[CML 020402] 10/24(水)記録映画『原発はいま』(第20回 反原発映像上映会)のご案内(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 10月 12日 (金) 12:57:05 JST



紅林進です。

日本で唯一、原発下請労働者を組織して活動した労働組合の活動を
描いた30年前のドキュメンタリー映画の上映会のご案内をレイバーネット
日本の会員MLより転載させていただきます。

この記録映画は、経産省前テントひろばでも上映したとのことですが、
今回は東京・新宿3丁目にあるカフェ「ラバンデリア」で上映するとのことです。
地図 http://cafelavanderia.blogspot.jp/search/label/MAP
このカフェでは毎月、反原発映像上映会を行っているとのことです。


(以下転載)

第20回 反原発映像上映会(今回は鯛ベックsと共催です)

鯛ベックs

記録映画『原発はいま』

1982年/49分/カラー 制作:映像集団「8の会」
 企画:全日本運輸一般労働組合関西地区生コン支部
 制作:広垣豊  
監督:近江道広

日時:10月24日(水) 19時30分 

場所:カフェ★ラバンデリア http://cafelavanderia.blogspot.com/
無料 ただしワンドリンク(300円以上) 食事はカンパ

「全日本運輸一般労働組合原子力発電所分会」。日本で唯一、原発下請労働者
を組織して活動した労働組合でした。1981年敦賀原発の事故隠しを契機に結成
され、20項目の労働条件改善要求を事業所・日本原電と元請の関電興業に突き
つけ、地域での情宣活動、全国キャラバンへと展開しました。その取り組みと地域
社会の姿を撮った、30年前のドキュメンタリーです。

やりたい人たち→「鯛ベックs」/連絡先:tybx86 at gmail.com / Twitter @tybecs

1982年、電力会社の横暴に耐えかねて、下請原発労働者たちの作った組合があった!

そんな原発労働者たちを追った、ドキュメンタリー映画「原発はいま」を先日9/29、
秋の夜長に経産省前テントひろばの前(お外)で上映いたしました。
いやー、めちゃくちゃ良かったですねーこの野外上映会。
いやー良かった良かった。かなりオキュパッてたほんと。
と、いうジコマンはいいとして、街灯や騒音、こちらの準備不足で映画の内容は、
果たして来た方に伝わっていたのだろうか…。
案の定「落ちついてしっかり見たい」「映画に関する解説が欲しい」という声を
いただきました。
そんなわけで、今度は「新宿の素敵なカフェ」ラバンデリアの上映企画に便乗
させていただき、解説と広い視野での労働問題に関するレポートを付きで
再チャレンジします。
もちろん、野外上映会に来てなかった方もドシドシご来訪ください。
知ろう繋がろう考えよう、そんで変えよう!忘れずに。よろしくね(^o^)/

*現存する貴重なフィルムの上映画面を映像化したものですので、映像・音声上
の問題が多く生じています。
あらかじめ、ご承知おき下さい。


CML メーリングリストの案内