[CML 021085] ■創価学会等の宗教団体が反小沢の理由!小沢一郎の掲げる宗教法人課税が邪魔だから!

M.nakata gukoh_nt at yahoo.co.jp
2012年 11月 20日 (火) 04:03:48 JST


M.nakata です。重複おゆるしください。
メールをいつも送らせていただきありがとうございます。

(以下転送拡散歓迎)
◆--------------------------------------------------------------------------------- -◆
 ■創価学会等の宗教団体が反小沢の理由!小沢一郎の掲げる宗教法人課税が邪魔だから!
 『 正しい情報を探すブログ』の記事。
 (E-wave Tokyo)独立メデイアサイト記事からご紹介です。
◆-----------------------------------------------------------------------------------◆
  
  マスメデイアの記事は、時の権力・官僚の思惑によって、読者の気持ちに火をつける。
  それを煽って、世論調査・アンケートを集計する。
  
  ●国民の意思のように、ニュースで、情報をさらに拡大し、
  世論という虚構を作り上げていく手法を戦前・戦後も頻繁に日本は使っている。
   下記の 動画・●青山貞一「日本の大マスコミが抱える深刻な問題」(E-wave Tokyo)
   
  みなさま、ぜひご視聴ねがいます。
  ●たいへん具体的に、日本のマスメデイアを分析されています。
 
 ★日本中が一色に染まってしまう情報が流れる。⇒(クロスオーナーシップ問題)
   問題がきちんと整理されています。日本の固有の問題を
  
  金太郎飴の情報の発信 の姿を、考えていく機会となります。
 ★観客型民主主義・ 劇場型民主主義を、分析して、自分の姿を見つめて見ましょう。

   自分の頭で、日本のマスコミの持つ大きな問題を学ぶ機会にぜひご利用ください。

*******************************************************************

青山貞一 独立メデイアのページを紹介いたします。
(E-wave Tokyo)


◆特集:小沢一郎晴れて完全無罪確定! でたらめ集:小沢一郎晴れて完全
 無罪確定! さあ、どうするデタラメマスコミ!  
 http://eritokyo.jp/independent/aoyama-column1.htm (E-wave Tokyo)((特集:小沢一郎晴れて完全無罪定!)

★期限前に上告断念 小沢裁判無罪確定 日刊ゲンダイ
  http://nenkin-roudou.com/

★郷原信郎:陸山会事件の構図自体を否定した控訴審判決 
http://nobuogohara.wordpress.com/2012/11/14/%E9%99%B8%E5%B1%B1%E4%BC%9A%E4%BA%8B%E4%BB%B6%E3%81%AE%E6%A7%8B%E5%9B%B3%E8%87%AA%E4%BD%93%E3%82%92%E5%90%A6%E5%AE%9A%E3%81%97%E3%81%9F%E6%8E%A7%E8%A8%B4%E5%AF%A9%E5%88%A4%E6%B1%BA%E3%81%A8%E3%83%9E/

★無空前絶後のメディアによる小沢一郎氏への人権侵害
  http://eritokyo.jp/independent/aoyama-col8560.htm

★「日本の大マスコミが抱える深刻な問題」(E-wave Tokyo) (動画) 52分
  http://www.ustream.tv/recorded/13921348  



  <ブログ貼り付け開始>
*****************************************************************************************

■創価学会等の宗教団体が反小沢の理由!小沢一郎の掲げる宗教法人課税が邪魔だから!
 http://ameblo.jp/kennkou1/entry-11408372221.html

2012年11月19日 21時01分22秒NEW !


●本日、小沢氏の完全無罪判決が出たわけですが、公明党の幹部らは未だに「これで小沢氏の無罪が証明されたわけではない」と、無罪判決が出たにもかかわらず小沢潰しに必死になっています。


☆「選挙情勢に影響なし」=小沢氏無罪に淡々―与野党【12衆院選】
URL http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121119-00000106-jij-pol
引用:
時事通信 11月19日(月)18時9分配信
 
 一方、自民党の石破茂幹事長は都内で記者団に「法的には無罪であっても政治倫理綱領に照らしてどうなのか」と語り、小沢氏に説明責任を果たすよう重ねて求めた。公明党幹部は「これで小沢氏の無罪が証明されたわけではない」と突き放した。
:引用終了

