[CML 021189] 「低線量」内部被曝  子どものいのちと健康をどう守るか12.4杉並

maeda at zokei.ac.jp maeda at zokei.ac.jp
2012年 11月 24日 (土) 18:49:40 JST


前田 朗です。
11月24日

転送です。

*****************************
 子どもの健康と放射能問題を考える3回連続講座 ― 第2回
 ☆★-------------------------------------------------------------★☆
         「低線量」内部被曝
 
      子どものいのちと健康をどう守るか
 ☆★-------------------------------------------------------------★☆
   内部被曝のしくみ、どのような健康被害があるのか、
  「影響はわからない」といわれるのはなぜか、内部被曝を防ぐには・・・
   などなど基礎から話していただきます。
 
   「子どもたちの命を守るために」私たちは、内部被曝について
   深く知る必要があります。
   「わかりやすい」と評判の講演です。
 
    親・祖父母・保育教育関係者・医療関係者・市民のみなさん、
    ぜひ、ご参加ください。
 
  ◆日 時 ⇒ 12月 4日(火)6:15(開場)6:45(開演)
 
  ◆会 場 ⇒ 杉並区立産業商工会館 3階ホール 
       (JR阿佐谷駅南口徒歩5分 ・ ) 
 
             ★ 講 師:  松井英介さん (医師)
 
 プロフィール ⇒岐阜環境医学研究所長・元岐阜大学医学部付属病院放射線
         医学講座助教授 ・日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡指導医
         日本肺癌学会特別会員
         市民と科学者の内部被曝問題研究会副理事長
  近年の著書⇒「見えない恐怖 放射線内部被曝 」
 
         ★資料代⇒700円
  
  ◆主催⇒ 杉並の教育を考えるみんなの会
                 http://blog.sugimina.com/  連絡先:090-1859-6656





CML メーリングリストの案内