[CML 020813] 【報告】第564日目報告★原発とめよう!九電本店前ひろば★

青柳 行信 y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
2012年 11月 4日 (日) 06:45:53 JST


青柳行信です。11月 4日。

【転送・転載大歓迎】
☆原発とめよう!九電本店前ひろば第564日目報告☆
    呼びかけ人賛同者 11月3日現在 総数2626名。
★原発とめよう!の輪をひろげる【呼びかけ人】を募っています。
 
★さよなら原発! 11・11福岡集会
  http://bye-nukes.com/fukuoka 

★私たちの声と行動で原発・再稼働は止められます。★ 
<ひろば・想い・感想・ご意見等 嬉しいです>

★ 横田つとむ さんから:
青柳さま
11月3日は 催しものがたくさんありました。
憲法フェスタin 福岡 と健康祭りに行ってきました。
いずれも お天気に恵まれて たくさんの方が参加されていました。
 
あんくるトム工房
沖縄から憲法を考える http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2125
健康祭り     http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2124
激しく酔った状態  http://yaplog.jp/uncle-tom-28/archive/2123
   沖縄の状態は 本当に植民地状態です。
 基地をなくし、オスプレイを追い出しましょう。

★ 橋本左門 さん<無核無兵・毎日一首> から:
☆大量被曝させつつ知りつつバレルまで知らぬ存ぜぬ変わらぬ体質(左門 11・3−99)
 ※東電福島第一原発3号機で、毎日、殺人行為が繰り返されている。
  沈黙してはいけない、告発しなければ、体質は変わらない。 


★ 田中輝子 さんから:
青柳さま
暮らしの忙しさで毎日読めないこともありますが、必ず目を通しています。
特に警察の家宅捜査やインドでの対応などには驚いています。
報道されないこと、当事者あるいは周囲の方々からしか発信されないことをお知らせくださり、
非常に意義深く感謝しています。

西岡由香 さんの高知のレポート、気持ちが明るくなります。
原発を動かすとか動かさないとかでなくて、
私たちはみんなが幸せに楽しい気持ちで暮らしたいはず!
ということを思い出させてもらうことができました。
反原発「運動」というと大多数の市民には敬遠されがちですが、
ごくシンプルに、子どもを安心に育てたいと願っている人などにもお知らせしたく思いました。

★ 川崎順哉 さんから:
青柳様
実は金子さんの一件を旧友とも話したのですが、
明らかに警察の越権行為としか言えないと。
旧友は法曹関係(国の)勤務ですが、極めてリベラルな考えの持ち主です。
明らかに大飯原再稼動発反対デモに関与した人物ではないのだが、
その時の模様を写した金子さんの機材を押収する事は違法だと。
しかし物事の根幹は、もっと深いところに在ると我々は睨んでいます。
そして最も危惧される事は、
日本国民の総体的な意識ではないだろうかと。
こればかりは声高に諭しても、受け入れる知性と理性のチャンネルが無ければ、
全く以って【馬耳東風】ではないかと嘆き合う次第です。

それと『週刊ポスト11月9日号』には
≪いまさら何だ、地震学会!「地震は予知できない」≫
という記事が掲載されています。
地震が予知不可能ならば津波に襲来も同じ。
仮に予知可能であっても止める事は誰にも出来ない。
「フクシマ」は「地震+津波+原発事故」という方程式が成り立つと思います。
これに副って考えた場合、地震の予知も阻止も出来ないのであれば、
第二の「フクシマ」が起こりえる可能性は「大」ではないか。

最近ですが出版社の人間と話しましたが、
ヒットした書物は「神」に関係する物だったと。
これはキリスト教やイスラム教の神ではなく、
日本に古代から存在する「神(明治の国家神道以前)」なのです。
私は宗教を否定も非難もしませんし、寧ろ宗教的な意識は大切だと思います。
相手に対する慈愛の心や、道徳を諭す為の啓発・啓蒙という意味では大切です。
しかし、この意識が強すぎると唯物論的に物事を考える時に、
ある種の「思考停止」に陥ってしまいます。
これは過去の歴史を繙けば一目瞭然です。
本来ならば10というレベルまで考え抜き精査・検証して判断すべきところを、
5か6程度まで考えて、後は観念論の世界に「丸投げ」してしまう【悪癖】。
「フクシマは起こってしまった事故。これからは事故再発がないと願って」
と無責任な意識を抱いて満足する。
ここにも≪自己無謬への盲信≫という【悪癖】
そして、ただ「ひたすらに耐えぬく」精神力に依存する【悪癖】。

