[CML 021265] 「従軍慰安婦」映画を通して考える

くすのき cxm00507 at nifty.com
2012年 11月 29日 (木) 16:36:23 JST


くすのきです。

シグロ社から<「従軍慰安婦」映画を通して考える>の案内が届きました。
転送歓迎です。

ーーーーーーーーーーー

12月8日(土)、9日(日)の2日間に渡り、「慰安婦問題」についての上映会を
開催いたします。衆議院が解散・総選挙となった今、日本と東アジア諸国との間
において再燃を繰り返す「慰安婦問題」を改めて考える契機とするべく、映画上
映とゲストを招いてのトークイベントを行います。

 公式サイト>http://www.cine.co.jp/iannhu2012.html

 ===================================
このところの「従軍慰安婦」の問題についての政治家の発言やマスコミ
の態度があまりにひどいと思うことが多くて、我慢がなりません。
敢えて名前を挙げれば、橋下徹さんとか取り巻きの維新の会の人たちと
 か、その他、特にテレビに顔が出てくる政治家や経済人は全てと言って
もいいのですが、このままでは人を信じられなくなりそうです。
 やはりここははっきり発言しておいたほうがいいなと思って、今回この
 上映会を企画しました。

歴史的な事実を前にして嘘をつくというのは、人として品性下劣という
ことになります。歴史的事実を知らないというのなら、そのような無知
は政治家である前に人間失格ということになります。
僕は、少なくともそのような人たちに与したくないので、自分がやって
きた映画の仕事を通して、今考えていることを発信したいと思います。
12月8日、9日の2日間、ぜひオーディトリウム渋谷にお集まりいただけ
れば幸いです。 
                    シグロ代表 山上徹二郎
----------------------------------------------------------------------
[上映情報]
 ○会場:オーディトリウム渋谷(TEL.03ー6809ー0538)
 東京都渋谷区円山町1ー5 KINOHAUS 2F
 劇場サイト>http://a-shibuya.jp/

○日程
  12月8日(土)10:00〜『ガイサンシーとその姉妹たち』(80min)
  上映後 班忠義監督×鈴木邦男さん<「一水会」顧問>によるトーク
    司会:山上徹二郎<シグロ> (11:25〜12:30を予定)

  長年にわたり中国人元「慰安婦」の支援活動を続けている班監督と、日
 本一の“愛国者”を自負する鈴木さんに、日中における戦時中の性被害
 の捉え方の違いや両国ともに政局が揺れ動いている中での、今日的な関
  係のあり方についてなどをお話し頂きます。

12月9日(日)10:00〜『戦場の女たち』(55min)
 上映後 関口祐加監督×金平茂紀さん<テレビ・ジャーナリスト>に
    よるトーク 
    司会:山上徹二郎<シグロ> (11:00〜12:30を予定)
  関口監督が23年前に製作した映画が今の時代に問いかけることとは−。
  <戦争と男の性><繰り返される「従軍慰安婦」発言の意味>などテレ
 ビメディアで活躍される金平さんと共にお話し頂きます。
○料金:当日のみ(映画とトーク共通)
  一般 1,500円 シニア 1,200円 学生 1,000円
  リピーター割引 1,000円(※本企画のチケット半券を受付にてご提示下さい)
 ☆上映作品の詳細などは公式サイトをご覧下さい。
 公式サイト>http://www.cine.co.jp/iannhu2012.html
[お問い合せ]シグロ(西)
中野区中野5ー24ー16 中野第二コーポ210
 TEL.03ー5343ー3101/e-mail:siglo at cine.co.jp

                     \\\\\\\\\\\\





CML メーリングリストの案内