[CML 020220] オスプレイ配備に抗議する!直ちに撤回せよ! 無防備地域宣言運動全国ネットワークの声明

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2012年 10月 2日 (火) 21:42:02 JST


転送・転載歓迎

京都の菊池です。
転載します。


[muboubi-ml :753] オスプレイ配備に抗議する ! 直ちに撤回せよ !

皆様
 無防備地域宣言運動全国ネットの中川です。
 本日、たった電話一本の通告でオスプレイが配備されました。沖縄はじめ全国の反対の民意を無視し、沖縄を植民地扱いする許されない暴挙です。
無防備全国ネットの声明
を貼り付けます。
 また、「平和と生活をむすぶ会」から下記の抗議行動が提起されています。参加できる方はぜひ参加しましょう!

☆米総領事館へのオスプレイ沖縄配備強行抗議行動
日時:2012年10月3日(水)18:00(午後6時)〜19:00(午後7時)
 米国総領事館前集合(北区西天満 地下鉄・京阪淀屋橋駅下車北へ徒歩5〜7分)
 主催:平和と生活をむすぶ会

以下、無防備全国ネットの声明です。

※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
米軍垂直離着陸輸送機MV22オスプレイの沖縄配備強行糾弾!日米両政府はただちに配備を撤回せよ!
※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※※
                    2012/10/1  無防備地域宣言運動全国ネットワーク

 日米両政府は、10月1日午前、米軍垂直離着陸輸送機MV22オスプレイ6機を沖縄県の米軍普天間基地に強行配備した。
これは、沖縄県民をはじめとする配備反対の民意と自治を圧殺したうえ、沖縄を植民地扱いするものであり、東アジアの軍事的緊張を激化するものである。
私たちは、配備強行を断固糾弾し、直ちに配備を撤回することを求める。

 米軍のオスプレイは、開発段階だけで30人が犠牲となり、今年6月14日(日本時間)に米国フロリダ州の演習場で墜落し、4月には米海兵隊のオスプレイがモロッコで墜落し乗員2人が死亡している。
米国防総省はこれを人為的ミスと結論付け、野田政権も追認し「安全宣言」を行った。
しかし、2カ月間で2度も墜落するのは極めて異常であり、米ニューメキシコ州では地元住民の反対によりオスプレイ訓練が保留されていることからみても、オスプレイが危険な欠陥機でることは明白であり、「安全宣言」など誰も信じていない代物である。
 また、オスプレイは、戦場で武装した兵士を前線まで輸送するためのもので、敵のレーダーや地対空ミサイル、対空砲火を避けて地形に沿って低空を高速飛行する。イラクやアフガンでの侵略戦争で、強襲上陸作戦で「威力」を発揮し、敵の目を逃れて先制攻撃する「殴りこみ部隊」たる海兵隊にとってオスプレイはかかせない「侵略兵器」なのだ。

 こうした、沖縄県民をはじめとする国民を墜落の危険と恐怖にさらすオスプレイの配備に対しては、沖縄県知事、沖縄県議会、県内41全市町村長及び41全市町村議会をはじめ、
全国知事会緊急決議や
徳島県議会、高知市議会などのオスプレイ飛行ルートの自治体議会は言うに及ばず、
立川市議会や吹田市議会など全国各地でオスプレイ配備に反対する決議があげられ、
9/9オスプレイ配備反対県民大会では10万3千人の県民の意思が示された。
すでにこの問題は、「日本側は拒否する権限はない」(森本防衛相)という日米安保条約「解釈」や「防衛は政府の専管事項」論の枠を超え、住民の生命をまもるとした地方自治体と住民の総意を受け止め、日本政府として主権者たる国民の生命を守るか否かの問題であった。
そのなかでの政府の配備強行は、民主主義と地方自治を踏みにじり、国民の生命の危険を一顧だにしないもので断じて許されない。

 また、オスプレイのような強行侵攻能力をもつ兵器を、沖縄に配備することは、明らかに中国に対するけん制のための戦力強化である。尖閣諸島(中国名「釣魚諸島」)問題で、日中間で排外主義が煽られ緊張が高められている局面でのオスプレイ強行配備は、東アジアの緊張と軍拡競争に拍車をかけるものでしかない。
尖閣諸島問題での話し合いによる解決を遠ざけ、戦争の危険を増大させるだけで、民衆にとって百害あって一利なしだ。

 さらに、米軍は米国内では、住民の反対でオスプレイ訓練を中止しておきながら、住宅が密集し121もの学校や保育園などの公共施設が集中する世界一危険な普天間基地では、平気で危険な訓練飛行をするのである。日本政府も、それを容認推進し、沖縄の抗議はどこ吹く風で「部隊の運用を進める」(10/1森本防衛相)とまるで米国の代理人のごとく振舞っている。
これは沖縄県民の人命軽視、沖縄は民主主義の適用外とも言うべき態度で、今回の配備強行は、沖縄を植民地扱いする暴挙であり、絶対に許されない。

 以上のように、私たちはオスプレイ配備強行に断固抗議をし、以下の点を日米両政府に要求する。

・ オスプレイ配備を撤回し、在沖海兵隊は完全撤退すること。
・ 普天間基地を閉鎖撤去すること。
・ 辺野古新基地建設を断念すること。
・ 高江ヘリパッド建設工事をただちに中止すること。



CML メーリングリストの案内