[CML 021273] 【報告】第590日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 11月 30日 (金) 07:32:13 JST


青柳行信です。11月 30日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第590日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 11月29日現在 総数2663名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。

★さよなら原発! 福岡
  http://bye-nukes.com/fukuoka 
   
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
 青柳さま
お疲れさまでした。
やはり雨の日は 大変ですね。
今日の西日本新聞の記事は ヒットだと思いました。
電気代を値上げしようという時期に、新たな原発運営施設にお金をかけるなんて、
無駄なことだと思います。
お金があれば、代替エネルギーの開発に回すべきでしょう。
あんくるトム工房
燃料プールがいっぱいになる http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2164

★ 橋本左門<無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆浪江町の郷土料理で繋がむと海幸山幸どっさり煮煮しめる(左門 11・
29−125)

★ 下園 さんから:
<石炭を見直し>
テレビ朝日:モーニング・バードより
http://www.dailymotion.com/video/xultp2_yyyy-2012-10-26

★ 仲 さんから:
●11月30日(金)18:00〜19:00 九電本社前に集まろう!●
玄海・川内、そして全ての原発再稼働反対 第20回抗議行動
政治情勢が混沌とする中、原発問題が急浮上してきました。
今だからこそ、皆で“原発いらない”“再稼働絶対反対”の大きな声を上げましょう。
今後も毎週金曜日に抗議行動を続けていきます。
次回は12月7日(金)です。(雨天決行)
連絡先 080-3224-3227(仲)

★ 広瀬隆 さんから:
<太郎ホントの話第二弾DVD完成のお知らせです>
 さあ、全国のみなさん、すべての問題はここにあります。テレビと新聞が伝えない
真実です。最も重要なことを知ってください、無関心な人に知らせてください。私た
ちの行動の原点がここにあります。日本が滅びる前に・・・
http://hibi-zakkan.net/archives/20682872.html

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨日の夕刊に、早速値上げ申請に関連した動きが報じられています。
1.「九電に経費削減要求 経産省委で福岡知事ら 値上げ審査開始」西日本11
月29日 15時00分 更新
⇒http://qbiz.jp/article/9006/1/
記事「九州電力と関西電力の電気料金値上げ申請について、経済産業省は29
日、電気料金審査専門委員会を開き、内容が妥当か審査を始めた。九電の瓜生道
明社長は玄海、川内両原発の再稼働の遅れに伴う火力発電の燃料費増大が経営を
圧迫しているとし「これ以上の収支悪化は電力の安定供給に支障を来す」と理解
を求めた。消費者代表として出席した福岡県の小川洋知事たちは、一層の経費削
減努力を求めた。」「・・・・小川知事は『住民の生活や企業の競争力に多大な
影響が懸念される。一層の経費削減をし、値上げの積算根拠を丁寧に説明してほ
しい』と要望。北九州市消費者団体連絡会の陶山恵子氏は『電気は地域独占の電
力会社から買うしかない。徹底した情報公開、コストカットをしてもらいたい
』と求めた。」
・・・小川福岡県知事が消費者代表の一人に?、へえ〜そうなんだ!。陶山恵子
氏はエフコープ生協の理事でもある人ですね。
次に、被災地−福島民友では、きょうも原発事故関連記事が多数、
2.「中間貯蔵調査受け入れで候補地住民の思い複雑」(11/29 09:20)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1129/news5.html
3.「区域再編4市村で年末年始の宿泊OK 政府が正式発表」(11/29 09:20)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1129/news7.html
4.「区域外避難者の就学受け入れへ 12月から会津若松市」(11/29 09:00)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1129/news2.html
5.「無念のカキ(柿)もぎ 放射性物質検出で産地の県北地方」(11/29 09:00
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1129/news3.html
・・・生産者の気持ちを思うと・・。
6.「中間貯蔵施設で知事、現地調査受け入れ 7町村が了承」(11/29 08:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1129/news1.html
7.「県内仮設住宅が『グッドデザイン賞』金賞に」(11/29 10:05)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1129/news11.html
・・・・ここに住んでいる人の思いは複雑だと思います。どんなにデザインがよ
くても居心地は決してよくないはずですから・・・。
他紙では、
8.「南相馬市、がれき仮置き場確保 旧警戒区域の4ヵ所」河北新報11月29日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2012/11/20121129t61008.htm
9.「中日新聞が福島特別支局を開設 12月から震災取材で」西日本 11月29
日 16:42
h⇒ttp://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336524
10.「東電福島本社、1月1日設立 賠償、除染に全力」西日本? (11/29)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336536
記事「『Jヴィレッジ』(福島県楢葉町、広野町)内に置く・・・・」
次にネットの電力関連の記事、
11.「四国電社長、値上げ申請を表明 火力発電燃料費の...」西日本???(11/29)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336518
12.「電力6社が電気料金引き下げ 来年1月、LNG下落で」西日本 11月29日
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336585
13.「東北電「活断層でない」と報告 東通の地層ずれで」 西日本 11月29日
2012年11月29日 21:43
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336545
14.「安全確保を東電社長に指示 原発トラブルで規制委」西日本 11月29日
2012年11月29日 21:11
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336606
15.「大飯原発の運転差し止め求め提訴 1100人が京都地裁に」西日本
11月29日
2012年11月29日 20:30
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336547
16.「三菱重工・日立、電力事業を統合 14年春に新会社  火力設備、世界
3強に」 日本経済新聞 電子版11/29 14:30
記事「三菱重工業と日立製作所は電力システム事業を統合する方針を固めた。
2014年春に新会社を設立する。統合するのはガスタービンなど火力発電所向け設
備が中心で、原子力発電プラントは除く。売上高を合計すると1兆5千億円規模
に達し、独シーメンス、米ゼネラル・エレクトリック(GE)の2強に近づく。
世界経済の不透明感が高まる中、急成長する社会インフラ市場で勝ち抜くには事
業規模を拡大する必要があると判断した。」

