[CML 020393] 明日、インド領事館前で抗議行動(キンカン大阪行動に参加される方、関電本店前に行く前にインド領事館前へ!):クダンクラム原発稼働阻止のたたかいは続いています

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 10月 11日 (木) 20:13:25 JST


明日、インド領事館前で抗議行動(キンカン大阪行動に参加される方、関電本店前に行く前にインド領事館前へ!):クダンクラム原発稼働阻止のたたかいは続いています


> みなさまへ(重複ご容赦、転送歓迎) 
> 
> 
> 
> クダンクラム原発稼働阻止のたたかい(非暴力)は続いています! (関西の方、12・13日来てくださいネ:下記) 
> 
> 
> 
> ●NDTV(インド最大の民放テレビ局)のニュースを見てみてください 
> 
> 
> 
> ボートでの海上抗議行動(10月8日)2分 
> 
> http://www.ndtv.com/video/player/news/kudankulam-row-thousands-of-villagers-protest-near-plant/249793 
> 
> 
> 
> ドキュメンタリー「クダンクラム原発反対運動」(10月3日)34分 
> 
> http://www.ndtv.com/video/player/documentary-24x7/documentary-on-movement-against-kudankulam-nuclear-plant/249211 
> 
> 
> 
> 500隻の漁船による抗議行動(9月22日)2分 
> 
> http://www.ndtv.com/video/player/news/kudankulam-protests-fishermen-lay-siege-to-tuticorin-port/247805 
> 
> 
> 
> ●雑誌「世界」11月号(発売中)の「インドの民衆運動は原発稼働を止められるか」(福永正明) 
> 
> 
> 
> ●クダンクラム原発に関する基本情報や最近の動きに関するブログ 
> 
> http://koodankulam.hatenablog.com/ 
> 
> 
> 
> 
> 
> 直前のおしらせ(関西でのとりくみです) 
> 
> 
> 
> ★インド領事館前・抗議アクション    
> 
> 10月12日(金)16:00~17:00   
> 
> 大阪市中央区久太郎町1丁目9−26 船場ISビル (地下鉄・堺筋本町駅、6番出口と7番出口の真ん中) 
> 
> 
> 
> 9月10日にインド・クダンクラム原発現地で起きた大弾圧に抗議して、領事館前アクションを行います。インド政府への抗議の意と、クダンクラムの人々への連帯の思いを伝えよう! 
> 
> 
> 
> 地震地帯に原発が密集するアジア地域は、原発の破局事故に関して運命共同体です。私たちも、声をあげましょう。原発は地球上のどこにもいりません! 
> 反対する地元の人々に対する暴力は許されません! 日本政府のインドへの原発協力なんてとんでもない! 
> 
> 
> 
> ♪バナーやプラカードなどがあればお持ちください。 
> 
> マイクアピール、チラシまきなどもやります。(IWJによって中継、配信される予定です) 
> 
> 
> 
> ★最新報告 クダンクラム原発反対闘争と原発輸出 
> 
> 10月13日(土)14:30~16:30  
> 
> 
> 
> 場所:市民交流センターひがしよどがわ(JR新大阪駅東口より徒歩3分) 
> 
> 報告:宇野田陽子(NNAFJ)、中井信介(ジャーナリスト)、渡田正弘(上関原発止めよう!広島ネットワーク) 
> 
> 参加費:800円 
> 
> 
> 
> インドのクダンクラム原発で、新規原発の運転を阻止するために歴史上かつてないほどの規模で反対運動が燃え広がっています。数千~数万人規模の座り込みや原発包囲行動、9月10日の大弾圧の様子などが、日本のメディアでも広く報道されました。 
> 
> 
> 
> 日本政府は福島事故後も原発輸出政策を堅持しています。他国に原発を輸出するとはどういうことなのか、それがいかに愚かな行いであるか。クダンクラムの闘いを知ることによって、その真実が明らかになると思います。今回の報告者は、燃料装荷阻止に揺れる現地を9月下旬に訪問しようとし、取り調べの末に国外退去となりました。 
> 
> 
> 
> 写真やビデオ映像と共に人々の闘いを報告します。ぜひお越しください。(IWJによって中継、配信される予定です) 
> 
> 
> 
> **************************************************************************************************************** 
> 
> 
> 
> 連帯声明「歴史的な闘いの中にあるクダンクラムのみなさんへ」 
> 
> http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/118b.htm 
> 
> 
> 
> To our friends who struggle for nuclear free future 
> 
> (クダンクラム原発に連帯する日本人3名がインドで入国拒否) 
> 
> 英語原文 http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/118e.htm 
> 
> 日本語訳 http://www18.ocn.ne.jp/~nnaf/118a.htm 
> 
> 
> 
> ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 
> 
> >日本のマスコミでも取り上げられましたが、9月10日にインドのクダンクラム原発で平和的な抗議デモに対する大弾圧がありました。クダンクラムの人々は世界に連帯を呼び掛けており、私たちも9月25日にインドを訪問しようとしました。しかし、下記の書簡に書いたような出来事があり、入国拒否され強制送還となりました。 
> 
> 
> 
> 私たちのような小さな個人を標的にして入国を拒否するような、秘密主義と非民主的な態度がいったい何をもたらすのか、強い懸念を覚えます。そのような閉鎖された文脈の中で、武装警官隊が民衆に催涙ガスやこん棒で襲いかかり、力で民衆を抑え込みながら核がさらに膨張していくことに恐怖を感じます。 
> 
> 
> 
> この経験と懸念を広く知ってもらいたくて、英文での書簡を発信しました。インドのウェブページに掲載されました。 
> 
> http://www.dianuke.org/a-nuclear-free-future-is-our-common-dream-letter-from-the-japanese-activists-deported-from-india/ 
> 
> 
> 
> ノーニュークス・アジアフォーラム・ジャパン事務局 
 		 	   		  


CML メーリングリストの案内