[CML 021190] 11月25日反戦イラク帰還兵・アーロン&アッシュ全国Speaking Tour 京都

京都の菊池です。 ekmizu8791 at ezweb.ne.jp
2012年 11月 24日 (土) 19:46:41 JST


11月25日反戦イラク帰還兵・アーロン&アッシュ全国Speaking Tour 京都


転送・転載歓迎

京都の菊池です。

いよいよ明日11/25日曜日は京都で行われます。
ぜひお越しください。
ぜひ多くの人にお伝えください。
※明日ご都合つかない場合、よろしければ、全国各地をツアーしていますので、ぜひ都合のつく会場へお越しください。


また、
☆★ポストカード販売中(1セツト700円) ご協力お願いします。

アーロン、アツシュ両君の作品から ポストカードセツトを制作しました。アーロンは10枚1セツト、アツシユは8枚1セツトで、どちらもセツト700円です。

************************
立て続けに申し訳ありません

 ☆★カンパ協力のお願い☆★
 
IVAW(反戦イラク帰還兵の会)の二人の友人=アッシュ・ウール
 ソン(Ash Woolson)とアーロン・ヒューズ(Aaron Hughes)が、
 この秋に二人の長年の夢であった“日本での個展(写真&デッサン)の開催”とあわせてスピーキング・ツアーを実現したいと
伝えてきました。
二人のツアー実現には旅費・国内交通・宿泊費はもちろん、展示会場確保をはじめ、すべてゼロからの出発だけに相当の準備資金が必要です。
二人のスピーキング・ツアー実現のため企画・運営基金にぜひ、みなさんのご支援・ご協力をお願する次第です。

郵便振込

口座名義 : 成功させる会
 口座番号 : 00970-3-143313

2012年4月1日小淵 由紀子(同志社大講師)
       木村 修 (マブイ・シネコープ)

よろしくお願いします。


案内を転載します。


---
こんにちは!ピースムービーメント実行委員会のマッツーです。
直前になりましたので再度のご案内です。
(BCCにて失礼、重複受信御免)

イラク戦争派兵体験を痛切に反省し米国内で反戦活動を展開する2人の兵士の証言集会が沖縄から始まっています。

福島原発事故という人類未体験の事故に遭い
嘆きと悲しみの淵からまだ這い上がれない中、
沖縄では不条理な仕打ちが連続し、
米兵たちはコントロールを失い、
世界は、イスラエルによるガザ攻撃に驚愕し
涙し、抑えようもない悲しみと怒りに身を震わせています。

そのすべての事象の後ろにくっきりと見えるのは
アメリカ(政府)です。

イラク戦争を強行した論理は、増殖しながら
日本を、世界を感染させようというのでしょうか。

イラク戦争とは何なのか、2人の反戦兵士とともに
考えてみたいと思います。


 沖縄では米軍基地ゲートで兵士に直接呼びかけする行動などされています。

・琉球朝日放送 イラク帰還兵 反戦訴える美術作品展 
http://www.qab.co.jp/news/2012111939371.html 

・沖縄タイムス:「軍は暴行望んでいる」 元米兵・被害者 普天間で抗議活動 
http://article.okinawatimes.co.jp/article/2012-11-17_41629

琉球新報:「基地閉鎖こそ勝利」 イラク派遣元米兵ら訴え 
ブログ記事 http://rturl.net/bgXwo6q http://michisan.ti-da.net/e4234330.html


★全国ツアーのお知らせ
http://aaron-ash-speaking-tour.org/asset/docs/flyer_0926.pdf
******************************

下記の集会を開催いたします。
 
皆様、ぜひぜひ、ご参加ください。
 
★開始時刻は,正しくは18時50分です。
 事前企画は15時からです。

以下お知らせいたします。
 ・・・・・・・・・・

(転送転載大歓迎)
 ■________________________
 
2012アーロン&アッシュ全国Speaking Tour 京都集会
 
―――  2人のイラク帰還兵が語る ―――

 戦争・・ そして 人・・
 _________________________■ 

再び対テロ戦争という暴走を許さないために!