☆「小沢一郎を殺せ」創価学会の奥にうごめく闇
URL http://rakusen.exblog.jp/16015376/


☆小沢一郎の抹殺をたくらむ創価学会と裁判所
URL http://wajuntei.dtiblog.com/blog-entry-1414.html


もちろん、単に小沢氏が嫌いなだけで公明党(創価学会)が小沢一郎をしつこく攻撃しているわけではありません。●公明党(創価学会)が小沢氏を攻撃する理由、それは、●小沢氏が宗教法人課税強化を掲げているからです。


☆宗教法人課税強化議論 小沢氏失脚で立ち消え公明党命拾いか
URL http://www.excite.co.jp/News/society_g/20120426/Postseven_104342.html
引用:
消費税増税を巡って激論が巻き起こっているさなか、朝日新聞に掲載された記事が波紋を呼んでいる。

「耕論 宗教法人なぜ非課税」(2012年4月3日付朝刊)と題されたオピニオン記事だ。「政府は増税にやっきと思いきや、宗教法人に課税する話は最近耳にしない。やっぱり、聖域なの?」と提起し、3人の識者の意見を載せている。課税に慎重な立場をとる識者もひとり含まれているが、残り2人は課税推進派だ。「課税すべし」の論調が色濃い。

 消費税増税の旗振り役だった朝日新聞が、これまで黙殺していた宗教法人課税問題を突然持ち出したのはなぜなのか。

 ●ある公明党関係者は「記事の背景に財務省のカゲが見え隠れする」と話す。

 ●民主党増税派と自民党増税派の談合で消費税法案を成立させようとしている財務省にとって、ネックとなるのが公明党だ。

 同党は自公政権時代には「消費税率引き上げはやむを得ない」という立場だった。しかし、支持母体の創価学会では野田政権の増税路線に批判が強く、税と社会保障の一体改革法案には慎重な姿勢を取っている。

 ●前出の公明党関係者も「野党なのに民主党の増税に加担して批判を浴びるなど冗談じゃない。増税法案を廃案にして、野田首相を解散・総選挙に追い込む方が選挙も有利になり、最も望ましい展開」と増税反対を明言している。

 ●それでは財務省は困る。自民党の増税推進派議員が語る。

●「公明党を賛成に転じさせなければ自民党も法案に乗りにくい。そこで財務省は学会のアキレス腱である宗教法人課税問題を大新聞に提起させ、“国民の批判に火をつけるぞ”と公明党を揺さぶりに出た。朝日の記事はほんのジャブだ」

 国民は消費税増税に怒っている。そこに大新聞が「宗教法人は税制優遇を受けてぬくぬくしている」と煽れば、怒りの矛先が宗教法人に向かうのは明らかだ。

 もっとも、今回の記事は、財務省が背後にいようといまいと公明党・創価学会には打撃が大きい。事実、宗教法人は税制面で手厚く保護されており、しかも、もともと「宗教法人に課税すれば、消費税を上げなくてもいい」と主張していたのは、宿敵の小沢一郎・元民主党代表だからである。

 小沢幹事長時代の鳩山政権下、2009年10月の政府税制調査会で、増子輝彦・経済産業副大臣(当時)と峰崎直樹・財務副大臣(当時)は「宗教法人に対する課税の在り方を見直すべき」と問題提起した。民主党内には「宗教と民主主義研究会」(池田元久・会長)も発足し、宗教法人課税強化に向けた議論が進められた。
:引用終了



☆「宗教課税」を実施すれば消費税増税は不要。小沢無罪判決に空気を読んだNewsポストセブン。 
URL http://surouninja.blogspot.jp/2012/04/news_30.html
引用:
消費税増税を正当化するステマ臭い記事を掲載していたNewsポストセブンが、小沢一郎の無罪判決で空気を読んだのか、「宗教課税」で消費税増税を十分代替出来る可能性があるなどという記事を掲載している。

「宗教課税」は小沢一郎が予(かね)てから主張している政策の一つである。

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20120428-00000003-pseven-soci

宗教法人への優遇措置なくせば4兆円の財源生まれるとの試算

NEWS ポストセブン 4月28日(土)7時6分配信
 消費増税議論がかまびすしいが、宗教法人への課税を強化すれば十分代替できる可能性がある。現在、全国に約18万2000あるといわれる宗教法人は、税制上、数々の優遇措置を受けている。