これらが最大の問題ではないかと思っています。
正に『家畜人ヤプー』の国ではないでしょうか。
今頃は中江兆民然り、小林多喜二然り、
あの世で嘆き笑っているでしょう。

★ 舩津康幸 さんから:
おはようございます。
きょうも、被災地の新聞、福島民友の検索結果から紹介します。
1.「市町村に即戦力を 県、任期付き職員募集本格化へ」(11/03 09:55)
⇒ http://www.minyu-net.com/news/news/1103/news8.html
2.「『国家公務員』本県に派遣 首相、復興加速へ方針」(11/03 09:55) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1103/news9.html
3.「市外避難、15万人超か いわきで震災直後、市民半数」(11/03 09:55) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1103/news10.html
・・・・新たな基準で避難計画を策定しなければいけなくなった自治体には参考になるでしょうが、大変な人数です。この数字はあくまで自主避難した人数です。
4.「『震災関連死』対策を強化 本(福島)県集中で調査へ(11/03 09:55)
⇒ http://www.minyu-net.com/news/news/1103/news11.html
5.「楢葉、飯舘の『公共インフラ復旧』工程表を公表」(11/03 09:35) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1103/news5.html
・・・・ほんとうに大丈夫なんでしょうか。
6.「大玉・旧玉井村の『もち米』から280ベクレル」(11/03 09:35) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1103/news6.html
・・・・・福島第一から西方向に60キロに位置。
7.「いわき市で農機具が原因でコメにセシウム付着」(11/03 09:35)
⇒ http://www.minyu-net.com/news/news/1103/news7.html
・・・・福島第一から南南西へ60キロ付近。
・・・農家の苦悩は続きます、そして、出荷される米を買う消費者・・・。
8.「警戒区域無許可侵入疑い男逮捕 災害対策法違反で初」(11/03 09:15) 
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1103/news2.html
9.「県内自主避難、家賃補助へ 県が子ども、妊婦世帯対象」(11/03 08:30)
⇒http://www.minyu-net.com/news/news/1103/news1.html
記事「・・・・・一方、県外の借り上げ住宅への補助の新規受け付けを12月28日で終了する方針も決め、県内への住民帰還を促す。」
・・・・これっておかしいですね。相変わらず、県内に縛り付けようということですよね。
他紙では、
10「【甲状腺検査の見直し検討】保護者に強い不安 心情に配慮した対応急務」福島民報11/02 14:50
⇒http://www.minpo.jp/pub/topics/jishin2011/2012/11/post_5420.html
東電、福島の事故現場では、
11.「福島第一で大量被曝もう1人 東電、指摘受け一転発表」朝日新聞デジタル 11月3日(土)1時46分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121103-00000004-asahi-soci
記事「・・・東京電力は2日、福島第一原発3号機タービン建屋地下で作業員3人が汚染水に入って大量の放射線を浴びた昨年3月の事故で、もう1人の別の作業員が汚染水に入っ
て被曝(ひばく)していたと一転して発表した。」
12.「福島に『復興本社』設立=来年1月に4000人規模―東電」時事通信 11月3日(土)13時0分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121103-00000046-jij-bus_all
他の原発では、
13.「<大飯原発>破砕帯の再調査も 『活断層否定できぬ』」毎日新聞 11月2日(金)21時43分配信
⇒http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20121102-00000093-mai-soci
「・・・・島崎氏は2日の会見で、『一番大事なのは大飯原発の安全性。その基本に立ち返って議論する。日曜日(4日)に私の判断を伝える』と語った。」
14.「東通原発の事故想定し共同訓練 青森県と東北電、震災後初」 西日本11月3日17:00 
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/33232
政府の動きに対して、
14.「世論も国会も無視の暴挙 規制委人事」しんぶん赤旗11月3日
⇒http://www.jcp.or.jp/akahata/aik12/2012-11-03/2012110302_02_1.html

