自身の命をも軽いもののように扱い、自らの未来に絶望した子供が、自
らの鏡と映る野宿のおじさんたちを襲い、殺してしまったのではないのでしょうか?この行為は絶対に許されるものではありません。しかし、今また戦争に向かう流れが強まり、社
会全体がファシズムに染まっていく傾向が強められている現実を前にして、私たち大人は福島原発事故の二の舞をくり返し、「ついに起こってしまった。もうおしまいだ」では済
まされません。労働者の命が軽々しく扱われる社会、原発を推進し、核武装を推し進める官僚や軍事・警察などの権力機構をぶち壊す闘いが真面目に取りざたされなければならない
と思います。本来、仲間を殺した子供たちは、ともにこのおもしろくない世の中をおもしろく変えてしまえる立場にあるはずなのですよね。(実際に野宿をしているおっちゃんたち
は、この社会の競争にそぐわないからこそ野宿の生活にまで至っているという側面もあるわけで(笑)、みんな個性的でアクの強い人たちですよね。(笑))この子供たちは、自らの立場
と使命を、自らの手で裏切りぶち壊しにしているのですから。このような子供たちを生み出す社会を存在させてしまっている私たち大人の責任こそが問われていると思います。
この他にも、ファシストのこと、こいつらを免罪する天皇の責任とその権力としての位置などについても一言言いたいけれども、今日はこれまでということで、またね。(笑)

★ 勝連夕子 さんから:
青柳様 皆様 おはようございます。
<ご案内 藤田祐幸さん(元慶応大学助教授)講演会> 
  「3.11フクシマ後を生きるために」
私たちはどうすれば原発から脱却できるのか!
フクシマ以後、いのちを守るために何を知り、何をなすべきなのか!?
永年、科学者として反原発をライフワークとしてこられ、
チエルノブイリ事故にも詳しい、藤田先生にじっくりお話を伺います。
現在、毎日新聞で藤田さんの半生と日本の原発の歴史を交差させた記事
「共生の道を探して」修羅から地人へ(毎週木曜)が連載中!

日時:2012年10月20日(土)
     午後6時10分開場
午後6時30分開演〜午後9時30分予定
場所:崇城大学市民ホール(熊本市民会館)大会議室
資料代:1000円  (学生500円、高校生以下無料)      
託児:10日前までにご連絡ください。(子供一人500円)
主催:熊本・原発止めたい女たちの会  
連絡先:永尾096−389−9810 託児:勝連 090−1920−9675 
当日受付もしておりますので、申し込みがまだの方も
お誘い合わせでおでかけください。お待ちしております。

★ 木村(雅)
<テント日誌 10/14(日)――経産前省テントひろば 400日目> 
 テント400日目にテントの闘いを想う!
 原発と原爆は密接に関係

10月14日(日) 晴のち小雨のち晴
テント400日目にテントの闘いを想う!
  設立400日を迎えた日曜日、経産省前テントひろばはおだやかだった。夜も10時を過ぎると泊まり当番だけになり、ささやかなつまみを回しながら焼酎やワインを飲んだ。
  経産省前テントでは高速道路入口に向かう大型車が頻繁に走って不愉快な車のエンジン音が止むことがない。辺野古のテントは海べりにあり爽やかな波の音が聞こえる。辺野古の
砂浜がなつかしい。高江の森に囲まれたテントも山の音が聞こえるほど静かだ。
  でも、高江には今や米軍輸送機オスプレイが「機体の腹がすぐ見えるような高さでこれみよがしに飛んで来」るそうだ(新宿反戦意思表示Oさん)。また、辺野古にも高専のすぐ
裏に大きな音と姿で降りて来る。「ここはお前たちの空じゃない、沖縄はお前達の植民地ではない、ここを戦場にするな」と声を荒げてもアメリカに届かないか。
  そういえば、大阪市の放射能汚染ガレキの焼却処分を監視する原発再稼働反対監視テント(大阪市役所横)も12日に立てられた。
  全国のテント連合ができそうな程だ。政治が良ければこんなにあちこちにテントを張る必要はないのだが。

