[CML 020484] 【報告】第546目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 10月 17日 (水) 06:58:41 JST


青柳行信です。10月 17日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第546日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 10月16日現在 総数2584名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。 
    
★さよなら原発! 福岡  http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさま。
今日は、 警固小学校であった ミナマタとフクシマ についての問題を
久留米の 馬奈木弁護士が 話してくれました。
公害問題は ^汰歓析辰両紊棒り立っている。 
∋故が起こったら 被害をいかに小さく見せるかに腐心している。
このようなやり方 構図が 繰り返しやられてきた。

 私たちは 反対の声、抗議の声を上げ続けなければならない。

あんくるトム工房
ミナマタ と フクシマ   http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2096

 また、沖縄で 暴行事件が起こりました。
 基地はもう、いりません。 オスプレイもいりません。
 諸悪の根源である日米安保条約を破棄しましょう。
 みんなで決めれば 1年後には 廃棄できるのですから。
 10.21 14:00 須崎公園に集まりましょう。
 みんなで オスプレイ いらない、帰れ の声を上げましょう。

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
☆会議では「緑のエネルギー」を 実際は「原発重要」と首相の常套(左門 10・16−81)
  ※15日の朝日フォーラムで、またまたアドバルーン、しかし、逃げ道は用意しながら・・・・。 

★ 松林 さんから:
青柳さま
先日のメールでは節電の試みが遅れませんでしたので、
添付ファイルではなく、このメールで書いて送ります。
本質的な部分では原発反対運動ともつながるように思えますので。

節電を楽しむ

福島原発の事故後、電力不足の話題が大きくなるのに合わせて、自宅での使用電力を削減する試みを続けています。2011年の2月まで、夏冬は月間250KWH〜400KWH程度の電力を使用し
ていましたが、以下のような各種削減策を行ったところ、使用電力量を50%〜70%程度減らすことができました。削減策にはすぐにできることや、ある程度の努力や工作などが必要
なものもあります。各家庭の事情に合わせていくつかでも実施すればかなりの結果が得られると思います。
不思議にも思えるのですが、物事の過不足に対する感覚は何と比べるかで違うようで、毎日を楽しくキャンプ生活をしていると思えば、冷蔵庫があり、テレビやインターネットも使
えるのは、ある意味贅沢で、部屋が少々暑かったり寒かったりしても全く気になりません。また冬に部屋の温度を15〜18度程度にしたためか屋内の湿度が60%程度に保たれ、冬場
に悩まされてきた皮膚のかゆみやかぶれがほとんどありませんでした。電気はいつでも好きなだけ使えるものと考えないで、必要なだけ賢く使うという考えは各家庭、ひいては日本
の電力需給にも大きな影響を与えると思います。家庭では電力使用料金も大きく減り家計の助けにもなり、今後予想される電力値上げなども全く気にならなくなります。

●比較的簡単にできること
1. 冷蔵庫の設定温度を高くする。(冷蔵庫の種類により野菜室の温度は低めのほうが使用電力が少ないこともある)また冷蔵庫の放熱面(機種により違うが側面、上部、背面な
ど)は十分なスペースをとる。
2. 白熱灯をLEDに取り替える。
3. 場所によっては白熱灯を蛍光電球に取り替える。
4. 温水便座を夜間はオフにする。また昼間もカバーを倒す。
5. テレビの電源は見るときにだけ入れ、だらだらとは見ない。
6. パソコンの電源は入れっぱなしにせず、使用するときだけ電源を入れる。パソコンに届くメールもスマートフォンで見られるようにしておく。
7. 廊下、居間、トイレなどの照明は必要なときにだけ点灯する。
8. 浴室の換気扇は入浴後に30分ほど使用し、後は窓を開け自然換気にする。
9. ご飯は当日食べるだけ量だけ炊き、原則として冷凍はしない。

●工作などが必要なこと
1. 屋外のセンサーライト電源にスイッチをつけ昼間はオフにする。
2. パソコン、ルータ、その他周辺機器をスイッチ付きにして夜など使用しないときはオフにする。(電話が光通信の場合、電話も使用できなくなるので注意)
3. ガス湯沸器の電源にスイッチをつける。(リモートコントローラで電源を落としても電力を消費しているため)
4. 家の窓を2重窓にして暖房効率を上げる。

