[CML 021270] FW: 処分撤回を求めて(240)都議会文教委とんでもない陳情を多数で採択

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2012年 11月 29日 (木) 21:33:07 JST


皆様
 こんばんは。犯罪都教委&1・5悪都議と、断固、闘う増田です! 「転送・転載歓迎」ということですので、BCCで転送させていただきます。重複、ご容赦を。

 以下、本当に、ため息が出るほどの、我が首都の議会の惨状です。この俗悪な陳情を主導したのは、「1・5悪都議」の「1悪都議」に当る古賀俊昭(日野市選出)です。

> 東京・全国の仲間の皆さんへ。 
> (転送・転載歓迎。重複はご容赦を。一部報道関係者にも送信) 
> 
> 被処分者の会・東京「君が代」裁判原告団の近藤です。 
> 
> 「処分撤回を求めて(240)都議会文教委とんでもない陳情を多数で採択」を送信 
> します。 
> 
> ◆都議会文教委とんでもない陳情を多数で採択 
> 
> 昨日、東京都議会第4定例会(12月議会)の文教委員会が開かれ、8月31日付け 
> で、文教委員会に付託されていた「10・23通達の強化を求める陳情」が、生活者 
> ネット(1名)の反対、民主(5名)、自民(4名)、公明(2名)、無所属(東京 
> 幸志会 1名)の計12名の賛成で残念ながら採択(趣旨採択)となりました。(共 
> 産1名は文教委員長のため採決には加われない)。 
> 
> 陳情を出していた「あきる野市 鈴木 剛」という人物は、「10・23通達」関連 
> で、都内の多くの区市町村に同じ陳情を繰り返していましたが、これまで採択された 
> 議会はありませんでした。今後の影響が懸念されます。 
> 
> <陳情の(願意)> 
> 都において、入学式、卒業式における国旗掲揚及び国歌斉唱の実施について、次のこ 
> とを実現していただきたい。 
> 1 通達違反の累犯者、悪質違反者を厳罰に処すること。 
> 2 再発防止研修の内容を強化すること。 
> 3 不起立が予想される教職員に対しては、式に出席させないこと。 
> →第3項は取り下げ(本人曰く「古賀先生(自民党古賀俊昭議員)のご助言による」 
> とのこと)。 
> (理由)生徒が主役の卒・入学式に、自己のイデオロギーで国歌斉唱時に不起立を 
> し、処分を受けても何とも思わない教職員は多い。さらに、大阪では国歌斉唱中にあ 
> ぐらをかいていた者までいたと聞く。これらの行動は、教職員として不適格であるば 
> かりか、公務員としても不適格であり、累犯の教職員も多い。 
> 
> 被処分者の会は、このとんでもない悪質な「陳情」に対して、減給以上の累積加重処 
> 分を取り消した1・16最高裁判決に違反すること、再発防止研修は思想良心の自由 
> に対する侵害であること、教職員を犯罪者扱いにする陳情であること等を明らかにし 
> て、「不採択」とすべく文教委員への要請、働きかけ、当日の委員会の傍聴に取り組 
> みました。しかし、自民、公明の賛成は予想されましたが、民主党都議団が党議拘束 
> をかけて賛成に回り、東京幸志会も賛成し、採択という残念な結果となりました。 
> 
> 当日は、東京「君が代」裁判原告を始め21名が「不採択」の立場から文教委員会を 
> 傍聴しました(他に相手側の傍聴者2名)。被処分者の会の緊急の呼びかけに応えて 
> 傍聴に駆け付けてくれた皆さんに感謝いたします。 
> 
> 委員会での発言は3名(自民党古賀俊昭、生活者ネット山内れい子、無所属・東京幸 
> 志会(民主党を脱退)野上ゆきえの各委員でした。主な発言内容は以下の通りです。 
> 
> ー民党古賀委員(採択に賛成) 鈴木氏陳情の「理由」部分は「正鵠を射ている」 
> と称えて、ノーベル賞受賞の山中哲弥教授の言葉をも自説に都合よく引用しながら、 
> 10.23通達の必要性その他自説を都教委との打ち合わせどおり質疑応答。 
> 
> ∪験莠團優奪隼各發譴せ勸儖(採択に反対) 学校の主人公・主役は生徒であり、 
> 卒・入学式への都教委の通達・監視は生徒主体の式を損なうものであること、国旗国 
> 歌法制定時の「強制するものではない」という政府答弁、いじめなど解決すべき課題 
> の山積する教育現場で威圧的処分を行う都教委のやり方は教育の目的・本旨に反する 
> こと、など明快な反対の論旨を展開。 
> 
> L欺蠡亜ε豕幸志会(民主党を脱退)野上ゆきえ委員(採択に賛成) 全体に論旨 
> は不明瞭で発言の趣旨は判然とせず。陳情に賛成の結論が先にありき。都教委の反動 
> 的な答弁を引き出す質問をダラダラと続け、認識の低さを露呈。 
> 
> ◆「陳情」の実働化、処分の強化を許さず取り組みをすすめます。 
> 
> 1・16最高裁判決によって、都教委は累積加重処分ができなくなり、12年3月卒 
> 業式、4月入学式での4名の被処分者は、いずれも2回以上の不起立でしたが、戒告 
> 処分に止まっています。 
> 
> しかし、1・16最高裁判決後やや劣勢だった都教委が、この陳情の採択で「都民の 
> 意思」と言いくるめて処分を強化して累積加重処分を「復活」する反転攻勢に出るこ 
> とが懸念されます。また、同陳情が「継続審議」になっている江戸川区等での採択も 
> 心配です。私たちは、こうした動きを阻止するため監視と運動を一層強めていきま 
> す。 
> 
> ◆都知事選勝利で命令・強制・処分の教育行政に終止符を! 
> 
> 本日、告示された都知事選では東京の教育を破壊してきた石原教育行政からの決別か 
> 否かが一つの争点です。教育庁職員も戦々恐々としています。 
> 
> 有志勝手連「人にやさしい東京を!教育裁判の会」は、「教育の再生 憲法違反の 
> 『日の丸・君が代』強制反対」を主張する宇都宮けんじ都知事候補の勝利で命令・強 
> 制・処分の教育行政に終止符を打つために奮闘します! 
> 
> 10・31東京「君が代」裁判二次訴訟の高裁判決全文をHPに掲載しました。 
> 最高裁判決全文、各種声明文、行動予定、資料等入手可能。 
> ************ 
> 「日の丸・君が代」不当処分撤回を求める被処分者の会 
> 東京「日の丸・君が代」処分取消訴訟原告団 
> 事務局長 近藤 徹 
> 携帯:090−5327−8318 
> e-mail:qq947sh9 at vanilla.ocn.ne.jp 
> 被処分者の会HP↓(11月1日新規更新。下の青のアドレスをクリック・アクセス 
> 可) 
> http://www7a.biglobe.ne.jp/~hishobunshanokai/ 
> ************ 
> 
> 
> [このメッセージのテキスト以外の内容は省略されています] 
> 
> 
> ヘルプページ: http://help.yahoo.co.jp/help/jp/groups/ 
> グループページ: http://groups.yahoo.co.jp/group/germinal/ 
> グループ管理者: mailto:germinal-owner at yahoogroups.jp 
> 
> 
> 
> 
> --- 
> なお、投稿者は本メールの送信者欄に表示されている方です。 
> 
>  		 	   		  


CML メーリングリストの案内