今届いた西日本新聞では、選挙がらみの記事が各ページに氾濫しています、きょ
うも被災地フクシマを伝える記事は紙面にはないです。一面トップの見出しは、
17.「衆院選 論点固まる 原発依存減 目標に幅 消費増税 凍結と二分」
・・・11の会派の比較表を掲載しています。すぐ下に、
18.「東京都知事選、新人9人の争いに 12月16日投票」 西日本11月29
日 18:49
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336549
19.「東京都知事選への届け出名簿 」西日本11月29日 19:47
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336583
・・・・各選挙の続きは、2面、3面と続きます、1面には、16.の記事もあり
ます、これの関連記事が16面の経済欄に次のような見出しで続きます、
20.「三菱重工と日立、火力統合「電力村」解体で決断 原発事業の統合にも
含み」
・・・・電力料金値上げで電力会社だけではなく、関連の業界のコストも問題視
されることへの対応に備えることや原発事業の見直しを迫られることへの準備と
いうことのよう、手回しのよいこと・・・。
原発も火力もなにもかもかかわるメーカーは同じなんですね。まさに「電力村」
です。
3面に、夕刊とほぼ同じ内容の1.の記事があります、最後の社会面に15.の
記事があります。すぐ横に、次のような見出しの記事、
21.「右傾化 憂える被爆地 石原氏『核兵器』/安倍氏『国防軍』 『平和
に勇ましい言葉不要』」
・・・二人の発言に被爆地の長崎で憂う人々の声を囲み記事で掲載しています。
この二人、かの民主党が自民党と変わらない姿勢に変貌したことでそれとの差異
を示すには、ますます右よりの言葉で区別するしかなくなっているからか?
気になるのは、今週発売された週刊「アエラ」12月3日号は、「右傾化する女
子」、という今の世相の一面を切り取った記事があります、
記事の見出しでは、
22.「将来への不安と母性から『国を守れ』 右傾化する女子の“正義”」
・・・・・右傾化した言葉が受け入れる素地が拡大しているとすれば、重大な問
題です。

★ 長島 昇(脱原発・放射能汚染を考える吹田の会) さんから:
青柳 さま
いつもメール資料をありがとうございます。
「吹田の会」発行月2回でも大変なのに、毎日のメールニュースご苦労様です。
「脱原発・放射能汚染を考える吹田の会」のチラシNo.40ができました。
マスコミは選挙一色となり、石原と橋下の応援団のように「維新の会」の発言を
垂れ流し、支持率調査でプッシュしています。電力会社は「値上げ申請」を突き
つけることで、原発再稼働の世論つくりを狙っています。

3・11事故をきっかけに、原発に依存しない社会を目指すという圧倒的多数の
世論は投票先のない「投票難民」のように扱われています。

脱原発の社会を目指すのか、以前の原発社会に戻すのかは、単に「電力供給」や
電気代の問題ではありません。核武装も目指す政治家と官僚、原発学者と電力会社
が一体となった原子力ムラによる専制支配を許すのか、自らの意志で健康と安全、
都市と農村の共存を目指していくのかの分かれ道です。
圧倒的多数の脱原発の世論が、正当に政治に反映できるためにできるかぎりのこと
をしていきましょう。