●一般的ではないが試みたこと
1. 掘りごたつを掘り、湯たんぽと石油ファンヒータを主な暖房源にした。
2. 床下通風孔などを塞ぎ部屋の暖房効率を上げた。
3. 電気敷毛布を湯たんぽにする。湯は石油ストーブで沸かす。
4. 暖房はエアコンをあまり使わず、石油ストーブを利用。
5. ご飯は電気釜を使わず、真空断熱保温器のなべで炊く。(圧力釜などと比べて簡単に使用でき、他の各種料理にも使えて利用価値が高い)
6. 冷蔵庫の水冷化。(冷蔵庫の側壁が常時濡れた状態になる工作をしたところ、夏場の冷蔵庫消費電力量を40%程度削減できた)

●その他
1. 電力の契約容量を40Aから30Aに変更したが、これでも余裕があるので近いうちに20Aに下げる予定。

2. 100Wの太陽光パネルとインバータ、コントローラ、バッテリーを合計4万円程度で購入して試験的に使用している。自動車用の安いバッテリーを使用しているため昼間だけの使
用だが、晴れた日はテレビとノートパソコンを同時に使用することができる。停電時は予備電源としても利用できる。

★ 
★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
今朝も被災地の記事から、原発立地自治体では、これほどの仕打ちを受けても、なお、「廃炉要求の決議」をしていない・・・・・。
1.「県内原発廃炉を要求 福島自治体の88%に 意見書・決議を可決」しんぶん赤旗10月16日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-16/2012101604_02_1.html
記事「福島県内の原発10基すべての廃炉を求める意見書や決議を可決した同県内の議会が、9月議会でさらに増え、59市町村のうち52市町村(88・14%)にのぼりました。
残っているのは、原発が立地する双葉郡7町村だけです。」
次に、いつものように被災地の新聞−福島民友から、
2.「法務局出張所の跡地 双葉町役場のいわき移転先」(10/16 10:10) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1016/news8.html
3.「おおむね3割減」 大熊町が空間線量測定」(10/16 10:10) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1016/news9.html
記事「・・・・ただ、約30年のセシウム137の半減期を踏まえ『今後は減少のカーブが緩やかになってくるのではないか』と推測している。」
4.「除染立ち木で焼却炉 相馬・玉野地区に設置検討」(10/16 10:10)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1016/news10.html
・・・放射性物質で汚染されたものの処分はこれでよいのか?
5.「葛尾(町)に『戻りたい』4割 『今は判断できない』3割」(10/16 10:10)
http://www.minyu-net.com/news/news/1016/news11.html
・・・・・・葛尾町−福島第一から西方向 20〜30キロの位置。 
6.「がれき仮置き場の設置合意 南相馬に新たに2カ所」(10/16 09:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1016/news5.html 
7.「小名浜港の貨物量、震災前を上回る 相馬港は減少」(10/16 09:30) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1016/news6.html
8.「再編半年、静寂の街 南相馬の原町・小高区」(10/16 09:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1016/news7.html 
・・・・・避難解除になっても、生活に必要なものが揃わない帰っても生活できない。期間だけを優先して進めても何も解決しない。
9.「34地域の大豆、秋ソバ、小豆が新基準値下回り出荷可」(10/16 09:00)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1016/news4.html 
10.「県外避難6万人割る 減少傾向、経済的負担増など背景」(10/16 08:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1016/news1.html
記事「・・・県外避難者は4カ月連続の減少で、6万人を割ったのは約11カ月ぶり。県は、借り上げ住宅が契約から1年で更新時期になり、契約を延長せず県内に戻る人が増えた
とみている。今後もこの傾向は続くとみられるが、住居の除染や内部被ばく検査など健康対策、雇用や住まいの確保など、帰還を受け入れる本県側の課題は依然、山積したままだ。 
」
・・・・避難者は兵糧攻めを受けている・・・・、なんとも言いがたい状況です。
他紙、
11.「福島県「3.11記念日」検討 追悼、原子力災害防止訴え」河北新報10月16日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2012/10/20121016t61017.htm
記事「原発事故は約16万人が避難生活を続ける中、収束の見通しが立たない。一方で発生から1年7カ月が過ぎ、全国的に記憶の風化が進む懸念が県内で広がっている。
 記念日は犠牲者の追悼と風化防止、原子力災害の再発防止をアピールする目的。条例で特別な日に位置付け、制定時期などの結論を年内にもまとめたいとしている。」「福島県で
は震災と原発事故で計2900人以上が犠牲となった。」
次に、フランスの出来事、なんということでしょう、こころない行動がここでもある。
12.「川島好セーブは『フクシマ効果』…仏TV司会者失言に批判の声」スポーツ報知 10月16日(火)8時3分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121016-00000032-sph-socc
記事「・・・・15日までに批判の声が沸き上がった。『フクシマ効果があったとしても僕は驚かない』と発言、4本の腕が生えた川島の合成写真も紹介したもの。」
政府等の動き、
13.「規制庁が福島現地事務所 検査官ら15人の拠点 」西日本10月16日 11:46
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/329276
記事「原子力規制庁は16日、事故が起きた東京電力福島第1原発(福島県双葉町、大熊町)と冷温停止中の福島第2原発(富岡町、楢葉町)を監視する二つの現地事務所を広野町
に開設した。」・・・・広野町−福島第一から南へ20〜30キロの位置。
14.「住宅復興融資、阪神の2割 集団移転進まず、支援機構 」西日本10月16日 19:13
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/329336
記事「東日本大震災で住宅が損壊し、新たに建設・購入したり、補修したりする被災者向けに金利などを優遇する住宅金融支援機構(旧住宅金融公庫)の復興融資の利用が、震災後
1年半の9月末までで7079件と、阪神大震災後の同期間の2割弱にとどまっていることが16日、分かった。」・・・記事の続きは電子版だそうです。
15.「新たな原発安全体制提案へ 滋賀県、地域住民が参加 西日本10月16日 18:21
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/329325
15.「東日本大震災損害額、世界の6割 11年自然災害報告」 西日本10月16日 20:05
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/329344

