[CML 020309] 10・12新日鉄大阪支店前宣伝行動参加のお願い

nakata mitsunobu nkt-mi at d6.dion.ne.jp
2012年 10月 7日 (日) 10:04:40 JST


日本製鉄元徴用工裁判を支援する会の中田です。
複数のメーリングリスト・個人に投稿しています。重複される方申し訳ありません。

 新日鉄に強制連行された韓国の元徴用工に対する謝罪と補償を求めて新日鉄へ
の宣伝行動を継続して取り組んでいます。関西での定例宣伝行動の案内です。

日 時 10月12日(金) 8:15〜8:45
場 所 新日鉄大阪支店
     淀屋橋三井ビルディング3階(地下鉄淀屋橋駅10番出口)
      http://www.nsc.co.jp/company/location/osaka_access.html

以下チラシより
--------------------------------------------------------------------------------
 新日鐵住金よ!ただちに過去清算を!

10月1日、新日鉄と住友金属が合併し、新しく「新日鐵住金」という巨大鉄鋼メーカー
が誕生しました。しかし、合併前の2社ともに、太平洋戦争中に強制連行を行い、未だに
戦後補償を行っていない日本企業=「戦犯企業」として、韓国の公共機関等から入札排除
の決定を受けています。
また、今年5月、韓国大法院(日本の最高裁)は、新日鉄に補償を求めていた元徴用工被
害者の訴えを認め、原告の請求権を認める画期的な判断を示し、「戦犯企業」のトップカ
ンパニーである新日鉄の企業犯罪を断罪しました。

元徴用工被害者にただちに補償せよ!

今、竹島問題で日韓関係が冷えきっています。「領土問題」の背景には、「慰安婦」問題
や、植民地支配責任を認めようとしない日本政府・企業の姿勢に根本原因があります。ア
ジアの人々の犠牲の上に現在の地位を築きあげた「強制連行企業」のトップカンパニーで
ある新会社「新日鐵住金」こそが、模範を示し、この問題解決の解決を図るべきです。グ
ローバル企業としてこれから、世界において、信頼を得るためにも、強制連行が「不法」
であるという韓国大法院判決が下された以上、ただちに判決に従い、被害者への補償を行
うべきです。90才を超える被害者の人達に、もはや時間はありません。万が一高齢の被
害者が亡くなったとき、新会社「新日鐵住金」はいったいどう責任を取るつもりなので
しょうか! 新日鐵住金は被害者への補償を決断せよ!  2012.10.10


CML メーリングリストの案内