[CML 020396] 【報告】第541目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 10月 12日 (金) 06:56:45 JST


青柳行信です。10月 12日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第541日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 10月11日現在 総数2579名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】10月11日3名。 
       大土 剛 大土千浩 匿名1名 

★さよなら原発! 福岡集会  http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまです。
今日は テントの片づけが終わってから、中国語の教室に参加しました。
尖閣の問題で みんな心を痛めているようです。
クラスのかたが 来週から上海に行ってくるそうです。
彼が帰ってきたら、中国の状況を聞かせてもらうつもりです。

またまた、原子力「推進」委員会に怪しい動きです。
週1回の定例会に公安の同席を要請していたといいます。
誰が何を言うかをチェックさせていたのでしょう。
ひどい国ですね。
あんくるトム工房
まるで警察国家の様相  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2089

★ 橋本左門 さんから:
  無核無兵・毎日一首
☆千年の丹精こめて培いし沃土を剥がす痛みを知るや(左門 10・11−76)
  ※農業を軽んじ、工鉱業を偏重し、原子力を崇拝した近代日本の実態。
   食あっての国・農あっての食なのに、基本を見誤った政経の罪責を問うべし。 

★ 栗山 さんから:
青柳  様、
毎日のひろばの作業、お疲れ様です。
Not 「継続は力」、but 「継続が力」!
「ひろば」を継続される貴氏の意志力とエネルギーに力付けられます。

ドイツのフランクフルト・アム・マイン市のフランクフルター・ルント
シャオという新聞の10月4日付け紙面に EU の原発のストレス
テスト関連の社説が載っていました。

ストレステストの詳しい内容を報告しているのではありませんが、
ドイツの脱原発支持派の意気込みの一端が見えるかと思います。
その社説の要約が
http://weissekleinewolke.beepworld.de/20121004fratomausstieg.htm
に掲載されていましたので、紹介いたします。

★ 前田 朗 さんから:
「ますます深刻化する被ばく労働問題」をブログにアップしました。
http://maeda-akira.blogspot.jp/2012/10/blog-post_11.html

★ 松林 さんから:
青柳さま
初めてメールします。
英語の会で知り合いの黒川さんから、
私のやっている節電に関しての状況などを書いてくれと依頼がありました。
青柳さんが行われている原発稼動反対運動に役立つかどうかわかりませんが、
簡単にまとめましたので添付して送ります。

私は十数年前から使用済み核燃料の廃棄方法がないなかでの原発には疑問をもっていました。
福島を経験し、日本の原発政策が今後どのようになるのかわかりませんが、
原発全廃へ向かうのであれば結論を出すのは早いほうがよいと考えています。
できれば国民投票をしてほしいのですが、現状では選択肢は選挙しかありません。
しかし残念ながら政治家の言葉がいかに軽いのかは現政権の行ってきたことをみればわかります。
日本では選挙を基本にする民主主義システムは崩壊していると言っても過言ではないと思います。

