[CML 020371] NHKスペシャル「除染 そして、イグネは切り倒された」が今日深夜再放送

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2012年 10月 10日 (水) 22:28:34 JST


転送・転載歓迎


京都の菊池です。

先日10/7日曜日に放送のあった

シリーズ東日本大震災

除染 そして、イグネは切り倒された


2012年10月7日(日)
午後9時00分〜9時49分
NHK総合

(内容
は
http://www.nhk.or.jp/special/detail/2012/1007/index.html

を参照ください。)

が今日深夜再放送されます。
前回見逃された方どうぞ。
遅い時間ですので、
録画して見てはと思います。

再放送 10月11日(木) 午前0時25分〜1時14分


番組ホームページでは、

下記のように紹介しています。


福島県南相馬市。阿武隈おろしの強風から家を守るために「いぐね」と呼ばれる屋敷森を持つ家が多い。
最近、そのいぐねを伐採する家が相次いでいる。福島原発事故で飛散した放射性物質がいぐねの杉の木に付着して、なかなか周辺の放射線量が落ちないためだ。
 政府は1月「放射性物質汚染対処特措法」を施行し、汚染地域の除染に乗り出した。
しかし、その除染が大幅に遅れている。
理由の一つは除染で大量の放射性廃棄物が発生すること。廃棄物を安全に保管するための仮置場は周辺住民の反対が根強く決まらない。
もう一つは、除染には莫大な費用がかかること。住民の不安を解消するため徹底的な除染を行ないたい南相馬市など自治体に対して、
環境省は費用のかかる除染方法を認めず、いぐねの伐採も必要ないとするなど対立している。
 政府は年間被ばく線量が20ミリシーベルト以下なら健康に大きな影響はないという。
しかし、住民は信じない。除染が遅れれば、避難している家族は帰ってこない。一方、小さな子どもを抱えて地元に残った家では、いぐねを伐ったり屋根瓦を葺き替えたりの自衛手段をとり始めた  

原発事故によって地域崩壊の瀬戸際に立たされる福島からの報告。

とのこと。


菊池
ekmizu8791あっとezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合はあっとを@に直してください)




CML メーリングリストの案内