[CML 021025] 【報告】第577日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 11月 17日 (土) 10:54:00 JST


青柳行信です。11月 17日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第577日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 11月16日現在 総数2653名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】11月16日1名。
    田辺重幸
★さよなら原発! 福岡
  http://bye-nukes.com/fukuoka 
   
★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
今日は比較的 暖かい一日でした。
来んしゃい 金曜 脱原発 の抗議集会も19回を数えました。

あんくるトム工房
来んしゃい 金曜 19回目  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2145
 定着してきましたが、一方ではちょっとマンネリ化かなと。
新しい 趣向を凝らすことも 必要ではないかと思ったり。

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
 ☆まほろばは民百姓の丹精なり相馬(尊徳)仕法・入魂の地ぞ(左門 
11−16−112)
 ※この穀倉地帯は200年以上にわたる手塩にかけての芸術作品ともいうべき
「まほろば」です。
   その宝物を放射線災害で半永久的に破壊した罪の大きさ深刻さを告発しな
いでは措けません。
  明治維新以来の「強兵富国 殖産興業」の根本的誤りを批判して改めましょ
う!

★ 岡本 静 さんから:
青柳様、こんにちは。
本日、ひろば宛に荷物をお送りしました。
ちょっとした差し入れなので、大した物ではありませんが…。
配達日時を勝手ながら、19日(月)14時〜16時に指定してしまいました。
すみませんが、よろしくお願いします。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
昨夕の西日本新聞に
1.「原発ゼロ目標、言及なし 11年度版エネルギー白書」 西日本11月16日
10:30
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/334430
・・・・最後の最後まで、閣議決定で、このざまです。野田首相の言う「脱原発
依存」の言葉が空々しい。
国会も解散し総選挙だが、被災地は、それはそれで大変な課題を負う、政争に明
け暮れる議員の横目に原発事故由来の苦難の日々が地方紙−福島民友にきょうも
ある、
2.「選挙準備あたふた 避難自治体『人手足りぬ』」(11/16 10:15)
 ⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1116/news8.html
3.「第2次告訴1万3262人 東電幹部らの刑事責任問う」(11/16 10:15)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1116/news11.html
4.「第2回進行表『あった』 県、調査結果を訂正」(11/16 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1116/news5.html
・・・福島版のやらせ問題調査です。公文書の保管がどこもいい加減です。
5.「家賃補助申請受け付け 避難区域外の県内避難者」(11/16 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1116/news6.html
6.「富岡町長「安全確保を」 中間貯蔵施設の方針説明」(11/16 09:55)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1116/news7.html
7.「県警が一斉捜索 全てに参加、箭内巡査部長」(11/16 09:40)
⇒ http://www.minyu-net.com/news/news/1116/news2.html
8.「福島医大(入学者)定員5人増を 来年度、医師不足で方針」(11/16
08:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1116/news1.html
他紙では、
9.「原発事故で健康不安解消へ相談会 環境省、福島医」...西日本 (11/16)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/334470
10.「イワナから1万1千ベクレル 環境省、福島県内調査で」西日本 (11/16)
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/334534
11.「南相馬、来年一部で稲作再開へ 試験田、基準下回る」河北新報111月15日
⇒http://www.kahoku.co.jp/news/2012/11/20121115t63017.htm
・・・・なんとも言いがたい・・・。
東電、経産省、規制委等の動き、
12.「東電『津波、予見できず』 株主代表訴訟で反論」西日本 (11/16)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/334482
・・・やはり、反省していないです。
13、「電気料金の再値上げ審査簡略化 経産省、東電も対象」西日本 (11/16)
http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/334475
・・・・詳細記事は有料ページのようです。経産省は国民の見方ではないようです。
14.「東電、解約金52億円を要求=売電契約終了の都に」時事通信 11月16日
(金)18時52分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121116-00000174-jij-pol
・・・・この記事、つぎのようなことを受けての動きです。
15.「売電先、東電以外にも拡大=東京都」時事通信 10/04-16:59
⇒http://www.jiji.com/jc/zc?k=201210/2012100400705&rel=y&g=pol
「原子力安全推進協会 看板「すげ替え」 実態変わらず」東京新聞11月16日
⇒http://www.tokyo-np.co.jp/article/feature/nucerror/list/CK2012111602100004.html
記事「・・・新組織は『事業者の意向に左右されず、独立して原発の安全評価を
行う』として、再稼働を後押しする考えだ。」「だが、協会理事には電力会社幹
部らが名を連ねており、NPO法人『原子力資料情報室』は『名前をすげ替えた
だけで、以前の組織と何も変わらない』と批判している。」
16.「民間規格で原発審査指針 業界出身者や学者だけで作成 規制委の島崎
氏が批判」しんぶん赤旗11月15日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-11-15/2012111501_04_1.html
・・・規制委員からも批判・・とあります。