電力の供給に関して言えば、たとえ原発廃止後に大幅な電気料金値上げがあったとしても、
電力使用量を大幅に減らしておけば値上げは全く気になりません。
また大幅な値上げがあるとすれば、廉価な太陽光パネルが市場に出回っていることを考慮すると、
電力を自給する家庭が増えるのではないかと思います。
小型の太陽光パネルシステムを自分で使用してみて、電力自給の可能性を強く実感しました。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
おはようございます。
きょうは金曜日、官邸前の行動が、全国に波及し、いまや「官邸前を含め45都道府県113カ所」に広がっているそうです。次の記事にその場所と時間の一覧表があります。
1.「官邸前行動 原発即廃止求め 全国で」しんぶん赤旗10月11日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-11/2012101105_02_1.html
一方では、昨日の夕刊では、
2.浜岡原発の再稼働、県民投票否決 静岡県議会 」西日本10月11日 13:38
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/328540
他紙でも、
3.「<浜岡原発>住民投票条例案否決 原発再稼働めぐり」毎日新聞 10月11日12時57分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121011-00000040-mai-soci
記事「原発再稼働の是非を問う住民投票条例案が否決されたのは、大阪市議会と東京都議会に続き3例目。川勝平太知事は直接請求を受けた首長として初めて「多くの県民の思いの
表れ」と賛成の意見を付け県議会に提案したが、過半数を占める自民改革会議が、市町に投票事務を義務づけるなど法的不備がある▽住民投票実施に10億円以上の経費がかかる−
−などを理由に反対に回った。」
今朝届いた新聞では、31面社会欄に、紙面の4分の1を使って、シリーズ「九州 九電 考」として、この問題を取り上げています。
4.見出し「16万人の声 宙に 浜岡原発の県民投票否決 再稼動、(静岡県)議会が関与敬遠」 「佐賀の住民 『結局、原発争点の選挙しか・・・』」とあります。
また、2面に、
5.「脱原発 JA盛り上がらず 全国大会 TPPとは対照的」とあり、決議には文言はあるものの、提案時の拍手は一部でしかなかったと伝えています。
あれほどの被害を現地では受けていることを知りながら、どうしたことでしょう。事故の風化が進んでいるのか。
今後の運動の進め方を考えないといけないようです。
次に被災地の報道、福島民友から、
6.「飯舘村長に菅野氏が5選 村復興のかじ取り担う」 (10/11 20:25)
http://www.minyu-net.com/news/news/1011/news12.html 
7.「試験操業の海域拡大 現行から南に20キロ」 (10/11 10:25) 
http://www.minyu-net.com/news/news/1011/news9.html
8.「廃炉過程で原因解明 規制委、作業監視の骨子案」 (10/11 10:25) 
http://www.minyu-net.com/news/news/1011/news10.html
9.「残るか入居か揺れる避難住民 3市に復興住宅整備」 (10/11 10:25)
http://www.minyu-net.com/news/news/1011/news11.html 
10.「知事、透明性の確保強調 「疑念抱かせる行為」陳謝」 (10/11 09:55) 
http://www.minyu-net.com/news/news/1011/news5.html
11.「コメの二重検査体制で出荷に遅れ 都市部で相次ぐ」 (10/11 09:55)
http://www.minyu-net.com/news/news/1011/news6.html
12.「県の線量データ、通信機能喪失で避難に生かせず」 (10/11 09:55)
 http://www.minyu-net.com/news/news/1011/news7.html
13.「セシウム最大3.2ベクレル コープふくしま食事調査」 (10/11 09:35)
 http://www.minyu-net.com/news/news/1011/news2.html 
14.「県営復興住宅」いわきに250戸整備 残りは若松、郡山 」(10/11 08:30)
http://www.minyu-net.com/news/news/1011/news1.html
他紙では、
15.「集団移住拠点、仮の名は 双葉・浪江・大熊・富岡 四町四様」河北新報10月11日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2012/10/20121011t61015.htm
福島第1原発事故で全町避難の続く福島県双葉、富岡、浪江、大熊4町の町長が、住民が集団移住する生活拠点の呼び名に独自性を出している。「仮の町」「町外コミュニティー」
「サテライト」とさまざま。呼称には各町長の思い描く移住後の町の将来像が反映されている。
16.「福島原発周辺で大幅増加も 川底の放射性物質調査」西日本 10月11日 20:23
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/328613
福島第一事故現場を伝える記事、
17.1号機の格納容器に異常見られず 東電、映像撮影で 西日本10月11日 23:18
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/328649
・・・結局、わからないのです。
最後に、規制委員会の動き、
18.「原子力規制委 会議傍聴席に公安警察同席」しんぶん赤旗10月11日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-10-11/2012101114_01_1.html
・・・・・・田中委員長は「知らなかった」と。また、別の記事では「原子力ムラという表現に不快感を示し、差別用語だ」とも言ったそうです。

★ 黒木 さんから:
たんぽぽ舎です。【TMM:No1607】2012年10月11日(木)-2午後 8:14
新聞・雑誌から
 └────
◇「核燃料、95%リサイクル」実際はわずか1%
  NUMOは再利用できるというが、約95%はごみ予備軍
 (10月10日 東京新聞より)