★ ギャー さんから:
安倍の「お札をじゃぶじゃぶ刷って銀行の融資資金にする」なんていう金融政策
は破綻していますよね。そもそも、世界的な膨大な生産力を、みんなの幸せのた
めにではなく、大資本の利益のためにのみ使おうという経済システムが破綻して
いるのですからね。資本の投資先がないから経済が行き詰まっているのに、わざ
わざ銀行から融資を受ける企業はないですよね。(笑)だいたい、一時的な景気刺
激策で経済を活性化させても、そのつけが必ずくるわけですからね。(「家電エ
コポイント」も「エコカー減税」も、その場しのぎにはなっても、今は増やした
工場の閉鎖やラインの縮小という労働者の首切り政策でしかない!のですから
ね。)第1次世界大戦後のドイツの例を見るまでもなく、買い物かごにお札を詰
めてじゃがいも2〜3個を手に入れるなんてね。
結局、資本主義を生きのびさせるには戦争しかないのですよね。これが新たな投
資先を生み出すわけだし、「死の商人」も儲かるし、(自分たちが爆撃でぶっ壊
した街の)「復興」利権にもあやかれる、唯一の経済活性化だものね。(北朝鮮の
人びとの貧困をいいことに、彼らをただ同然で安くこき使うこともできるし
ね。)しかも、いつまでもアメリカのお尻にくっついていちゃ、うまい汁を吸う
こともできないから、この国はどんどん好戦的になっているのですよね。領土問
題で中国や韓国の人びとが怒っているのは、日本というこの国が、侵略戦争や植
民地支配の歴史に居直り、傷つき犠牲になっている人たちに対する謝罪も賠償も
せずに、再び戦争にのめりこんでいるからなのですものね。原発を維持し、推し
進めるのも、核武装のためには原子力政策を進めるしかないということですもの
ね。大資本の意向を誰が一番汲んでいるのかで競いあっている選挙で、ますます
議会は形ばかりのものになって「大政翼賛会」のようになって一番ほくそ笑んで
いるのは、国家を戦争(核武装=原発推進)へと向けて動かしている軍事・警察を
含んだ官僚の機構
(=国家権力)ですよね。こいつらは、政治のドタバタなんか笑い飛ばしているの
でしょうね。ここにこそ手をかける闘いが求められていますよね。
政治のドタバタに批判を投げかけるために、白票投票をする人もいるみたいです
よね。
これからは、戦争に向けて、ますます社会がファシズムの方向に動いていきます
よね。平和的なデモにファシストが襲いかかったりする事態も強まるでしょう。
警察は、資本家のための私有財産制を守るための暴力装置ですから、あてにして
しまっては、しっぺ返しを食うでしょう。(笑)(私有財産制というのは、「自分
さえよければいい」という、他人を食い物にして、他人を踏みにじって成り立っ
ている、結局は大資本の利益として集約される経済システムの形ですよね。マイ
ホームを「しあわせ」と感じられる感性はかなりやばいかも?(笑))たいへんな
時代になってきましたよね。(笑)一人ひとりが自分の足元を見つめなおして、原
発が生み出す生活がいかに血塗られたシステムで成り立っているのかを見つめな
おすことから、血に飢えたファシストどもの暴力にも毅然と対応することがだい
じな時代になってしまったのですよね。(笑)
いつも通りのとりとめのない話に付き合っていただいて、申し訳ありませんね。
(笑)それでは、皆さん、世界中のみんなが幸せになる道の上で遊び続けましょ
う!(笑)

★ 青木一政 さんから:
【討論集会】ここが問題−原子力規制委員会
−再稼働ありき?断層調査/防災指針/新安全基準の議論の行方−
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
原子力規制委員会・規制庁が発足して2ヶ月となります。人事問題もさることな
がら、実際に動き出すと、被災者や市民の意見を聞くこともなく、既存の規制ルー
ルにも従わず、再稼働の条件作りを急ピッチで行っています。

この間、私たち市民団体は4回にわたり、原子力規制委員会に対して、大飯原発
の活断層調査、防災指針、市民対応のあり方について、要請や署名を提出し、規
制庁交渉も実施しました。毎週の抗議行動も継続しています。

改正原子炉等規制法では、原子炉の設置・停止などの権限はすべて原子力規制委
員会が握ることになりますが(来年7月施行)「民意の届かない」5人の委員が
すべてを決め、再稼働に向けた動きが止まらない状況です。

そこで、原子力安全保安院のストレステスト意見聴取会で活躍された東京大学名
誉教授・井野博満さん(金属材料物性)をお迎えして、原子力規制委員会の議論
の最新情報を共有し、論点整理を行うための集会を開催することにしました。大
飯原発の活断層調査、防災指針、新安全基準についての議論のポイントを共有し、
討論します。お誘い合わせの上、振るってご参加ください。