配達された紙面では、西日本新聞の昨夕刊に、写真入で、12.と同じ内容の記事がありました。
13.「川島選手の腕4本に合成 「原発事故影響」と仏TV 」西日本10月16日 09:56
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/329240
関連記事がこちらにも、今朝ネットに追加されています。
14.「『悪い冗談では済まない』 合成写真でサッカー協会副会長 」西日本10月17日 01:14
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nsp/item/329384
今届いた朝刊では、
3面に、東日本大震災の復興予算流用問題の記事があり、明日から国会審議になると、あります。・・・・今更ですけどね。
36面に、
15.「(鹿児島県)衆院補選3区告示 原発論戦は低調 二大政党、争点化に及び腰 住民(から)『逃げないで』」
関連記事がこちらに、
16.「元職、新人の4人が届け出 衆院鹿児島3区補選告示 次期衆院選の前哨戦 西日本10月16日 12:39
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/329280
そのすぐ下に、
15.「九電と国 争う姿勢 川内原発訴訟初弁論」
他の報道機関のネット記事を下に紹介します。
16.「川内原発稼働差し止め 初弁論で避難者意見陳述 」MBC10/16 19:06
⇒http://www.mbc.co.jp/newsfile/mbc_news_disp.php?ibocd=00230721_20121016

★ 崔 勝久 さんから:
やっぱり、東京新聞!、小出さんの講演の内容を報じました
http://www.oklos-che.com/2012/10/blog-post_16.html?spref=tw
川崎市民の課題を記した「脱原発かわさき市民」からのメッセージも紹介。

★ 満田(国際環境NGO FoE Japan)さんから:
みなさま
発足した原子力規制委員会ですが、公安による市
民の監視や、市民団体がだした質問書無視など、原発に問題意識を持つ市
民を蔑視する対応が続いています。

内容面では、原子力災害指針における「避難」の位置づけ、大飯原発への
対応などについて問題があります。

報道だけでみると精力的に審議をこなしているように見えますが、その実
態はどうなのでしょうか?

