[CML 021185] ●訂正 韓国野党一本化!ムン氏とアン氏の政策の違い

kenju watanabe nrc07479 at nifty.com
2012年 11月 24日 (土) 17:25:55 JST


すいません。ムン・アンとやたら出てくるので、前便で「ムン候補が辞退」と間違えました。
もちろん、立候補辞退をしたのはアン・チョルス氏です。
-------------------------------------------------------------------------------
日韓ネット@渡辺です。  BCCおよび複数のMLに送ります。(重複ご容赦!)

12・16総選挙と都知事選に向けて極めて重要な政治状況を迎えていますが、お隣・韓国でも12・19大統領選挙に向けてギリギリの攻防が続いています。

与党セヌリ党のパク・クネ候補と最大野党・民主統合党の文在寅(ムン・ジェイン)候補、無所属の安哲秀(アン・チョルス)候補の三つ巴の様相を帯び、ムン・アン両候補の統一候補化に注目が集まってきましたが、報道の通り、25・26日の候補者登録期限を前に、23日、アン候補の立候補辞退により事実上、パク・クネ候補vs.ムン・ジェイン候補の一騎打ちという構図になりました。この背景には、朴正熙の娘パク・クネ候補にむざむざと漁夫の利を与えず、候補一本化を求める多くの人びとの声が圧力として働いたことは明らかです。



ムン・ジェイン氏とアン・チョルス氏の政策の違いは日本で報道されている限りではあまりよく解りませんが、韓国インターネットニュースサイト「統一ニュース」に、私たちの古くからの友人であるカン・ジョング元漢陽大教授が代表を務める市民団体・平和と統一を開く人々(略称・ピョントンサ)のユ・ヨウンジェ米軍問題チーム長がムン氏とアン氏の政策の違いを分析した論文が掲載されています。

対北政策、国家保安法、済州海軍基地建設、韓米FTA、天安艦沈没事件、NLL(北方限界線)等々への対応の違いが明らかにされるとともに、一本化されたムン候補の限界も明らかにされています。

日韓ネットのブログにアップしましたので参考までにぜひお読みください。
http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/2012/11/post-4f41.html

*****************************************
日韓民衆連帯全国ネットワーク
東京都文京区小石川1-1-10-105
TEL・FAX  03-5684-0194
E-mail  nikkan_net_japan at yahoo.co.jp
blog  http://nikkan-net.cocolog-nifty.com/blog/
*****************************************


CML メーリングリストの案内