今届いた西日本新聞では、一面のトップに原子力災害のことが、3面にもその関連記事がが続きます。見出しを中心に紹介します。1面に、、
15.「3割避難先めどたたず」「原発30キロ圏自治体 防災計画難航か」
16.「糸島市では確保不十分」
3面に、
17.「鹿児島6自治体未着手 策定済み伊万里市(佐賀県)だけ」
18.「市町村 初の試みに苦悩 政府の後押しが不可欠」
19.「ヨウ素剤 9割対応未定 配布方法 7割は備蓄ゼロ」
ネットには短い関連記事があります、
20.「事故時3割が避難先見通し立たず 原発30キロ圏83市町村」 西日本11月3日 19:20
⇒http://www.nishinippon.co.jp/nnp/item/332353
・・・・30キロ圏でもこの始末、実際におきればこんな範囲では収まらない、非現実的な設定になります。早く原発ゼロを決めて、核物質の保管で起きる可能性の事故に向かって
準備を進めるべきです。
2面政治欄に、12.と同様の記事があります。
28面社会欄に、
21.「震災避難者ら「芋煮会」
記事「福岡県の福島県人会などは3日、東日本大震災で避難してきた人たちを囲む芋煮会を福岡市早良区・・・・で開いた。・・・120人ほどが参加した・・・。」

★杉原浩司 さんから:
11月2日に実施された大飯原発断層調査について、美浜の会の島田清子さ
んのメールを転送します。ご参照ください。
なお、調査団の記者会見ノーカット動画と文字起こしを、以下のOurPlanet-TV
ウェブサイトで見ることができます。
【新着動画】
大飯原発で新たに断層確認か〜規制委初の調査(OurPlanet-TV、11月2日)
http://www.ourplanet-tv.org/?q=node/1461
-----------------------------------------------------
皆さまへ
島田です。重複失礼します。
11月2日の大飯原発の断層調査ですが、調査後のぶら下がり会見や報道
ステーションなどをみました。これらで語られていた事実関係をまとめて
おきます。補足などお願いします。

◆台場浜のトレンチ調査について
渡辺氏は、
・「2010年のバックチェックで関電が示していた場所とは違うところ
にF−6破砕帯があった(トレンチ内の違う場所という意味)。年代はま
だよく分からないが、F−6破砕帯の延長と考えていい」

・「地層の年代はまだよく分かりませんので、ここでははっきり言えませ
んが、そんな100万年も前ではない。・・・今のところは、活断層かど
うかについては否定できないというところで、まだはっきりしたことは言
えません」と述べています。

・これまでの関電や国の調査・審査が問題となるでしょう。

◆山頂付近のトレンチ調査について
・ここでは破砕帯が確認できています。報道ステーションでは、破砕帯の
周囲の土を渡辺氏が触れて「やわらかい」「あまり安定はしていない雰囲
気かな」と述べています。これはF−6が最近に動いた可能性を示唆して
います。

◆この山頂のトレンチで確認したF−6については、ぶら下がり取材で、
調査団5名全員が、破砕帯には粘土が存在し、断層運動があったことを認
めています。渡辺氏は「断層運動でできた粘土を確認しました」と述べて
います。

◆ぶら下がり取材で、「活断層の疑いがあると、これまでより強く思った
か」と、島崎委員以外の4名の委員に質問がありました。

産総研の重松氏だけ、破砕帯がはっきりと地層を切っている(変位を与え
ている)という箇所はほとんどなかったと言っています。

・岡田氏:いまは直接答えられない。地層の年代をみなければ分からない。

・廣内氏:地層を変位させる構造はあったが、その年代がいつなのか。そ
れによって活断層かそうでないかとなる。

・重松氏:F−6断層の露頭はいくつか見たが、その中で、はっきりと地
層を切っている思われた所はほとんどなかった。すぐには判断できない。

・渡辺氏:いままでとの比較で言えば、確実に地層を切っているのを確認
しているので、(疑いの)レベルは上がった。

◆島崎委員は、「日曜に会合を開いて、今回見てきたことの評価をすると
いう段取りになっている。その段階で、もし必要であれば再調査が出てく
るのも可能性としては考えられる」「私の心証や情報が十分かどうかにつ
いても、日曜に伝える」「一番重要なのは安全性であって、それに立ち返
って検討する」と述べています。