10月18日、規制委員会の市民対応と審議内容を検証するための緊急集会を
開催します。また、その前に、特に公安問題に焦点を当てた記者会見を開
催します。
-------------------------------------------------------------
【10・18】
緊急集会:これでいいのか?「原子力規制委員会」
〜市民の声の届かぬ5人の「専門家」が、重大事項を次々決定!?〜
10月18日(木)11:00〜11:30 記者会見  11:30〜12:30 市民集会 
@参議院議員会館B109(最寄駅:東京メトロ 永田町、国会議事堂前)
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-6f43.html
-------------------------------------------------------------
9月19日、原子力規制委員会が発足しました。市民や弁護士たちから、今
回の原子力規制委員会の人事は違法であり不適切だという強い指摘や抗議
がありましたが、そうした声は無視され、国会同意も得ないままの船出で
した。

発足以来、原子力規制委員会はすでに原子力災害対策指針や過酷事故対応
を含む安全審査基準の策定に向け、次々に重大事項の決定を行っています。
審議は急ピッチに進んでおり、一見「精力的」に検討が行われているかに
見えます。

しかし、一つ一つの事項をみると、福島原発事故の経験や市民の声がなお
ざりにされてしまっています。本来であれば専門家部会を立ち上げるよう
な事項をたった5人の「専門家」ですべて決めてしまっており、必然的に
事前に役所が作成した資料に依存している状況です。

また、原子力規制委員会あてに、複数の市民団体から大飯原発の敷地内を
走る活断層の調査の手法や評価方法についての質問状がだされていました
が、規制庁はこれを規制委員会にはわたさず、田中俊一委員長も、「宛名
が委員会宛でなかった」「中身も、委員長になる資格はありませんとか、
いろいろ書いてありまして、理解しがたい」など事実と異なり、市民団体
を蔑視する発言を行っています。

さらに、傍聴の場では公安が市民を監視していたことが最近発覚しました。
規制委員会の建物の外での市民の抗議行動の際、公安が参加者の写真を無
断で撮影するなどの違法行為が日常的に行われています。

これらの問題を共有し、今後、市民社会として原子力規制行政にどのよう
に対応していくべきか議論します。
◆日時:10月18日(木) (通行証配布は10:30から)
 11:00〜11:30 記者会見(特に公安問題と市民対応について)
  11:30〜12:30 市民集会

【Ustream中継:IWJチャンネル5】
→ http://www.ustream.tv/channel/iwakamiyasumi5

◆場所:参議院議員会館B109 
   (最寄駅:東京メトロ 永田町、国会議事堂前)
   http://www.shugiin.go.jp/index.nsf/html/index_kokkaimap.htm
◆内容:1.原子力規制委員会の市民への対応
    2.原子力規制委員会の役割について
      〜原発を動かすのはだれ?止めるのはだれ?
    3.原子力規制委員会の審議内容の問題点
    1)原子力災害対策指針について
    2)原子力安全審査基準について

◆主催:福島老朽原発を考える会(フクロウの会)
  国際環境NGO FoE Japan/原発を考える品川の女たち
  再稼働反対!全国アクション/福島原発事故緊急会議
  プルトニウムなんていらないよ!東京
◆連絡先:国際環境NGO FoE Japan 満田(090-6142-1807) 

★ 色平 さんから:
特集ワイド:「原発ゼロ」戦略、どこへ/下 
自民政権、誕生したら… 米追従で再処理推進か
毎日新聞 2012年10月16日 東京夕刊
http://mainichi.jp/feature/news/20121016dde012010047000c.html

 「エネルギーについては責任ある対応をする。原発の比率は下げるが、30年代にゼ
ロにする考え方はとらない」。自民党の安倍晋三総裁は9日、経団連の米倉弘昌会長と
の懇談でこう断言し、財界との共同歩調をアピールした。今後、自民党政権が誕生した
場合、民主党政権が原発ゼロを目標として打ち出した「革新的エネルギー・環境戦略」
はどうなるのか。
【江畑佳明、戸田栄】

 今月2日の夜。自民党本部前には数百人のデモ参加者がいた。毎週金曜日の官邸前デ
モは定着してきたが、自民党前は初めて。「原発やめろ!」「子どもを守れ!」と、笛
や太鼓を鳴らしての大合唱が約2時間続いた。自民党に原発再推進のにおいをかぎ取り、
危機感を強めているのだ。

 改めて言うまでもなく、自民党は戦後の原発政策のけん引役。「原子力ムラ」との関
係は深い。電力各社は74年、「公共事業を行う会社としてふさわしくない」として企
業献金廃止を宣言したが、政治資金パーティー券の購入は続いた。電力各社や子会社の
幹部は、役職に応じて個人名で数万?数十万円を自民党側に献金してきた。毎日新聞の
調べでは、09から10年に約8000万円に及んだとみられる。