今届いた西日本新聞朝刊では、一面はもちろんほとんどのページが解散関連記事
で埋まる、原発・電力に関する見出しを探してみましょう。
8面の「識者座談会」の記事に、「原発や社会保障に関心 樋口恵子」、
10面の「衆院選争点」の記事に、「エネルギー 原発ゼロか維持か」、
13面経済欄では、「総選挙 九州経済界から注文」の記事に、エネ政策は現実論
で」と暗に原発再稼動を思わせる言葉もみえる、
38面社会欄では、「戸惑う一票 有権者明日見えず」という記事で、「被災地
『前例打破して』」という出しで、福島県浪江町から福島市に避難している人の
仮設住宅での姿の写真を掲載した記事があります。
何をおいても、生活基盤の大前提となる原発からの脱却の課題はこの程度の比重
のようです。
最後に、38面の「九州の有権者20人の声」の一覧表に、玄海町新雅子(78)無
職として、現政権の評価は20点、望む政権の枠組みは「無し」、次の意見が明
確、「上っ面の脱原発ではなくいつまでに何基減らすのかを示せ」という声が紹
介されています。
ということで、ネットに見える個別の記事は、きょうも紙面にはひとつもありま
せんでした。

★木村(雅)さんから:
<テント日誌――経産前省テントひろば 431日目> 
    落ち葉の舞い散るテント前から
    選挙と脱原発運動について考える
 
 隣の椅子の上に音もなく落ち葉が降ってきた。読み始めた本のケースの上にふ
んわりと乗っている。テントの宿泊者が朝早く落ち葉を集めていたのに、テント
前にはもう沢山の落ち葉が散らばっている。椅子に座りながら木々を眺めている
とこの一週間で紅葉は随分と進んだようだ。向かい農水省のプラタナスは黄色く
なった葉が随分と目立つ。経産省前のプラタナスはまだ青々としているがこの差
は日当たりの関係なのだろうか。
 そういえばプラタナスの街路樹は昨年丸裸にされた。枝などを容赦なく切り落
としていた。放射能線量が高いためかと噂されていたが、一年のうちに青々と葉
を繁らしているのは驚きだ。あらためて自然の復元力には目を見張るが、自然の
恵みを横目で見やるほかない福島の地域住民の事を思うとつらい。
 11月11日(日)の集会やデモ等の余韻がないわけではないが、それでもテント
前ひろばは穏やかに一日が過ぎて行く。いつものように深夜の不寝番で日比谷公
園などを散歩するがいつもと変わらない光景だった。淡々としていても昼近くに
なるといろいろの人が訪れる。
 「第46回総選挙における300小選挙区調整のお願い」というビラを持って政党
に申し入れをしているという人がきて談笑する。脱原発を今選挙の重要な政策と
する政党は小選挙区においては調整してくれということだ。難しことだが脱原発
の運動をしている人が誰でも願っていることである。
脱原発運動にとっては今回の選挙は緊急に対応を要求されることの一つである。
本来なら今選挙の最大の争点になるべきはずのことだが残念ながらそうはなって
はいない。
 「原子力問題などは小さな問題」としているのは石原慎太郎であるが、これは
彼が声たけだけに批判する中央官僚の最も望んでいることではないか。原子力事
故をなるべく小さく見せ、再稼働を軌道に乗せて原発維持を図りたい経産省や原
子力村等の中央官僚の画策してきたことである。
 ビラを持ってきた人は今回選挙が原発の廃棄か推進かにおいて決定的役割を果
たすと述べていたが、この認識に異論はない。再稼働の動きが今選挙で出来る体
制に左右されることは不可避だからである。再稼働がストップされるか、動きが
進展しないかの時間が経てば経つほどエネルギ―転換は進むし、脱原発のエネル
ギ―体制の構築も前進する。
 逆にいえば再稼働→原発保存になればこの芽は摘まれるし、体制構築の動きは
困難になる。原発再稼働をめぐる動きは政治的動きであるが、それはエネルギ―
体制の転換という社会的動き関連しているのである。
 原発が停止していることで電力は不足し、地域経済の停滞《雇用など》が生じて
いるというのが推進派の宣伝だが、電力は不足していないし、地域経済の活性化
の契機はエネルギ―体制の構築に存在している。脱原発政策が明瞭になれば、地
域経済の再生も進展する。再性エネルギ―等でエネルギ―体制の転換をやろうとし
ている人は官僚の巻き返しと脱原発運動の力関係を見ている。脱原発運動の後退
と官僚の巻き返しを怖れている。
 これを考えれば今回の選挙で原発にどういう政治的立場をとるかは体制になる
かは重要である。石原慎太郎は過激の言辞を弄することにたけた政治家である
が、彼の目的としていることを見抜いていないといけない。尖閣諸島問題で国民
の脱原発の動きに水をかけたが、今度は政治的題目に中央官僚批判を選んでいる
だけだ。そうとも言える原発についての石原発言である。
 都知事選とともに衆院選挙も決まった。テントの周辺もその影響でいろいろの
ことが起こると思える。選挙への対応も大事だが、選挙で権力体制の転換がある
ことも織り込んだ脱原発運動の持続と発展も重要だ。11月11日をさらに発展させ
たい。ビラを持って政党に働きかけている人の成功を期待するが、同時に選挙に
負けない脱原発運動の発展方向も考えたい。(M/O)