これから調査団の皆さんは、今日の調査を踏まえてそれぞれ検討されるこ
とでしょう。
断層運動によって動いたこと、地層を変位させていることは多くの委員が
認めています。焦点は、いつ動いたのかということになるのでしょうか。
4日(日曜)の検討会で議論がおこなわれます。注視しましょう。

4日の検討会は14:00〜17:00、東京です。
http://www.nsr.go.jp/committee/yuushikisya/ooi_hasaitai/20121104kaisai_ooi.html

IWJさんが中継されます。
→ http://ustre.am/rGLz (チャンネル3)

断層調査の関連資料を美浜の会HPに掲載しています。
http://www.jca.apc.org/mihama/ 		 	   		  

★ 坂井貴司 さんから:
< 一貫して患者側に立った医師>
 「労働者を人間と思うな。牛馬と思って使え」をモットーにした野口遵が設立
し、日本の植民地支配下にあった朝鮮に巨大な電気化学コンビナートを建設して、
世界的な電気化学企業となったチッソの水俣工場が垂れ流し続けたメチル水銀廃
液は水俣病を引き起こしました。
 
 チッソや天下り先を確保したい旧厚生省や旧通産省は「御用」学者を動員して、
水俣病は腐った魚を食べたから、あるいは有毒アミン、投棄された火薬によるも
のだ、とウソ八百のプロパガンダを流し続けました。水俣病患者たちは、中風や
神経痛、精神異常をチッソのせいにしてカネを脅し取ろうとしていると誹謗され
ました。
 
 その中で、熊本大学医学部の大学院生だった原田正純さんは水俣病患者のもと
に足を運び続け、孤立していた患者家族を支え続けました。医師となってからは
患者を診察し、水俣病の実態を記録しました。そして、世界で初めて胎児性水俣
病の存在を医学的に証明しました。これら原田さんの地道な活動は、水俣病患者
や家族を勇気づけ、チッソや政府との裁判闘争を支えました。
 
 一貫して踏みつけにされた患者の側に立ち続け、今年6月に死去した原田正純
さんの足跡を、NHK教育が放送します。
 
 NHK教育教育 ETV特集
 
 「原田正純 水俣 未来への遺産」
 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/1104.html
 
 放送日:11月4日 放送時間:22時〜
 再放送 放送日:11月11日 放送時間:午前0時50分〜

○−−−−−集会等のお知らせ−−−−−○ 

●さよなら原発! 11・11福岡集会実行委員会 例会
日 時:11月6日(火)18:30から21:00
場 所:福岡市人権啓発センター(ココロンセンター)
   http://jinken.city.fukuoka.jp/shisetsu/access.html
   福岡市博多区下川端町3番1号
   博多リバレイン リバレインオフィス10階

● さよなら原発! 11・11福岡集会 ● 
 日 時:11月11日(日)
     14:00 集会開始 15:00デモ出発(サウンドデモ)
 場 所:福岡市・冷泉公園 
 主 催:さよなら原発! 福岡集会実行委員会 
★さよなら原発! 11・11福岡集会
  http://bye-nukes.com/fukuoka 

● 原発労災・梅田隆亮さん第4回口頭弁論 ●
日 時:12月26日(水)
場 所:福岡地方裁判所 (福岡市中央区城内1-1赤坂駅から徒歩5分)
    裁判開始:14:30 (301号大法廷)
支援カンパ: 郵便振替口座 01700−1−125911 
加入者名: 原発労働裁判・梅田さんを支える会
銀行振込:ゆうちょ銀行 一七九店(179)当座0125911

○−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−○ 
     ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば★☆
 ツイッター フェイスブック ミクシー等で拡散よろしくお願いします。
    ★☆ 原発とめよう!九電本店前ひろば ★☆
           午前10時から午後5時。(土・日曜・休日は閉設)
     ♪ みなさん、一緒に座って・語り合いませんか☆
   場所:九州電力本店前 福岡市中央区渡辺通2丁目1−82 
   地図:http://www.denki-b.co.jp/company/map19.html
      ★☆ (ひろば・テント080-6420-6211) ☆★

************************
〒812-0041
福岡市博多区吉塚5-7-23
       青柳 行信
電話:080-6420-6211
y-aoyagi at r8.dion.ne.jp
************************

----
青柳  y-aoyagi at r8.dion.ne.jp


CML メーリングリストの案内