 デモの参加者同様、脱原発の行方を憂えるのは「原発と権力」の著書があるノンフィ
クション作家の山岡淳一郎さんだ。「自民党政権になったら、誰が経済産業相になるか
が原発政策への姿勢を象徴する。なかでも現政調会長の甘利明氏は原発維持派。甘利氏
を政調会長にした新人事を見るだけでも、『脱原発』からほど遠い」と指摘する。

 甘利氏は安倍内閣(06年9月?07年9月)時の経産相。当時、北陸電力志賀原発
で臨界事故隠しが発覚し、さらに他の電力会社でも発電機の故障隠しなどの不祥事が相
次いで露呈した。当初、甘利氏は「厳正に対処しなければならない」と憤り、原発の運
転停止や設置許可の取り消しなど厳しい処分が予想された。ところが、甘利氏は「今後
同様の事態が起きないようにすることが大切」と一転、発電所の保安規定を変更する行
政処分を出しただけだった。

 ある経産官僚は「省内で『現代の徳政令(鎌倉、室町時代に出された借金など債務を
帳消しにする命令)だ』と呼ばれた」と打ち明ける。
  ■
 自民政権になれば、野田政権が「革新的エネルギー・環境戦略」で掲げた「30年代
に原発ゼロ」は簡単に捨てられるのか。脱原発関連の著書の多い慶応大の金子勝教授(
財政学)は「閣議決定は政権が代わっても、拘束力を持つ。しかし『環境戦略』の原発
ゼロ方針は閣議決定に明確な文言として盛り込まれず、『不断の検証と見直しを行う』
という表現になってしまった。こんな不明確な内容では拘束力さえない。つまり自民政
権になって原発推進に転じたとしても、新たに閣議決定をしなくても『不断の見直し、
とあるので閣議決定には反していない』との言い訳ができる」と説明する。

 山岡さんは「連立政権か単独かで多少は変わるだろうが、自民党政権になれば、『原
発ゼロ』方針や『稼働後40年で廃炉』など、脱原発の柱が骨抜きにされることが考え
られる」と話す。

 自民党は福島原発事故後、党内に「総合エネルギー政策特命委員会」(委員長・山本
一太参院議員)を設置し、今年5月にとりまとめを公表した。基本方針として、安全第
一主義の徹底を掲げ、さらに再生可能エネルギーの導入で、早期に原子力に依存しなく
てもよい経済・社会構造を目指すとしている。エネルギー政策としては「10年以内に
電源構成のベストミックスを確立する」とし、次期総選挙に向けた政策パンフレットに
も反映させている。もちろん、「原発ゼロ」の文言はない。

 甘利氏は毎日新聞のインタビューに「原発推進派ではない。一つのエネルギー源に頼
らないベストミックス派だ」と答えている。「ベストミックス」とは何か。

 特命委員会の委員長代理を務めた西村康稔衆院議員に尋ねた。西村氏は「『原発ゼロ
』の理想は理解できるが、安易には言えない」と語る。さらに「これほど大きな脱原発
の世論では、原発の新規着工は難しい。福島第1原発の原子炉内部を開けられるとされ
る10年後までに、新たなエネルギー戦略を確立する」と説明する。つまり、現段階で
の具体性はほとんどない。
 ■
 「自民党はエネルギー政策にあえて具体性を持たせていない。次期解散総選挙の争点
にしたくないからでは」と山岡さんは話す。

 「自民党は米国が日本に期待する核燃料サイクルを推進したいのではないか。米国は
新興国の原発増設による核拡散を警戒し、協調関係のある日本に核燃料サイクルを確立
させ、核のごみ処理の見通しを付けたいと期待している。つまり日本に『核の番犬』に
なってくれと求めている」

