[CML 020877] アピール 都知事選を局面転換の突破口に(政治の変革をめざす市民連帯)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 11月 8日 (木) 07:22:31 JST


紅林進です。

私も関わっています政治の変革をめざす市民連帯は、石原慎太郎都知事の
無責任辞任に伴う都知事選にあたって、下記の都知事選に向けたアピールを
発表しました。
 

アピール 都知事選を局面転換の突破口に
 脱原発・反貧困・都政転換
 宇都宮健児さんの勝利で局面の転換を!
 
         村岡到(政治の変革をめざす市民連帯事務局長)

 
 政治の変革をめざす市民連帯は、次のアピールを発した。
 
アピール 都知事選を局面転換の突破口に
 
 石原慎太郎都知事の無責任辞任によって、千載一遇のチャンスが
生まれつつあります。12月16日投票の都知事選に左派と市民派の
共同候補を擁立することができれば、14年間の反動的な石原都政を
根本的にひっくりかえす、新しい都政に転換する可能性があります。
政策的争点をぼかしたまま総選挙の時期だけに党利党略を働かせ、
日本維新の会や「石原新党」がマスコミによって過剰に話題となる、
右寄りに混迷する政局に新しい方向を切り開くきっかけになります。
 問題は一にかかって、分立を避けて共同候補を擁立できるかどうか
にあります。脱原発の首相官邸前行動の持続的展開は、新しいエネ
ルギーと可能性を示しています。
 私たち市民連帯は、4年前にスタートしたときに、各種選挙では
「市民左派の共同候補」を推薦することを明らかにしています。そこで、
このチャンスに、弁護士の宇都宮健児さんを擁立したいと考えます。
日弁連の会長を務め、反貧困活動など弱者の立場で長年にわたって
活動してきた点で適任だと考えます。当選すれば、湯浅誠さんを副知事
に任命することもできます(都議会の承認が必要)。
 もっとも重要な問題は、何を都政の軸とするか、です。項目を羅列す
れば、活憲、脱原発、反貧困、教育現場への介入反対、東京銀行の
責任追及、築地移転撤回、オリンピック招致の中止、が主要な課題だ
と考えます。
 今こそ、さまざまな課題で活動してきた市民派が総結集して、局面の
転換を図るために協力しよう。
                       2012年11月5日

                       政治の変革をめざす市民連帯 
                       http://www.siminrentai.com/


CML メーリングリストの案内