 お布施や戒名料など、宗教活動による収入(公益事業)は非課税。宗教施設に関しても、不動産取得税、固定資産税はかからない。寄付金を運用して得た利子や配当も非課税だ。

 さらに、宗教活動以外の営業(収益事業)でも優遇されている。一般企業の法人税率(国税)が30%であるのに対して、宗教法人は22%と低い。地方税も国税分をベースにして算出されるので、やはり一般企業と比較して優遇されるケースが多い。しかも、課税対象所得の2割を宗教法人本来の業務への寄付金として計上でき、控除を受けられる。

 ジャーナリストの山田直樹氏は、憲法学者で税法学の専門家である北野弘久・日本大学名誉教授(故人・肩書きは2009年当時)や税理士の協力を得て、一般と同様の課税をした場合の税収総額を試算したことがある。

「全国18万2000の宗教法人の所有不動産の推定から、固定資産税、不動産取得税などの税収は2兆円ほどと試算された。事業収入の優遇税制をなくせば1兆円が上乗せされ、法人事業税、道府県民税、登録免許税なども一般企業と同じ扱いにすればプラス1兆円。合計で年間4兆円規模だ」

 ●4兆円という金額は、消費税の国庫収入の2%分に相当する。宗教法人はそれほど優遇されてきたのだ。

※週刊ポスト2012年5月4・11日号

http://richardkoshimizu.at.webry.info/201204/article_152.html

小沢一郎氏の宗教課税論
2012/04/30 17:14

●「もともと「宗教法人に課税すれば、消費税を上げなくてもいい」と主張していたのは、宿敵の小沢一郎・元民主党代表だからである。」

だ〜か〜ら、小沢さん包囲作戦がユダ金の手で敢行されたわけですね。(たくさんあるうちのひとつの理由という意味ですけれど。)でも、「宗教課税で税収が増える」は表向きの理由。

●●カルトのブラックボックス経由で、日米間を汚い金が行ったり来たり。麻薬にジネスに投資されてユダ金もカルトも顧客の脱税王もヤクザも濡れ手に泡。宗教課税で、日本経済の二重構造が破壊され、裏社会の金が表に出てくる。それだけで「消費税廃止」くらいの税増収あり。w

だから、●創価公明、統一も必死。宗教課税だけは食い止めたい。(ただし、ロックフェラーに大金を詐取されたばかりで....)情報感謝。

●宗教法人課税強化議論 小沢氏失脚で立ち消え公明党命拾いか
2012年4月26日 16時00分

http://www.excite.co.jp/News/society_g/20120426/Postseven_104342.html?_p=1


●オバマ米政権による国際犯罪組織への経済制裁や、イタリアのマリオ・モンティ政権によるカトリック教会への課税を見ても、世界の政治の流れは一神教カルトや其れに繋がるマフィアといったシオニスト勢力の排除へと向かっている様に見える。
:引用終了


●小沢氏が本気で宗教法人課税強化を実行しようとしていたのは、2009年の政権交代選挙を見ると分かります。この時の選挙では、小沢氏は公明党の代表を始め、有力議員を次々に狙い撃ちにしました。


☆【小沢の公明潰しはホンモノだった!?】公明・太田代表敗れる、民主の青木氏が当選 
URL http://blog.goo.ne.jp/SITHUX7/e/3b1ba8b45d4f103834d64514cb7bab78
引用:
●あらためて小沢の対公明戦略が本物だったという事に驚かされましたね。都議選でも負けなかったあの公明党が、トップや幹部がボコボコ落ちる事態になるとは。
やっぱり小沢は怖い存在ですね。公明党・創価学会はもう一度「福祉の党」に立ち返るべきでしょう。自民と組んだ事が最悪でした。
:引用終了


だからこそ、●公明党&創価学会は小沢一郎のことを心の底から嫌っているわけで、小沢議員を徹底して攻撃しているのです。
何せ、小沢氏を放置してしまうと、自分たちが潰されてしまうかもしれないので。

●ちなみに、マスコミが小沢氏を叩いているのも創価学会絡みだと推測されます。何故なら、マスコミ内部には創価学会の関係者が大勢いるので、創価学会が潰される=自分たちの危機となるわけです。

****************************************************************************


CML メーリングリストの案内