 実際、野田政権の「原発ゼロ方針」について、米エネルギー省副長官が「さまざまな
懸念がある」と難色を示したと報道されている。

 元経産官僚で、大阪府市統合本部特別顧問の古賀茂明さんも同意見だ。古賀さんは「
米国は自国では再処理事業をしていない。だが、途上国の原発保有が増えれば使用済み
核燃料の問題が各地で生じ、核のごみが世界中に広がることを懸念している。そこで日
本に再処理させたいのが本音。安倍総裁は総裁選中、尖閣諸島や竹島の問題で中韓に対
抗するために日米関係の強化を訴えていたが、米国の要請に応えて核燃サイクルを進め
ることで関係強化を図りたいのだと思う」と憤る。

 6月、原子力規制委員会設置法の付則として、原子力基本法の改正が盛り込まれた。
原子力基本法は原子力行政の憲法ともいうべき法律。そこに「我が国の安全保障に資す
る」との目的が追加された。この「安全保障の目的」は自民党の主張で入れられた経緯
があり、他会派から「核武装の表明か」と懸念された。

 しかし古賀さんは「核武装という国民から明らかに反発を受ける政策よりもむしろ、
本音は、核燃サイクルを進めることによって米国の国際安全保障戦略に協力する方向性
を固めていることが透けて見える」と警鐘を鳴らす。

 安倍総裁は、福島原発を視察し「安全神話の上に立って原子力政策を進めた責任は大
きいと反省している」と陳謝した。であるならば、今後のエネルギー政策を具体的に語
るのが筋ではないか。
==============
 【自民党のエネルギー政策】
・当面の最優先課題として、3年間、再生可能エネルギーの最大限の導入、省エネの最
 大限の推進を図る
・原発再稼働の可否は安全第一の原則の下、順次判断し、すべての原発について3年以
 内の結論を目指す。安全性は原子力規制委員会の専門的判断にゆだねる
・10年以内に新エネルギーの安定供給構造を構築する
*自民党公式サイトより
==============
 ◇「特集ワイド」へご意見、ご感想を
t.yukan at mainichi.co.jp ファクス03・3212・0279

★ なぐも かずお さんから:
沖縄で、また・・・(絶句)。
沖縄 乱暴の疑い米兵2人逮捕
http://www3.nhk.or.jp/news/html/20121016/k10015789511000.html

★ 高橋 さんから:
金曜デモは全国100ヶ所以上に拡大!→http://bit.ly/UFqjWP
ほんと今こそ原発やめましょう〜。やめさせましょう〜〜☆
▼▼情報サイト▼▼
・脱原発系デモ拡散
http://demojhks.seesaa.net/
・脱原発系デモ情報拡散
https://twitter.com/demo_jhks
・デモ日程別一覧
http://www47.atwiki.jp/demomatome/
・脱原発系イベントカレンダー
http://datugeninfo.web.fc2.com/
・【大飯原発‐放射能汚染シミュレーション】
http://iohome.web.fc2.com/osenmap/

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● −−オスプレイ沖縄配備に反対する集会−− ●
<集会実行委員会>
日 時:10月17日(水)19時00分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)交流室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● −−オスプレイ沖縄配備に反対する集会−− ●
日 時:10月21日(日)
    14:00〜15:00 集会
     沖縄の歌と踊り/沖縄・高江からの報告:伊佐真次さん
     岩国からの報告:吉岡光則さん/集会宣言 ほか
    15:00〜 デモ行進 須崎公園→天神を周回
    17:00 デモ終了後、有志でアメリカ領事館へ申し入れ
会 場:福岡市・須崎公園(福岡市中央区天神5-2)
     地図:http://tinyurl.com/8oyyexl
主 催:オスプレイ沖縄配備に反対する集会実行委員会

● さよなら原発! 11・11福岡集会 ●  
<集会実行委員会>
日 時:10月25日(木)午後6時30分から9時00分
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)交流室
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階
主 催: さよなら原発! 11・11福岡集会実行委員会

 ● さよなら原発! 11・11福岡集会 ● 
 日 時:11月11日(日)
     14:00 集会開始 15:00デモ出発(サウンドデモ)
 場 所:福岡市・冷泉公園 
 主 催:さよなら原発! 福岡集会実行委員会 
★さよなら原発! 福岡  http://bye-nukes.com/fukuoka 

● 「福岡県脱原発宣言」を実現させるための賛同団体募集 ● 
 「さよなら!原発9.23福岡集会」
  http://bye-nukes.com/fukuoka の「案内とお知らせ」から

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
   原告数 4923名(9月14日現在) 
   連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内