[CML 021246] 【報告】第588日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 11月 28日 (水) 07:42:53 JST


青柳行信です。11月 28日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第588日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 11月27日現在 総数2660名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
     
★さよなら原発! 福岡
  http://bye-nukes.com/fukuoka 
   
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
お疲れさまです。
滋賀県知事が新しい政党を作るとか。
脱原発は歓迎ですが、2030年代になんて言うのは信用できないですね。
今、止まっていて、電力も足りています。
後は、誠意だけなのに 熱意が足りないですね。
すぐ廃炉、脱原発を上げている政党を支持しましょう。
 あんくるトム工房
めまぐるしく また、新党  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2162
 どこが ほんとのことを言っているのか みんなで確認しましょう。

★ 橋本左門<無核無兵・毎日一首> さんから:
 ☆復興の予算にたかる禿鷹はマニフェストなる虚言を掲げし(左門 11・
27−123)
  ※国民のことを思い、国民のために働く政治家が少ない。今度の選挙で
   しっかり見極めて投票しましょう!

★ 河内俊英(久留米大学)さんから:
12月「福岡環境研」のおしらせ。
「エコロジカルな排水処理を考える」
日時:12月8日(土)17時〜18時半
場所:エルガーラ・オフィス6階・久留米大学サテライト
(場所の問い合わせ、電話:092-737-3111)
講師:冨安貢弘氏(ECOコロンブス代表 )
参加自由当日会場へ(参加費100円)

★ 豊島耕一(佐賀大学) さんから:
原発のない社会をめざして。
(日本科学者会議第30回九州・沖縄地区シンポ)
日時
 12月1日(土) 13時30分〜17時30分
場所
 佐賀大学 経済第5講義室(4号館2階)(正門入って右側駐車場の斜め右奥)
参加料 無料

内容
1. 基調報告
岡本良治 (九州工大名誉教授)
  原発と放射線影響をめぐる科学的事実と科学的言明
  ―今、科学と科学者の社会的責任として問われていることは何か―
近藤恭典(福岡第一法律事務所、弁護士)
  脱原発運動における司法の活用〜九州玄海訴訟の取り組みと全国の状況
2. パネルディスカッション
戸田清(長崎大学環境科学部)
  核兵器・原潜・原発についての歴史認識と<原発問題の常識>を考える
西脇亜也(宮崎大学農学部):
  バイオマスエネルギーの現状と課題
入谷貴夫(宮崎大学教育文化学部)
  高知県梼原町の自然エネルギーによるまちづくり−電気代のいらない町−
高岡滋(神経内科リハビリテーション協立クリニック)
  被曝の健康影響の考え方
於保泰正(玄海原発プルサーマル裁判の会)
  裁判で問うていること
佐藤正典(鹿児島大学理学部)
  原発が海の生物に及ぼす影響
岡本良治、近藤恭典
主催 日本科学者会議 九州地区会議 連絡先:0952-72-6407(半田)

★ 清水@グルントヴィ協 さんから:
青柳さん、こんばんは。
原発関連情報82(再開15回目)をお送りします。
全部は協会のサイトで読めます。
http://www.asahi-net.or.jp/~pv8m-smz/index.html

1,大阪府市エネルギー戦略に関する特別顧問を務めた佐藤暁氏(原子力コンサ
ルタント)がその戦略会議に提出した資料のPDF書類です。元原子力ムラに所属
する人間のまとめとして参考になります。
http://www.pref.osaka.jp/attach/15927/00106345/20_siryou6.pdf

2,国連人権理事会特別報告者アナンド・グローバー氏の記者会見が話題を呼ん
でいますが、マスコミはきちんとその全貌を報道しません。国連広報センターに
プレス・ステートメント全文があります。国連もIAEAの関係で原発に反対をいえ
ませんが、その国連人権理事会でさえ、日本政府よりもはるかにまともな報告や
指摘をしています。政府の安全基準の批判、行政の健康診断のいい加減さの指
摘、自主避難者への支援の義務など、今後の政府の対策は、これを最低限とすべ
きでしょう。行政との交渉にも使えます。
http://unic.or.jp/unic/press_release/2869/

3,脱原発を統一政策とする第三極ができるということであちこちニュースに
なっています。大手マスコミはまたもや小沢の傀儡と批判記事を書いています
が、脱原発が実施されるならば、悪い選択ではありません。
http://gendai.net/articles/view/syakai/139829

4,原子力委員会が学術会議などの提言を受けて、高レベル放射性廃棄物処分を
地層処分から暫定保管へ変えたという記事です。しかし、肝心の「廃棄物の発生
量をあらかじめ決めて原発や再処理工場の稼働を制限する総量規制には踏み込ま
なかった」というのは、わかっていたこととはいえ、相変わらずお粗末な機関です。
http://mainichi.jp/select/news/20121127k0000e040166000c.html