 高レベル放射性廃棄物の最終処分場の選定を担う原子力発電環境整備機構
(NUMO)が、2010年に全国規模でアンケートをした際、あたかも使用済み核燃
料のほとんどが再利用でき、核のごみはわずかであるかのような説明をし、回
答を求めていたことが分かった。実際に再利用できるのはわずか1%で99%は
ごみと化す可能性が大。誤った認識を広げる結果になっていた。
(中略)
(NUMOの説明は現実と大きく異なる。再処理により再利用できるのは、95%
どころかたったの1%。取り出されたプルトニウムに別のウランを混ぜて混合
酸化物燃料(MOX燃料)に再生している。
(中略)
 さらに、核燃料は何度でも再利用できるわけではなく、現実には一回のみ。
再処理すること自体が難しく、これもごみ化する可能性が高い。(後略)

★10.13さようなら原発集会in日比谷
■日時:10月13日(土)開場12:30〜
■会場:東京・日比谷野外音楽堂(地下鉄「霞ヶ関駅」「日比谷駅」)
■内容:12:30 開場
13:30 オープニングコンサート Yaeさん
14:00 主催者あいさつ 鎌田慧さん
呼びかけ人から 落合恵子さん
講演/高橋哲哉さん
福島からの訴え
講演/大江健三郎さん
閉会のあいさつ 内橋克人さん
15:00 閉会
送り出し音楽 ナラカズヲさん
パレードコース 東電前〜銀座〜(調整中) 
◎主催:「さようなら原発」一千万署名 市民の会

★東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/緑の党 Greens Japan)さんから:
原子力規制委員会の会議に、原子力規制庁の要請に基づいて麻布署の
公安警察が入り込み、傍聴者とメディアを監視していることが明らかにな
りました。

規制庁、規制委員会の市民蔑視の姿勢は恐るべきレベルに達しています。
人事の見直しは最低限の要求です。OurPlanet-TVの白石草さんのメール
を転送します。動画などをぜひご覧ください。また、規制庁への抗議・要請
にもご協力ください。
        【抗議・要請先】
→ 原子力規制庁 政策評価・広聴広報課 委員会室
(TEL)03-5114-2114  (FAX)03-5114-2173  (E-mail)nra-bocho at nsr.go.jp
------------------------------------------
みなさま 
OurPlanetTVの白石です。
原子力規制委員会の会議に公安警察が入っていた問題について
動画と記事を掲載しました。

ちなみに、先週金曜の政府交渉で、委員長に要請文が届いてなかった件に
ついても質問していますが、そちらもヒドいです。
==================================
    原子力規制委員会〜公安警察に委員会監視を要請   
      http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1453
==================================
先月9月19日に発足した原子力規制委員会が、委員会の傍聴者やメディアを
監視するために、警察を要請していたことが10日わかった。
 
委員会の傍聴者やメディアを監視していたのは、麻布警察所の公安警察。
原子力委員会が開催される13階会議室の一番後ろの出口付近に待機し、
取材に来ているメディアや傍聴者を確認しては逐一メモをし、時折、廊下に
出て無線で内容を報告していた。
 
委員会10分ほど前に、傍聴者の数人が警察が監視していることに気づき、
「あなたは誰ですか?何をしているのですか?」と詰め寄ったところ、
「規制庁の要請で来ている。それ以上、話す必要もない」と回答。
OurPlanetTVに対して、撮影をやめるように声を荒げた。市民は「何のための
警戒なのか」「一般市民の知る権利を侵害してる」と廊下まで出るように求めたが、
警察は「自信を持って仕事をしている」と応酬し、一時、押し問答となった。
 