アーロンとアッシュは、兵士体験を通して、戦争とは何かを、暴力を生む社会を知りました。
戦争へとつながる背景、戦争の傷から人間性を回復し、コミュニティー間の和解を創造すること、
それらを生活から考察してみます。

 来年3月の『対テロ戦争』10年を目前にしてもう一度考えてみたいと思います。

三たび対テロ戦争が始まってから嘆いても遅すぎます。

 ■□■ 日時 11月25日(日)
 |
 |        ※18:50開始(18:40開場)
 |
 |   会場 キャンパスプラザ京都 第3講義室(4F)
 |JR京都駅西側ビックカメラ前 (京都市下京区西洞院通塩小路下る)
 | 地図 http://www.consortium.or.jp/contents_detail.php?frmId=585 
 |
 |    資料代等 1000円
 |
 |_______________________■□■ 

 ☆☆ プレ企画(エキビション) ☆☆☆☆ もあります!

      Tea & はんなりトーク&アート

絵画にチャレンジ?

アーロンと一緒に絵を描いてみよう
みんなでオスプレイ反対の絵を描きましょう!

座ってお茶を飲む・・そこにつくりだされるどこにもありそうな空間。
それは、戦争がもたらす世界に横たわる亀裂を乗り越えるための豊かなパフォーマンス。

あれこれと はんなりに交流しましょう。お待ちしてます。
 
日 時 11月25日(日) 15:00〜17:00

場 所 NPO社会労働センター・きずな 参加費:500円

社会労働センターきずな(NPO法人)
  住所: 〒601-8003 京都府京都市南区東九条西山王町1-15
 三星ビル304号 電話: 075-691-5175
           http://kyoto-kizuna.jp/
 
■________________________ 

主催 ピースムービーメント 「アーロン&アッシュ全国Speaking
    Tour 京都集会」 企画委員会

協賛 反戦・反貧困・反差別共同行動(きょうと)

お問い合わせ先 090−2359−9278(松本)

************************ 

Aaron Hughes アーロン・ヒューズ  ―――――

2003年1月30日、イリノイ大学在学中に、イリノイ州ノースリバーサイドの陸軍州兵第1244輸送部隊として召集される。
 2005年春、実体験を表現し、他者と共有する必要性から、絵画専攻生としてイリノイ大学へ復学。
軍国主義と占領に立ち向かう手段として、アートを使い始める。
 2009年、ノースウエスタン大学を芸術理論と実践における美術学修士として卒業。
 現在は、反戦イラク帰還兵の会(Iraq Veter-ans Against the War/IVAW)のオーガナイジング・チームリーダーとして活躍。
鳥愛好家。
 
Ash Kyrie Woolson アッシュ・キリエ・ウールソン ――――
 
1981年生まれ。18歳と2カ月で、大学進学費用を払うために州兵(the Army National Guard)に入隊。
大学へ3年通った2003年、イラクの都市ナーシリーヤ近くの戦闘へ、部隊とともに1年間派遣される。
ウィスコンシン大学マディソン校で美術学学士課程に在籍していた2005年、娘が誕生。
戦争について子どもと交わした会話は、
彼のアート作品に対する考えをより豊かにする。
2008年、広島から幕張までのピースウォークに招待され、戦争の現実を語りながら1千マイルを歩き通す。
アーティスト/イラク帰還兵

************************

☆★ポストカード販売中(1セツト700円) ご協力お願いします。

アーロン、アツシュ両君の作品から ポストカードセツトを制作しました。アーロンは10枚1セツト、アツシユは8枚1セツトで、どちらもセツト700円です。

************************
立て続けに申し訳ありません

 ☆★カンパ協力のお願い☆★
 
IVAW(反戦イラク帰還兵の会)の二人の友人=アッシュ・ウール
 ソン(Ash Woolson)とアーロン・ヒューズ(Aaron Hughes)が、
 この秋に二人の長年の夢であった“日本での個展(写真&デッ
 サン)の開催”とあわせてスピーキング・ツアーを実現したいと
 伝えてきました。
 二人のツアー実現には旅費・国内交通・宿泊費はもちろん、展示会場確保をはじめ、すべてゼロからの出発だけに相当の準備資金が必要です。
二人のスピーキング・ツアー実現のため企画・運営基金にぜひ、みなさんのご支援・ご協力をお願する次第です。

郵便振込

口座名義 : 成功させる会
 口座番号 : 00970-3-143313

2012年4月1日小淵 由紀子(同志社大講師)
       木村 修 (マブイ・シネコープ)

************************




菊池
ekmizu8791あっとezweb.ne.jp
(菊池へ送信の場合はあっとを@に直してください)


CML メーリングリストの案内