5,関西電力に続き、九州電力が値上げを申請しましたが、自分たちの経営責任
には触れないというのがひどいものです。ずさんな原発経営を批判した東洋経済
の記事です。
http://mainichi.jp/select/news/20121127k0000e040166000c.html

6,クローズアップ現代が放映した、「電力会社の「原発活断層隠し」原子力規
制委ウソ見抜けるか?」の記事です。
http://www.j-cast.com/tv/2012/11/26155210.html

7,IAEAの福島会議に対抗して脱原発世界会議などの企画がありますが、福島現
地でもIAEA会議の監視行動をするという記事です。
http://mytown.asahi.com/fukushima/news.php?k_id=07000001211250003

8,福島原発作業員が「高線量部隊にされるところだった」という実名告発をし
ています。
http://news.nifty.com/cs/domestic/societydetail/playboy-20121126-15606/1.htm

9,福島医大や県医師会などと関係なく、放射線検査も受けられる市民の側の福
島診療所が12月1日開所に向けて動いています。
http://www.clinic-fukushima.jp/

10、福島県以外の地域の森林にもセシウムが付着しており、それを燃やすことの
危険性を筑波大チームが海外の学術誌に発表したというフランス・フィガロ紙の
記事です。なぜ日本の新聞は書かないのでしょうか。
http://franceneko.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/1114-fa7d.html

11、低線量被曝でも白血病リスクが高くなることを、チェルノブイリ事故の作業
員11万人を20年間追跡調査したアメリカのグループが明らかにしたという記事で
す。こういう客観的なデータを政府や福島県は無視するのでしょうか。
http://www.nikkei.com/article/DGXNASDG0802A_Y2A101C1CR0000/

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
ずいぶんと冷え込む朝を迎えそうです。
昨日の夕刊は、九電の値上げ申請を伝えています。ネットのある電力の一連の記
事を紹介します。
1.「九電 家庭向け8.51%値上げ申請 企業向けは14.22% 給与
21%カットへ」 西日本11月28日 00:04
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336233
2.「東北電、値上げへ 被災者負担増に、四国電も 」西日本11月27日 23:47
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336242
3.「北陸電、当面値上げせず 副社長が明言」 西日本11月27日 20:07
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336219
4.「中部電、料金を当面維持 経営効率化で対応」 西日本11月27日 17:40
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336168
5.「<関電値上げ>産業界に打撃 4社追随見通し」毎日新聞 11月26日
(月)21時38分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121126-00000078-mai-bus_all
記事「・・・・使うほど上げ幅大きく…家庭・・・・」
・・・・値上げの具体的な内容を報じています。
次に、被災地ー福島民友の記事、
6.「復興へ市民が一丸 郡山で総決起大会、“生”の声発信」(11/27 09:50)
 ⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1127/news8.html
7.「財物賠償『5年一括』 国が富岡町に支払い案示す」(11/27 09:50)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1127/news9.html
8.「『不在者投票』どう対応 除染や復旧、全国から作業員」(11/27 09:50)
⇒ http://www.minyu-net.com/news/news/1127/news10.html
 9.「1カ月最高で2万ベクレル セシウム降下量調査」(11/27 09:25)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1127/news5.html
10.「福島・旧立子山村、川俣・旧飯坂村の『コメ』出荷停止指示(11/27
09:25)
⇒ http://www.minyu-net.com/news/news/1127/news6.html
11.「『3魚種追加』正式決定 県漁連、相双沖の試験操業」(11/27 09:25)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1127/news7.html
他紙に、
12.「<日本維新>『脱原発』後退がっかり 橋下氏、被災地で演説」毎日新
聞 11月27日(火)12時7分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121127-00000034-mai-pol
・・・・被災地の人からは本音が透けて見えているようです。
選挙に向けての動きでは、次の記事が話題の中心か、
13.「滋賀知事、脱原発新党の結成表明 『日本未来の党』、小沢氏合流」
西日本11月27日 23:21
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336163
記事「・・・・しかし脱原発以外の政策は未調整で、他党から「選挙目当て」と
の批判が出そうだ。・・・」
政府・規制委・原発施設の記事、
14.「規制委、30日に新たな拡散予測 ヨウ素剤や避難効果検証」 西日本
11月27日 10:42
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336101
15.「原電の断層解釈に疑問も 敦賀原発調査で事前会合」 西日本11月27日
19:30
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336210
16.「もんじゅ点検で手続き9千件放置 原子力研究開発機構」 西日本11月
27日 19:25
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336211
17.「政府支援1兆5千億超す 東電の賠償金支払い 」西日本11月27日 19:41
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336215
記事「・・・・東電は今月7日に発表した中期経営計画で、賠償、除染などの費
用が総額10兆円を超えるとの見方を示した。機構が現金化できる最大5兆円の
交付国債の枠を突破するため、国に新たな支援の枠組みを検討するよう求めてい
る。」
・・・・・底なしの様相です。これでも被災者には冷たい対応しかできていない
のです。

