[CML 021033] 2012 アーロン&アッシュ スピーキング・ツアー沖縄講演会

西岡 信之 okinobu at tb4.so-net.ne.jp
2012年 11月 17日 (土) 19:32:12 JST


西岡@那覇市です。
IVAW反戦イラク帰還兵の講演会が三日前になりました。

2012 アーロン&アッシュ スピーキング・ツアー沖縄講演会
IVAW反戦イラク帰還兵  米日政府を撃つ!!
   
■日時 11月20日(火) 開場午後6時30分  開会午後6時40分
■会場 県立博物館・美術館 講堂 (那覇市おもろまち3丁目)
■参加費1,000円  (先着順)

●反戦帰還兵アーロン・ヒューズ 
 2003年1月、イリノイ大学在学中にイリノイ州ノースリバーサイド陸軍州兵第1244輸送部隊として招集される。4月、「イラクの自由作戦」のもと、所属部隊がクウェートからイラクのある基地への物資輸送に従事し、戦闘作戦を支援。2004年7月、イリノイ州に帰還。2005年春、実体験を表現し、他者と共有する必要性から絵画専攻生としてイリノイ大学へ復学。軍国主義と占領に立ち向かう手段としてアートを使い始める。現在は、反戦イラク帰還兵の会のオーガナイジング・チームのリーダーとして活躍。「冬の兵士」「健康回復作戦」などを手掛ける。鳥愛好家。
●反戦帰還兵アッシュ・キリエ・ウールソン
 1981年生まれ。18歳と2か月で、大学進学費用を払うために州兵に入隊。大学に3年通った2003年、イラクのナシリア近くの戦場へ、部隊とともに1年間派遣される。ウィスコンシン大学マディソン校で美術学学士課程に在籍していた2005年、娘が誕生。戦争について子どもと会話は、彼のアート作品に対する考えをより豊かににする。2008年、広島から千葉・幕張までのピースウォークに招待され、戦争の現実を語りながら1600キロを歩き通す。日本での講演活動では、計5万人以上の人々の前で話す。2011年、比較文化学を副専攻に、オハイオ州立大学を美術学修士として卒業。2012年、オキュパイ・シカゴ行動に参加。
■2012アーロン&アッシュ スピーキング・ツアーin沖縄実行委員会
●共同代表  新垣誠(沖縄キリスト教大学准教授)、金井創(沖縄キリスト教学院大学非常勤教員・日本基督教団佐敷教会牧師)、狩俣信子(沖縄県議会議員・RAWAと連帯する会沖縄代表)、西岡信之(沖縄国際大学非常勤教員)
●お問い合わせ  西岡携帯電話 090-3970-8772  FAX 098-863-4776



CML メーリングリストの案内