[CML 020310] 地域医療崩壊

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2012年 10月 7日 (日) 10:08:52 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 先端医療では世界のトップにありながら、公的医療保険が存在しないため、病
院に行くことができず、治る病気で多くの人々が死んでいくアメリカの医療の悲
惨な現実を描いたのが映画『シッコ』(マイケル・ムーア)でした。
 
 それに対して日本は多くの問題を抱えながらも、国民皆保険制度が存在してい
ます。医療技術や病院設備は世界のトップクラスです。
 
 しかし、離島や山間部などの過疎地では『シッコ』が再現されようとしていま
す。
 
 医師不足や保険制度「改革」で病院や診療所が次々に閉鎖されています。病院
があっても医師がいない地域が続出しています。
 
 それが最も先鋭的な形で表れているのが、3・11東日本大震災のと福島第一
原発事故の被災地です。医療崩壊が現実に起こっています。
 
 被災地の医療崩壊を、NHK教育のETV特集が今日(10月7日)放送しま
す。
 
 NHK教育
 
 ETV特集
 「わがまちに医師を〜地域医療と霞が関の半世紀〜」
 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/1007.html
 
 放送日:10月7日(日) 
 放送時間:夜10時

 再放送:10月14日
 放送時間:午前0時50分
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  
 


CML メーリングリストの案内