[CML 020205] 10・8 【クロストーク】 シリアが私たちに問うもの

IMAI Yasuko i-yasuko at muf.biglobe.ne.jp
2012年 10月 2日 (火) 00:03:58 JST


皆さま、

イマイジンと申します。

以下の集会のお知らせです。
ご都合のつく方はぜひご参加ください。


【転送・転載歓迎】 
----------------------------------------------------------------
      【クロストーク】 シリアが私たちに問うもの
----------------------------------------------------------------

【日時】10月8日(月/休日)14時開場 14時30分開始 18時終了予定
【場所】在日本韓国YMCA 9階国際ホール(JR水道橋駅より徒歩5分、
御茶ノ水駅より徒歩8分 千代田区猿楽町2-5-5)
http://www.ymcajapan.org/ayc/hotel/jp/access-access.html

【発言】:山崎やよい(考古学者/1989年より約20年に渡りシリア在住)

■その他の発言予定者:

〇岡田剛士(ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉/元青年海外協力隊
シリア派遣隊員)
〇佐藤真紀(日本イラク医療支援ネットワーク/元青年海外協力隊シリア派遣隊
員)
〇シリア支援団体サダーカ・メンバー
〇田浪亜央江(成蹊大学ほか非常勤講師/パレスチナ文化研究)
〇山本薫(東京外国語大学非常勤講師/アラブ文学)、ほか

【参加費】500円
※予約は不要です。直接会場にお越し下さい。

【呼びかけ】シリア支援団体サダーカ  ミーダーン〈パレスチナ・対話のため
の広場〉
【協力】アル・ジスル―日本とパレスチナを結ぶ(JSR) 日本イラク医療支援
ネットワーク(JIM-NET) パレスチナ・オリーブ  反安保実行委員会
(9月27日現在)

=======
 独裁ではあるけれど、巧みな舵取りで「安定」を維持する世俗体制。「パレス
チナの大義」をカードとして利用しているだけなのはお見通しだけれど、それで
もイスラエルに対して「非妥協」の姿勢は今や希少価値(建前だけですけどね)。
…そんなシリアの二代にわたるアサド体制を、私たちはそれ自体として深く「問
う」ことをしてきませんでした。そして2011年春以降、シリアのなかから生まれ
た民主化要求の動きに体制側が予想以上の弾圧を行い、双方引くに引けなくなっ
て泥沼化していく事態を目にしながらも、現実をなかなか受け止められずにいま
した。
 シリア情勢を図式的に解釈しようとしてはならない、「正しい」見方を提示し
てくれる専門家に頼ろうとしてはならない。…それがこの集会の出発点です。私
たち一人一人がどう考えるのか、どう関わるのかが問われているのです。断片的
で「偏った」情報しかないから沈黙を決め込むのではなく、また例えば「政府軍
による虐殺など存在しない」といった言説を検証抜きに鵜呑みにするのではなく、
さまざまな情報をもちよって意見交換し、多様な見方や文脈のなかにおくという
共同作業を開始しましょう。また、武力衝突の帰趨だけが注目されるなか、非暴
力の多様な抵抗運動の存在や、国外に避難している人びとの状況に注目すること
も重要です。
 この集会では、現地で長く生活され、避難のために日本に戻られた後も精力的
にシリアの人々の声に耳を傾け続けている山崎やよいさんの発言をメインとしな
がら、さまざまな視点・立場からの発言を受け、一緒に考えていくためのきっか
けとしたいと思います。多くの方の参加をお待ちしています。

=======
【連絡先】
ミーダーン〈パレスチナ・対話のための広場〉
[メールアドレス]midan.filastine at gmail.com
[URL]http://midan2006.web.fc2.com/
[Blog]http://midan.exblog.jp/
[郵便振替口座]
記号・番号:00160-9-353912
加入者名:ミーダーン

----------------------------------------------------------------


CML メーリングリストの案内