[CML 021055] 『最新日本史』の使用を希望学校に、公開質問状

Okumura Etuo gf742bpjye82j6v7vzw2 at mopera.net
2012年 11月 18日 (日) 22:13:13 JST


愛媛の奥村です。
BCCでお送りします。
重複される方は、すみません。

えひめ教科書裁判を支える会からの取組みの報告
----------------------

愛媛県立の弓削・三瓶・土居高等学校で、2013年度から使用する
「地理歴史科」の「日本史B科目」の教科書として、
『最新日本史』(明成社、2002年検定本)を希望(選定)し、
これを受けて、愛媛県教委は、同教科書の使用を承認しました。

同教科書の選定には、多くの問題があり、
上記3校に対して、なぜ、問題の多い同教科書の使用を希望したのか
8点の質問項目の回答を求める公開質問状

1、『最新日本史旧版』の選定に関する質問状
2、「『最新日本史旧版』の選定に関する質問状」の説明及び資料」
3、問題点に関する証拠甲1号証〜同5号証

を送付しました。

合わせて、公開質問状の内容の説明の記者会見を行いました。
下記は、公開質問状に関する新聞記事です。

公開質問状は、下記に掲載しました。
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2/51/51-1.pdf

公開質問状への回答内容を確認し、次の行動を行う予定です。


----------------------

2012年11月17日愛媛新聞7面記事
明成社版歴史教科書選定
3県立高に質問状 市民団体

歴史認識で賛否両論がある明成社版の高校用教科書「最新日本史」を
2013年度、土居、弓削、三瓶の県立3高校が県内で初めて使用することを受け、
市民団体「えひめ教科書裁判を支える会」は16日、3校に選定理由などの説明を求
める公開質問状を送付した。

質問状では「同社版を使用している高校は現在、全国でわずか19校にすぎず、
圧倒的多数が子どもたちに適切な教科書ではないと判断している」と主張。
女性・民衆の歴史観の軽視や侵略戦争の正当化などの記述内容に加え、
選定過程や手続きにも問題があるとし、今月中の回答を求めている。

愛媛新聞社の取材に対し、土居高は「生徒の実態に合わせて最適なものを選んだ」、
弓削高は「図版が分かりやすく、伝統文化を重視しており、教科書に最もふさわし
い」、
三瓶高は「生徒が使いやすいレベルのため」と選定理由を説明。
質問状については3校とも「届いてから対応を考えたい」としている。

県教育委員会は8月下旬、県立高校教科書採択を審議し、3校が希望した明成社版の
使用を承認。
3校とも日本史を習い始める普通科の2年生が使用する予定。

**********************
Okumura Etuo
gf742bpjye82j6v7vzw2 at mopera.net
えひめ教科書裁判 資料
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub2.htm

2011年度の採択問題への取り組み一覧
http://kyoukasyosaiban.web.fc2.com/sub6/2011/2011.htm
****************



CML メーリングリストの案内