委員会の監視に警察を要請していたことに関して、原子力規制委員会の田中俊一
委員長は会見で、「委員会で声を聞くまでは、全然知りませんでした」と回答。
 
原子力規制庁の森本英香次長は「庁舎内の秩序維持という観点から、警察署に
対して警備を依頼しているのは事実」とし、制服を着用しない公安警察である理
由については、

「制服で入っていただくことが、むしろ威圧を与えるようなことを、僕の直感的には
そう思いますので、そういうことがないように、最低限の警備という形で取り組んで
いくのがいい」と説明した。
 
傍聴者の監視問題では今年7月、当時の原子力・安全保安院が、関西電力大飯
原発(福井県)の断層調査をめぐる専門家会議の傍聴希望者の情報を警察に提
供した可能性が指摘され、その後、保安院の森山善範原子力災害対策監が記
者会見で、警察から詳細な説明を差し控えるよう要請を受けたことを明らかにし
た経緯がある。しかし、会議室内部に警察が入り、市民を監視した例はなかった。
 
森本次長は「保安院の時にどうだったのかは、知らないが、規制委員会はじまって
試行錯誤している状態で平穏な会議の維持ができれば柔軟に対応したい」と話した。
 
「日本の公安警察」の著者でジャーナリストの青木理さんは、「規制庁が警察に警
備を要請し、公安警察が情報を収集しているとしたら気持ち悪い話だ。規制庁の
モラルが問われる。

規制庁のトップが、池田克彦元警視総監であることとも関係がある可能性が高い
のではないか」と指摘している。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
記者会見一問一答
 
Q、公安警察の警備は委員長の指示か?
 
田中委員長
「先ほど委員会で声を聞くまでは、全然知りませんでした。事務局の方で何か。」
森本次長
「平穏に会議を行っていただくことは大事なこと。事務方としてその点に心を
配っている。庁舎内の秩序維持という観点から、警察署に対して警備を依頼
しているのは事実。そういう観点で入っていただいている。今後、会議が平穏
に進められるということであれば見直すこともあろうかと思います。」
 
Q、保安院の時に、会議室内部に警察が入り市民を監視した例はなかったが?
 
森本次長
「保安院の時にどうだったのかは、知らないのですが、規制委員会はじまって
試行錯誤している状態で平穏な会議の維持ができれば柔軟に対応したいと
思っています。」
田中委員長
「実はこの規制委員会、私自身がいろんな方からご注意受けているのですが、
1人で歩かないようにとかね。いろんな方がまだ、落ち着いていない状況もある
ので、そういうことを事務方がご心配されたんだと思うんです。基本的にこのよ
うなことは、不要な世の中になるのが本来の姿だと、私個人は思いますけども、
今そういうことですので。」
 
Q、警備の目的は?
 
森本次長
「平穏に会議を進めていただくこと以外はありません。制服で入っていただく
ことが、むしろ威圧を与えるようなことを僕の直感的にはそう思いますので、
そういうことがないように、最低限の警備という形で取り組んでいくのがいい
のだろうと思います。平穏に維持ができるのであれば、柔軟に対応していき
たい。」
 
Q、市民と原子力規制庁との初めての話し合いが5日に行われ、市民側が
事前に送った質問・要望書が委員長や委員に届かず事務方のみの判断で
質問に答えていたが?
 
田中委員長
「宛名が委員会宛でなかった。事務方は事務的に受けて、処理されたと聞
いています。中身も、委員長になる資格はありませんとか、いろいろと書い
てありまして、その人間にいろんな要望とか質問とか出ているので、私は一
般人としては理解しがたい文章だなあと思いながら拝見しましたけど」
 
Q、市民と原子力規制庁との話し合いが、2回目、3回目とあった場合に、
委員長や委員の方が目を通す形になる予定はない?
 