原発と原爆は密接に関係
   秋の夜長に読んだ「原発と原爆」(有馬哲夫、文春新書)を紹介する。「日・米・英」核武装の暗闘 と副題がついたこの本は、著者が内外の第一次資料に基づいて日本の原発と
原爆の歴史を調べた良書で、原発と原爆の関係を歴史的に振り返ることができる。以下は驚くべき事実の例。 
 ○アメリカは、1955年頃「原子力を平和に」を世界に広めるキャンペーンのために世界で最初に原爆の洗礼を受けた広島に原発を建設することを何度も検討していた。56年に
はアメリカの統治下にある沖縄に原発を作ろうという計画が持ち上がった。戦時に必要な電源が確保できて魅力的と検討したが、沖縄が法的には日本の領土で日本と協定を結ばない
といけないために実現しなかった。  
○日本最初の原発がイギリス製(コルダーホール型)だった理由は、アメリカと違って、イギリスから原発を購入すればそこから製造されるプルトニウムを日本が比較的自由に使え
るから。岸信介の自衛核武装合憲論と結びついている。
東海に導入した英GECが69年に10年遅れで納品、そして後に原発から撤退。大失敗であった。 
○70年代は原発建設ラッシュ。濃縮ウラン市場を独占しているアメリカから田中角栄が濃縮ウランの大量輸入を決め(原発の「育ての親」)武器輸入も押しつけられた(ロッキー
ド)。冷戦のまっただなかにアメリカは核兵器の原料にもなるウランの濃縮をなんと敵国ソ連に委託していた。 
○日米原子力協定は88年に締結した。日本は以後30年の間、個別にアメリカの同意を得ずに、使用済み核燃料を再処理し、輸送し、プルサーマルを行ったり、高速増殖炉を運転
したりできることになった(核なき核大国)。高速増殖炉は米英加濠独仏が挫折して撤退しているのに累計1兆円以上使って実用化する試みを続けている。  
 日米原子力協定の期限は2018年までで、野田首相がアメリカの圧力で「2030年代原発ゼロ」閣議決定を回避させられたことも、これらのことと関係しているのであろう。
                  (K.M) テント全体会議  10月17日(水)  午後7時〜  スペースたんぽぽ

★ 高橋 さんから:
金曜デモは全国100ヶ所以上に拡大!→http://bit.ly/UFqjWP
ほんと今こそ原発やめましょう〜。やめさせましょう〜〜☆

★ 小林アツシ さんから:
沖縄で昨日起きた、2名の米兵によるレイプ事件について、以下でまとめました。
http://togetter.com/li/390295
■沖縄
昨日、沖縄では台風の中、緊急抗議行動が行なわれました。
『米兵2名による暴行事件糾弾 緊急抗議行動』
日時:昨日(17日)午後6時〜
場所:四軍調整官事務所ゲート前(北中城村石平)
呼びかけ:宜野湾市職労/普天間爆音訴訟段
--------------
■東京
以下、東京での緊急抗議アクションの情報を転載します。
http://ajwrc.org/jp/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=763
↓ここから転載
--------------
昨日19時〜首相官邸前!沖縄の米兵性暴力を許さない緊急抗議アクション
投稿日時: 2012-10-17 (24 ヒット)

緊急拡散希望!昨日19時〜首相官邸前
沖縄の米兵性暴力を許さない!緊急抗議アクション

16日未明、またもや沖縄で米兵による性暴力が繰り返されました。住民の声を無
視してオスプレイ配備を強行し、「犯す前に犯すと言いますか」と暴言を吐いて
基地を押しつけてきた政府の傲慢が、ふたたび、取り返しのつかない被害を招い
たのです。私たちはこれ以上、沖縄に対する米軍基地おしつけ=性暴力容認体制
をみとめることはできません。官邸前!
日時:昨日10月17日(水)19:00〜20:00
場所:首相官邸前(地下鉄国会議事堂前・永田町駅)

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● −−オスプレイ沖縄配備に反対する集会−− ●
日 時:10月21日(日)
    14:00〜15:00 集会
     沖縄の歌と踊り/沖縄・高江からの報告:伊佐真次さん
     岩国からの報告:吉岡光則さん/集会宣言 ほか
    15:00〜 デモ行進 須崎公園→天神を周回
    17:00 デモ終了後、有志でアメリカ領事館へ申し入れ
会 場:福岡市・須崎公園(福岡市中央区天神5-2)
     地図:http://tinyurl.com/8oyyexl
主 催:オスプレイ沖縄配備に反対する集会実行委員会

● さよなら原発! 11・11福岡集会 ●  
<集会実行委員会>
日 時:10月25日(木)午後6時30分から9時00分
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)交流室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階
主 催: さよなら原発! 11・11福岡集会実行委員会

 ● さよなら原発! 11・11福岡集会 ● 
 日 時:11月11日(日)
     14:00 集会開始 15:00デモ出発(サウンドデモ)
 場 所:福岡市・冷泉公園 
 主 催:さよなら原発! 福岡集会実行委員会 
★さよなら原発! 福岡  http://bye-nukes.com/fukuoka 

● 「福岡県脱原発宣言」を実現させるための賛同団体募集 ● 
 「さよなら!原発9.23福岡集会」
  http://bye-nukes.com/fukuoka の「案内とお知らせ」から

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
   原告数 4923名(9月14日現在) 
   連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内