[CML 020980] 11/17(土)~11/18(日)「いま、『協同』が創る 2012全国集会」@埼玉

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 11月 14日 (水) 08:48:20 JST


紅林進です。

今年2012年は国連で定められた「国際協同組合年」ですが、
11月17日(土)、11月18日(日)両日、さいたま市の大宮
ソニックシティ他を会場として、下記「いま、『協同』が創る 
2012全国集会」が開催されます。

要申し込みで、申し込み方法など詳しくは下記サイトをご覧に
なってください。http://www.kyodo2012.com/

 
(以下転載)

「いま、「協同」が創る 2012全国集会」のご案内です。

2年に1度開催され、今回で15回目を迎える今回の集会は、埼玉での開催です。
「人間復興のコミュニティを ~働く・暮らす・つながる命」をテーマとして、人の生き方
そのものの復興と、地域での仕事や暮らし、新しい生き方を創り出していくことを
主眼として、多様な団体と市民が参加して、共に話し合い、社会に発信することを
目的としています。

本年(2012年)は国連で定められた国際協同組合年ということもあり、改めて今、
「協同組合」を始めとした、多様な新しい働き方と、組織の在り方と役割が注目
されています。

ぜひともご参加をいただき、この機会に、学びを深めていただければと思います。

■日時:2012年11月17日(土)全体会、11月18日(日)分科会
■会場:大宮ソニックシティ他(*18日は分科会によって会場が異なります)

詳細につきまして、また、参加のお申し込みは集会のホームページをご覧ください。
http://www.kyodo2012.com/
(共同連は2日目の第3分科会の実行委員会に参加しています。)

なお、内容に関するお問い合わせやお申し込みは、集会の事務局までお願い
いたします。

みなさまのご参加をお待ちしております。また、本案内は転載・転送歓迎ですので、
多くの方に知っていただけるよう、広報にもお力添えをいただければと思います。
どうぞよろしくお願いいたします。

共同連東京事務局 藤田

 =====
「いま、「協同」が創る 2012全国集会」  第1日目 2012年11月17日(土)全体会

時間:12:00~17:30(11:00~開場)
会場:大宮ソニックシティ

12:00~ ウェルカムイベントファッションショー(いよよ華やぐ倶楽部)
12:30~ オープニングイベント「福島県南会津から届ける息吹」

13:00~ 主催者、共同代表挨拶
13:10~ 来賓挨拶
13:30~ 連帯の挨拶(海外招聘)
   ジョンストン・バーチャル氏(スコットランド、スターリング大学教授)
   ジャン・ルイ・ラヴィル氏(フランス、経済学者)
14:00~ 記念講演「歴史的危機の時代に求められる新しい経済と社会」
   水野和夫氏(埼玉大学客員教授、内閣官房内閣審議官)
15:15~ パネルディスカッション「人間復興のコミュニティを~働く・暮らす・つながる命~」
・パネリスト
  内山 節氏(哲学者、立教大学教授)   
  金子美登氏(小川町有機農業者)
  吉原 毅氏(城南信用金庫理事長) 
・コーディネーター
  永戸祐三氏(日本労働者協同組合連合会理事長) 
17:10~ 東北からの報告 田中羊子氏(日本労働者協同組合連合会専務 東北復興本部長)
17:30~ 全体会まとめ

18:00~ 交流会


第2日目 2012年11月18日(日)分科会

時間:10:00~15:30(但し、17分科会~20分科会は移動分科会のため、時間が異なります。)
会場:大宮ソニックシティ、埼玉大学、大宮法科大学院大学他

【分科会】
仝渋綟本社会における貧困と不平等を問う!
東北被災地から創る新しい社会
③社会的排除を超えて~共に働き、共に生きる社会をどう創るか 
④国際協同組合運動は、連帯経済の担い手になり得るか~東アジアから考える~
⑤人間らしい生き方、働き方を地域から創る協同労働の可能性 
社会的事業を支えるソーシャルファイナンスの可能性
⑦支え合いの地域を作るコミュニティケア~制度を超えて~
┷得顕椎愁┘優襯ーは、日本社会をどう変えるのか
⑨生きづらさを超えて~新しい働き方を模索し始めた若者たち~
⑩国際協同組合年に日本の協同組合が問われていること~公共・協同・自治で拓く持続可能な社会!~
⑪日本の農業・医療・暮らしを考える~自由貿易協定をめぐって~
⑫中小企業の社会的役割を考える~グローバル経済に対抗する持続可能な地域経済
⑬新しい社会~持続可能なコミュニティを「協同」が創る~
高齢期の社会参加と仕事おこしが、日本社会の未来を創る
⑮みんなをつなぐ、地域をつなぐ~協同による子育ち、親育ち~
⑯原発事故~福島が問う、私たちの命と暮らし

【移動分科会】
⑰食と農と環境をめぐる旅~地域が支える有機農業~(埼玉県小川町)
何垢畔襪蕕靴鬚瓩阿詢后丙覿霧飯能市)
⑲協同から平和を発信する旅~丸木美術館~(埼玉県東松山市)
感同の文化が育むまちづくり(埼玉県深谷市)

*⑰、⑱、⑳分科会は、別途、大宮~現地の往復バス代1,500円が必要です。
*⑲分科会は、別途、大宮~現地の往復バス代1,000円、美術館入館料800円が必要です。
=====

いま、「協同」が創る2012全国集会実行委員会

担当 飯沼、酒見、濱本

埼玉県さいたま市南区南本町2-5-15 MMオフィス201号

(労協センター事業団北関東事業本部気付)

TEL048-844-0084

FAX048-844-0086

Office at kyodo2012.com

http://www.kyodo2012.com/


CML メーリングリストの案内