[CML 020876] 本日11/8(木)18:30~都知事候補者選考会@水道橋・在日韓国YMCA/湯浅誠さん、都知事選不出馬コメント/都知事選 宇都宮氏、出馬に含み 反貧困、脱原発求める声明

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 11月 8日 (木) 06:55:42 JST


紅林進です。
 
市民グループ「私が東京を変える」は、本日11月8日(木)の午後6時30分
より、東京・水道橋の在日韓国YMCAアジア青少年センター9階の国際ホール
で、都知事選挙候補者選考会を開催するとのことです。先日、「人にやさしい
都政をつくる会」の「<声明>私たちは新しい都政に何を求めるか」を発表され
た宇都宮健児弁護士(日弁連前会長)も同選考会に参加されるそうです。

在日韓国YMCAYMCAアクセス(東京・水道橋)
http://www.ymcajapan.org/ayc/hotel/jp/access-access.html

 
なお市民グループから都知事選候補に推す動きのあった湯浅誠さんですが、
ご自身のメールマガジンで都知事選不出馬コメントがあったとのことです。
 
湯浅誠さん、都知事選不出馬コメント(11/4執筆、11/6発行)
http://yuasamakoto.blogspot.com/
 
 
一方、「人にやさしい都政をつくる会」は東京都庁で緊急に記者会見をひらき、
以下の声明を発表したとのこと。
 
<声明>私たちは新しい都政に何を求めるか
http://www.annie.ne.jp/~kenpou/seimei/seimei168.html
 
なおこの「<声明>私たちは新しい都政に何を求めるか」に名を連ねた40名
の中に湯浅誠さんの名がないことも気にかかります。
 
確かにこの声明と湯浅誠さんが先の都知事選不出馬コメントで述べた、
都知事候補者像は明らかに違います。トーンも違います。

(以下転載)
-----------------------------------------------------------
高田健です。
本日午前、「人にやさしい都政をつくる会」は東京都庁で緊急に記者会見をひらき、
以下の声明を発表しました。
石原都政の13年半を精算し、新しい都政をつくる出発になることを心から願い、
志を同じくするすべての市民の共同が誕生することを心から願います。
ご協力をお願い致します。
転送・転載をよろしくお願いします。
<声明>私たちは新しい都政に何を求めるか
http://www.annie.ne.jp/~kenpou/seimei/seimei168.html
-----------------------------------------------------------
 
東京新聞報道(11月6日 夕刊)
  ↓
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/news/CK2012110602000230.html
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
都知事選 宇都宮氏、出馬に含み 反貧困、脱原発求める声明
2012年11月6日 東京新聞夕刊
(写真)「脱原発」「憲法尊重」の都政を求める声明を発表する宇都宮健児弁護士
(左から2人目)ら=6日午前、東京都庁で
 東京都の石原慎太郎前知事の辞職に伴う知事選で、評論家の佐高信氏や
経済ジャーナリストの荻原博子氏らが六日、都庁で記者会見し、反貧困や脱
原発を実現する都政を求める声明を発表した。声明に賛同した著名人約四十
人を中心に「人にやさしい都政をつくる会」を発足し、統一候補を擁立する。
 会見に同席した前日本弁護士連合会会長で東京弁護士会所属の宇都宮
健児氏(65)は、候補が見つからなかった場合について「(自身の立候補を)
検討せざるを得ない」と出馬に含みを持たせた。
 声明では、憲法を大切にし、福祉や環境、貧困や格差問題を重視するとともに、
脱原発政策を確実に進める知事を求めるとした。石原前知事が脱原発運動を
罵倒したなどとして、批判した。声明に賛同したのは、元国立市長の上原公子氏、
作家の大江健三郎氏、ジャーナリストの鎌田慧氏ら。
 宇都宮氏は、貧困問題に取り組む市民団体や労働組合、法律家、学者らが
つくる「反貧困ネットワーク」の代表も務めている。オウム真理教の被害者支援や、
多重債務者の救済に長年取り組んだ。             


CML メーリングリストの案内