★ 東京の広瀬 さんから:
こんにちは。
みなさま、連日の活動、お疲れ様です。
直前になってしまいましたが、2つほどイベントを紹介させてください。
どちらも反戦、反核に通じるテーマの30〜40分ほどの朗読です(構成は似ていま
すが中身はそれぞれ違います)。
東京の催しですが、予約もチケットも不要です。近郊の方、ふらっとお出かけく
ださると嬉しいです。
☆11月18日(日)
「失われたまち〜蒲田、そして福島」
大田区立大田図書館 地下集会室にて14時30分〜
◎図書館の本のリサイクル市の出し物のひとつです。14時より前に会場に来る
と、お好きな本を持ち帰れます。
会場は多摩川線沼部駅から徒歩、入場無料。大田図書館03-3758-3051
☆12月15日(土)
「ヒロシマ・ナガサキ、そして3.11の言葉たち」
東京YWCA会館 サロンにて13時40分頃〜
◎こちらはYWCAが毎年12月に開催している「Christmas for Peace」という文化祭
のような催しで、
会館内の別の部屋では展示や映画上映、物販などがあったりします。

私たち「区民とつくる地場演劇の会」が朗読をする1階の「サロン」では、
13時からクリスマス礼拝が行われており、それが終わって会場の準備ができ次第
開演となりますので、
開始時刻は多少前後する可能性があります。
ちなみにこの礼拝のスピーカーは「浜岡原発を考える静岡ネットワーク」の役員
もなさった内藤新吾牧師です。
※礼拝の途中から入る場合はお静かにお願いします。
会場はJRお茶の水駅から徒歩、入場無料。東京YWCA会館03-3293-5421

★渡部秀清(都教委包囲首都圏ネットワーク)さんから:
11月16日夕方、経産省前のテント前で
「あおぞら放送」が行われました。
視聴アドレス: http://www.ustream.tv/channel/tentcolor

<国会議員に問う>では、服部良一衆院議員(社民党)が出演、
「活断層の疑いのある大飯原発は即時止めるべき」
と述べていました。

その後、福島の15歳のY君が話ました。
 「現在学校には行っていない。悩みがある、情報が正しいのかどうか。
 学校では原発事故のことはみんな言わなくなってきている。
 言っても無駄と思ってしまう。毎日不安な生活を送っている。
 内部被ばくが心配だ。世界中に現地の声を届けていきたい。
 『手を取り合って自分たちの未来を作り上げよう』、と」

次に福島のMさんが次のような話をしました。
 「12月16日のダブル選挙ははかられたようだ。
  12月15〜17日にはIAEAが福島に来る。
  私たちはどこまで声を上げていけるのか。
  安心安全郡山などというが、みんな心配して暮らしている。
  8000ベクレル以上のものをテスト焼却するような
  焼却処分場の建設もあちこちで強行されようとしている。
  日本の大人たちは何をやっているのか問われている。」