田中委員長
「そうですね。無制限にやっていったら私の仕事ができなくなりますし、そう
いう方たちはそういうことで一生懸命やられるんだと思うんですけど限度が
あると思います。」
【杉原注】
田中俊一が「宛名が委員会宛でなかった」と述べているのは事実ではなく、
質問書には「原子力規制委員会委員長 田中俊一 様」と明記されていました。 

◆違法人事に抗議! 大飯原発を止めて! 原子力規制委員会前アピール
10月12日(金) 19:00〜20:00
原子力規制委員会前(六本木一丁目)
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/10/post-897d.html

原子力規制委員会(六本木1丁目9-9 六本木ファーストビル)
最寄駅:東京メトロ 南北線 六本木一丁目駅(2番出口)
   または 日比谷線 神谷町駅
地図:http://www.nsr.go.jp/nra/map.html

違法な原子力ムラ人事のごり押しに抗議!と大飯原発の即時停止措置を
求めて、規制委員会に対するアピール行動を行います。

原子力規制委員会の会議に、原子力規制庁の要請に基づいて麻布署の
公安警察が入り込み、傍聴者とメディアを監視していることが明らかにな
りました。前代未聞の事態です。

違法かつ国会同意すらないまま、様々な既成事実を積み重ねる規制委員
会を厳しく監視することがますます重要です。アピール行動にご参加ください。

<アピールのポイント>
^稻,文胸厠魯爛蘓融のごり押しにノー!
大間原発運転再開に抗議。委員会はその役割を果たせ。
B臠啗業を即時停止すべき。バックフィットの考えに立てば、他の原発同
 様、今後策定される安全基準による審査までは、少なくとも運転を停止す
 るべきもの。
に漂匏弉荳定で30kmは狭すぎる。原子力災害指針の、被ばく防護に、
 「避難」を位置づけるべき。
【主催】
福島老朽原発を考える会(フクロウの会)、国際環境NGO FoE Japan、
原発を考える品川の女たち、プルトニウムなんていらないよ!東京、
再稼働反対!全国アクション、福島原発事故緊急会議 
【問合せ】 090-8116-7155(阪上)

【関連情報】
原子力規制委員会〜公安警察に委員会監視を要請(動画:OurPlanet-TV)   
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1453

原子力規制庁の透明性に疑問 「試行錯誤」と釈明(産経、10月9日)
http://sankei.jp.msn.com/life/news/121009/trd12100922560011-n1.htm

原子力規制委 入居ビルの賃料は月額4400万円とケタ違い
(日刊ゲンダイ、10月5日)
http://gendai.net/articles/view/syakai/139001

原子力規制委:再処理工場派遣訓練、委員到着まで5時間/青森
(毎日、10月6日、青森版)
http://mainichi.jp/area/aomori/news/20121006ddlk02010083000c.html

福島県から意見聴取へ=来週以降、原発防災指針改定で−規制委
(時事、10月9日)
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012100900632 

○−−−−−集会のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発! 11・11福岡集会  
<準備会 集会実行委員会>
日 時:10月12日(金)午後6時30分から8時00分
場 所:カテドラル大名町カトリック教会1F講堂
   福岡市中央区大名2-7-7 (西鉄グランドホテル前)
   地図:http://tinyurl.com/9ga3gey
主 催: さよなら原発! 11・11福岡集会実行委員会

● −−オスプレイ沖縄配備に反対する集会−− ●
日 時:10月21日(日)
    14:00〜15:00 集会
     沖縄の歌と踊り/沖縄・高江からの報告:伊佐真次さん
    15:00〜 デモ行進 須崎公園→天神を周回
         有志でアメリカ領事館へ申し入れ
会 場:福岡市・須崎公園(福岡市中央区天神5-2)
     地図:http://tinyurl.com/8oyyexl
主 催:オスプレイ沖縄配備に反対する集会実行委員会

● 「福岡県脱原発宣言」を実現させるための賛同団体募集 ● 
  http://bye-nukes.com/
  http://bye-nukes.com/fukuoka/ または http://bye-nukes.com/kitaq/
さよなら!原発9.23福岡集会」HPの「案内とお知らせ」及び「チラシ表示・印刷」

● 「原発なくそう!九州玄海訴訟」(玄海原発1万人訴訟)●
    ホームページ:http://no-genpatsu.main.jp/index.html
 原告・サポーターを募集しています。(九州以外の方もO.k)
   原告数 4923名(9月14日現在) 
   連絡先:090-9071-7963(椛島・かばしま弁護士)

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内