さて、今届いた西日本新聞では、電気料金の値上げ特集版の様相です、一面の
トップに九電の値上げ申請の記事、また関連記事が2・3面の政治欄、6面社説 
14・15面経済欄、36・37社会欄と随所に大きな紙面を使って掲載されて
いますが、中に気になる見出しも見えます、「再稼動遅れで再値上げも」と、値
上げの理由は原発が再稼動できないから、と言い張ります。
次に紙面を割いているのは、選挙関連記事、1面に、13.の記事に続いて、次
の記事があります。他の紙面にも続きます、
18.「民主、原発ゼロ「必ず実現」 政権公約発表」 西日本11月27日 18:27
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336182
・・・・・こう断定的に言われると、つい逆にとってしまいたくなるのがこの党
の政策。
社説にもこの関連j記事があります。
15面経済欄に次のような記事が、
19.「空港廃止 メガソーラーに 鹿児島・枕崎市 オリックスと九電工が出
資」 西日本11月28日 01:09
 ⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336258
37面社会欄に、
20.「送電線工事 50社談合疑い 東電・関電の契約調査 公取委方針」西
日本11月27日 12:48
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/336145
・・・・最後は、やはり電力ムラのこうした記事になってしまいます。
☆昨日の訂正:1.の記事紹介の中で誤「・・市田初期局長の演説・・・」⇒
「・・・市田書記局長の演説・・・」です、大変失礼いたしました。

★黒木 さんから:
「東電値上げの 「不実と非常識」 あなたの電気料金はこう使われる」
たんぽぽ舎です。【TMM:No1670】2012年11月27日(火)-2 より

 ▽河野太郎衆議院議員「電気代が停止原発に流用される」
 ▽原子力ムラに1003億円支払いのカラクリ
  原子力ムラのルールは「何でもアリ」なのか。バカ高いコストの請求書を
  消費者に回す行為は、もはや許されない。電気料金値上げのウラには、
  いびつなカラクリがあった。

 今年7月に再稼働した関西電力大飯原発3、4号機を除き、全原発が停止中の
日本列島。9月から家庭向け電気料金の平均8・46%値上げを実施した東京電力
に続いて、今度は関西や九州で値上げの動きが顕在化している。関西電力は家
庭向けで15%程度の値上げに踏み切ると見られる。
「値上げは権利」と言い切った東電・西沢俊夫社長(当時)が国民の怒りを買
ったことは記憶に新しい。まして、発送電コストに報酬を上乗せした金額を電
気料金として算出する総括原価方式、すなわち「電力会社が損をしない仕組
み」(永田町関係者)になっていることはよく知られる。
 東電の値上げを巡る議論では、電気料金の「原価」として一般家庭に請求す
るにはあまりにも不適切な費目が上乗させられてきた。保養所の維持管理費な
ど福祉厚生費、電力界社OBの天下り団体である財団法人「電力中央研究所」へ
の寄付金などが批判を浴びた。
 値上げの動きが全国に広がる中、また非常識な電気料金の原価が発覚した。
超党派の衆参国会議員94人が参加する「原発ゼロの会」中心メンバー、河野太
郎衆院議員(自民)が憤る。
「私たちが東電に払っている電気料金には、東日本大震災後に発電量がゼロに
なった日本原電への支払い分が含まれています」
 日本原電とは、東海第2原発、敦賀原発1、2号機を保有する原子力発電専業
の「日本原子力発電」(本店・東京都千代田区)を指す。ところが、敦賀2号
機は1月26日から定期検査で停止)、東海第2が5月21日から停止し、同社の原
発による発電はすべてストップした。(中略)
 東電は11年度(12月3日期)に「購入電力料」として日本原電に464億7400万
円を支払っている。先述した通り、震災後ほどなくして全原発が運転を停止し
ていたにもかかわらず、である。さらに奇妙なのは、原発がフル稼働していた
震災前年度(11年3月期)の496億4600万円と支払額がほとんど変わらないこと
だ。「発電量ゼロ」見込みの今年度も400億円程度になる予定という。河野議
員が「売れるものがない日本原電から400億円超の買い物をして、請求書を消
費者に回した」と激怒する理由はそこにある。(中略)
 すなわち、発電量がゼロであっても電力会社は基本料金を払い続けなければ
ならない。そして東電は値上げ申請にあたり、この費用を堂々と原価に織り込
んでいた。
 「東電や経産省は『基本料金だ』と言うが、それなら電力会社が身を削って
賄うべきであり、消費者に押しつけるものではない」(河野議員)
 河野議員が11年度の日本原電の発電量で試算したところ、発電コストは83円
/キロワット時程度になるという。(中略)河野議員は「東電の破綻処理をし
ないまま、経営陣や株主の責任を問わず、消費者ばかりに負担を押しつけたの
は枝野幸男経産相。値上げをすんなりと認めた枝野氏の責任は重大です」と指
摘する。
 値上げを含む電気料金制度の議論には、東電単体のコスト削減だけでは不十
分であり、日本原電のような仕入れ先を視野に入れた論議が不可欠だ。電気
料金における原価を再度精査しなければならない。
(サンデー毎日2012.11.18より)