日 時:12月1日(土)13:30〜16:30
場 所:全水道会館(水道橋駅5分))http://www.nijou.jp/page108.html
内 容(予定):
・新安全基準の議論、ここが問題/井野博満さん
・大飯原発活断層調査と防災指針/阪上武(フクロウの会)
・利益相反・身内がための「有識者」選定/杉原浩司(福島原発事故緊急会議)
・原子力規制委員会の役割と権限〜原発を止めるのはだれ?/満田夏花(FoE
Japan)
・ディスカッション
参加費:600円
主 催:原子力規制委員会を監視する有志市民
問合せ:090-8116-7155  阪上まで

★ 松元 さんから:
みなさまへ  
今月15日から26日まで福島の人権侵害問題について調査した国連人権理事会
の特別報告者、アナンド・グローバー氏が、離日直前に日本記者クラブ で会見
を開きました。日本政府の対応について明確に批判しています。

■ふくしま集団疎開裁判ブログより紹介
http://fukusima-sokai.blogspot.jp/

※ 以下の転載には、記者会見の動画、およびグローバー氏の声明文、質疑応答
のリンク先も出ています。

======以下、全文転載=====

2012年11月27日火曜日
■【世界が注目】11.26福島の子どもたちの人権侵害に対し国連人権理事会
が見解を表明

原発事故後、放射能影響下にある、子どもをはじめとする周辺住民の「健康に対
する権利」の実態調査を行うために、国連人権理事会から「健康に対す る権利
に 関する特別報告者」として日本に派遣されたアナンド・グローバー氏が、今
月15日から本日26日まで福島の人権侵害問題について調査しました。
本日26日、帰国するにあたって、日本記者クラブで会見を開きました。
以下がその会見の映像です。

3.11以後、ふくしまの住民とりわけ最大の弱者である子どもたちと原発労働
者の命は守られているのか−−これについて、世界の人権の立場からど のよう
なメッセージが発せられるのか、グローバー氏のスピーチに注目ください。*

*
*●国連特別報告者アナンド・グローバー氏の会見(日本語字幕)*
*http://www.youtube.com/watch?feature=player_embedded&v=DeWz2Xj8jH0
**
●日本記者クラブのサイトの会見動画(質疑応答もあり)*
*http://www.youtube.com/watch?v=ET2dVWgOmC4&feature=player_embedded
*
◎グローバー氏の声明文(日本語
<http://hrn.or.jp/20121126_Special_Rapporteur_Press_Statement.pdf> 英語
<http://20121126_special_rapporteur_press_statement_eng.pdf/>)
◎会見での質疑応答(文字起ししたもの)
<http://tinyurl.com/cueg2pq>

また、以下は、本日、仙台高等裁判所に提出した抗告人準備書面(4)の関連の
くだりです。
*
5、福島の子どもの人権侵害に対する国連の対応*
 抗告人ら弁護団は、本年10月31日、ジュネーブで開かれた日本政府を審査対象
とする国連人権理事会の普遍的定期的審査(UPR)に合わせて、 国連に福 島の
惨状を訴えに行った(甲195)。当日の普遍的定期的審査の作業部会では、福
島原発事故から福島の住民の健康の権利を擁護するよう求める以下 の勧告が 表
明され、報告書に盛り込まれた(甲196)。

    《放射能の危険から福島の人々の命と健康に関する権利を守るために、必要
    なあらゆる措置を取ること、
     来日する健康の権利に関する特別報告者が、日本において、被ばくした市
    民、避難した市民、市民運動のグループたちと面談する機会を保障する こ
    と》(甲197)

国連で、初めて、原発事故について福島の住民の健康の権利に言及されたもので
あり、画期的な出来事だった。
 これと平行して、原発事故後の放射能影響下にある、子どもをはじめとする周
辺住民の「健康に対する権利」の実態調査を行うために、国連人権理事 会から
「健康に対する権利に関する特別報告者」のアナンド・グローバー (Anand
Grover) 氏が日本に派遣され、今月15日から26日まで福島の人権侵害問題につい
て調査し、その結果を日本政府に勧告する(甲198)。この特別報告者が抗告
人ら の親と弁護団と会い、調査をしたのは言うまでもない。今、世界は「人権
の最後の砦」としての本裁判の行方に注目している。

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● ☆☆☆ 脱原発キャンドル・ウォーク ☆☆☆●

      あなたが照らす、核なき未来 

12月9日(日)17:30集会開始(脱原発トーク)
        18:00ウォーク出発
   集会場所: 須崎公園 福岡市中央区天神5丁目2
主 催: 脱原発クルーズ「ピース&グリーンボート2012」
協 賛:さよなら原発!福岡
連絡先:080-6420-6211(青柳・九電本店前ひろば)
 http://bye-nukes.com/fukuoka

● 原発労災・梅田隆亮さん第4回口頭弁論 ●
日 時:12月26日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内