その後、都知事選に立候補した
「宇都宮けんじ」さんが出演しましたが、その前に
ジョニーHさんの【♪東京なのに宇都宮】という
自作の歌(かんしゃく玉)の替え歌が披露されました。
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
 オーオーオーオーオーーー オーオーオーオーオーーー
 俺のギターが爆発しそうだぜ
 オーオーオーオーオーーー オーオーオーオーオーーー
 みんなの気持ちが爆発しそうだぜ
 オーオーオーオーオーーー オーオーオーオーオーーー

 その人は静かに やさしくほほえむ
 私たちに向かって 諭すように語る
  オーオーオーオーオーーー
 泣き寝入りするな 無駄な我慢はするな 無意味な妥協はするな
 その人は歌う 私たちのために
 私たちは歌う その人の名を叫ぶ・・・・・・・

 「東京」なのに『宇都宮』  「弁護士」なのに『けんじ』
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
これは、テント前の人々に大いに受けました。
宇都宮さんは、キックオフ集会(11月14日)で
述べた内容のことを述べました。
 
私はその後、文部科学省前での抗議行動に参加し、
首相官邸前の「金曜デモ」にも参加しました。
その際、「1分間スピーチ」を募集していましたので、
発言させてもらいました。
 「東京都民です。同日選挙になりました。
  脱原発を進めるには、東京都知事選で勝利することが
  重要だと思います。
  そのためには脱原発をはっきりと掲げている
  宇都宮けんじさんを当選させることです。
  東京が変われば、日本も変わります。
  先ほど、テント前でジョニーHさんの
  『♪東京なのに宇都宮』を聞いてきました。
  「東京」なのに『宇都宮』  「弁護士」なのに『けんじ』
  みなさんよく覚えておいてください。」
官邸前の参加者に受けました。

そうしたところ、その約5分後に、
当の宇都宮さんが来て発言しました。
 「脱原発の東京を作れば、そうした日本、世界が作れる。
 チャンスだ。
 脱原発の東京、国会を作るために一緒にがんばろう。
 世の中を変えるのは市民運動。
 それを全都、全国に広げよう。
 東京、日本に民主主義を取り戻すために
 一緒に闘えることを幸せに思っている。」

そうして彼は、 
『♪東京なのに宇都宮』の歌が生まれたことを紹介し、
自ら、「東京」なのにー『宇都宮』、「弁護士」なのにー『けんじ』
とコールを先導し、集会は盛り上がりました。
彼が帰る際、私は後ろからついて行ったのですが、
彼は沿道の参加者から握手ぜめでした。
どうぞ皆さんも覚えておいてください。
「東京」なのにー『宇都宮』!! 「弁護士」なのにー『けんじ』!!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
「河原井さん・根津さんらの『君が代』解雇をさせない会」が
明日、以下のような<学習会>を開きます。
---------------------------------------------------
 『尖閣・竹島問題から見る「日の丸・君が代」強制問題』
   お話 : 高嶋伸欣さん(琉球大学名誉教授)
 <日時> 2012年11月17日(土) 13時30分開会
 <場所> 東京・中野商工会館 大会議室
 <資料代> 500円
---------------------------------------------------
この「One for All ! All for one !」のメールは、
この春の東京都の入学式でたった一人の被処分者になった
田中聡史さんの闘いを支援し、処分を食い止めるためのものです。
石原辞任と東京高裁判決は田中さんにも有利に働くと思います。

なお、「河原井さん・根津さんらの『君が代』解雇をさせない会」では、
9月21日の「朝日新聞」でも大きく紹介された
≪国旗に一礼しない村長≫(長野県中川村村長・曽我逸郎)さん
を迎えて、<2013年1月26日(土)午後、(場所未定)>
に集会を開くことになりました。
************************************************
「都教委包囲首都圏ネットワーク」のブログのアドレス
   http://kenken.cscblog.jp/
「千葉高教組『日の丸・君が代』対策委員会」のホームページ  
http://homepage3.nifty.com/hinokimi

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

● さよなら原発!福岡集会実行委員会 ●  
日 時:11月21日(水)18時30分〜21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階
☆11・11集会の振り返り・今後の活動
☆12・9 脱原発キャンドル・ウォークとりくみ

● 原発労災・梅田隆亮さん第4回口頭弁論 ●
日 時:12月26日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内