★ 高田健(許すな!憲法改悪・市民連絡会) さんから:
東京都知事選挙宇都宮けんじさんの第1声。
 11月29日(木)は告示日。第一声は有楽町駅マリオン前、10:30〜に決まりま
した。そして、その夜は、高円寺集会「1万人の夜を!」 (18:00〜、高円寺駅北
口)に登場です。ぜひぜひ応援に駆けつけてくさい。

★ 宇都宮けんじさんに心を寄せる大津留公彦 さんから:
友人の皆さん
急募!!「私がうつけんを応援する理由」掲示板が出来ました。
応援する理由、応援メッセージ、とかとか、じゃんじゃん載せてください。画像
投稿も可です。締め切りは28日の23:59までです。
http://utsukatte.bbs.fc2.com/?act=reply&tid=3713976

早速私の思いを書き込みました。
ps、昨夜の「twitterうつけん。シンデレラプロジェクト」では350の
「うつけん。」がタイムラインに並びました。
23:55に「うつけん。」とつぶやき24:00に削除するだけのプロジェク
トです。
是非参加下さい。(twitterをやられてない方は是非この機に登録下さい)
ps、今夜は19時まで日比谷野外音楽堂で集会です。
その後青年会議所の立ち会い演説会です。(中継があります)
以上です。

★ 崔 勝久 さんから:
☆中生(なかお)桜美林大学、文化人類学教授からTBSの放送があることは
聞いていましたが、帰国された教授から実際に放送があったことを知りました。
たまたまFacebookでその報道を見つけたので、みなさんにお知らせします。

私のその島、lanyu島を見てきましたが、映像の中でお会いした人も何人か
いました。映像は、いくつもの言葉を並べるより瞬間にして真実を伝えます。
たいへん、客観的な、すぐれた報道です。

参考までに:
緊急情報、拡散依頼:台湾Lanyu島の低レベル放射性物質からの、高い放射線量
が発見された事実経過について
http://www.oklos-che.com/2012/11/lanyu.html

*TBSテレビ系・報道特集 2012.11.24。*
*臺灣先住民の島に 放射性廃棄物 見過ごされた危機*
http://www.dailymotion.com/video/xvcimq_yy-yyyyyyyyyyyy-yyyyyyyy_news

天然資源に乏しく、海に囲まれた地震多発地帯。日本と極めて似た環境にある台
湾は、
エネルギーや原発政策についても日本と同じような道を歩んできた。増え続ける
放射性
廃棄物の問題も例外ではない。長年、核のゴミをいわば、押し付けられてきた台湾に
浮かぶ小さな島を取材した。

☆首都圏を襲う地震に対して生命と社会・産業をいかに護るかー具体案に賛同
http://www.oklos-che.com/2012/11/blog-post_23.html?spref=tw

早稲田大学のシンポに参加しました。地域住民参加を明記した横断的、
総合的な協議会づくりに賛同します。
地域の住民主権のあり方にも波及するでしょう。


○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● ☆☆☆ 脱原発キャンドル・ウォーク ☆☆☆●

      あなたが照らす、核なき未来 

12月9日(日)17:30集会開始(脱原発トーク)
        18:00ウォーク出発
   集会場所: 須崎公園 福岡市中央区天神5丁目2
主 催: 脱原発クルーズ「ピース&グリーンボート2012」
協 賛:さよなら原発!福岡
連絡先:080-6420-6211(青柳・九電本店前ひろば)
 http://bye-nukes.com/fukuoka

● 原発労災・梅田隆亮さん第4回口頭弁論 ●
日 時:12月26日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内