[CML 021255] 袴田事件:最愛の家族を取り戻すために 逮捕から46年。それでも「負けてたまるか」 袴田巌さんの姉、ひで子さんが、全国スピーキングツアー

Yabuta Tohru ynntx at ybb.ne.jp
2012年 11月 28日 (水) 21:11:52 JST


藪田です。

アムネスティ-主催による袴田巌さんの姉、ひで子さんが、全国スピーキングツアーを実施中です。

残りの開催地は神奈川12月8日、東京12月9日下記の通りです。

http://www.amnesty.or.jp/speaking_tour/2012/schedule.html 

---------------------------------
袴田事件:最愛の家族を取り戻すために
逮捕から46年。それでも「負けてたまるか」

「最初からずっと信じている。一日も早く出してあげたい」 袴田巌さんの姉、ひで子さん

袴田ひで子さんの弟、袴田巌さんは、1966年に起きた袴田事件の容疑者として逮捕され、その後、冤罪の可能性がありながら、46年間もの長い間、拘禁され続けています。

静岡県警よる突然の逮捕、炎天下での23日間にわたる拘禁、繰り返される自白の強要。合計260時間を超える、深夜まで続く密室での過酷な取り調べがもたらしたものは、死刑判決と46年間の拘禁、そして深刻な精神状態の悪化でした。

「負けてたまるか」。巌さんを生きて故郷へ取り戻すため、過酷な現実に立ち向かってきた、姉のひで子さん。密室における自白偏重の捜査がどのように不公正な裁判を招くのか、そして、死刑制度がいかに巌さんを追い詰めたのか。

袴田事件に見られる司法の問題点と、再審開始への現況、そして46年間の思いを語ります。

日時
2012年12月8日(土・祝日)14:00〜16:30(13:30開場)

場所
神奈川県婦人会館 第2会議室(JR根岸線 桜木町駅下車徒歩8分)

参加費
700円(予約不要)

-----------------------------------

日時
2012年12月9日(日)14:00~16:30

場所
日本大学法学部 3号館4階 350講堂

参加費
無料(カンパ歓迎)
※事前申し込みは必要ありません。


主 催
公益社団法人アムネスティ・インターナショナル日本、アムネスティグループ 神奈川連絡会

問合せ
TEL:0463-71-0154
メールアドレス:aishounan at gmail.com
TEL(当日):090-6471-7542


CML メーリングリストの案内