[CML 020808] 11/19中野アソシエ近現代史講座「育鵬社教科書は『世界恐慌と日本』を、どう描くか?」

masuda miyako masuda_miyako1 at hotmail.com
2012年 11月 3日 (土) 17:15:16 JST


皆様
 こんばんは。犯罪都教委&1・5悪都議と、断固、闘う増田です! これはBCCでお送りしています。重複・長文!? ご容赦を!
 
 今春から、育鵬社の「歴史偽造」教科書が都内では都立中等学校、大田区立中学校、武蔵村山市立中学校等、全国で約4万5千名の中学生に押し付けられています。この教科書には何が書かれているのでしょうか? また、何が書かれていないのでしょうか?
 
 今回のテーマは、件名のように『世界恐慌と日本』が中心です。育鵬社の記述の一例をあげます。

「政府は財政支出を増やして経済を刺激するとともに、輸出を増やす努力を重ね、恐慌からいち早く抜け出すことに成功しました。」(P203)

 おやおや? それなら、メデタシ、メデタシ!?(笑)のはずですね、「恐慌からいち早く抜け出すことに成功しました。」結果は世界恐慌下でも、世界的に珍しく日本は好景気になっているはずなんですが・・・ところが、そのあとのページには「わが国でも貧困に苦しむ人々」(P205)とあります。

 
 そして、当然ながら、この教科書では、この完全な矛盾!? を合理的に説明したり、考えさせたりすることはできないようになっています。

 しかもしかも、「統帥権が政府から独立しているとする考えは、軍の独走を招くことになりました。」とか・・・張作霖爆殺事件では「犯人を厳しく処罰することができず、これがその後の軍の独走を許す原因」ですって!?  こういう記述を文部科学省のオエライ検定官は「中学生の歴史教科書に適切」と合格させているわけです。

 軍の独走!? 徒競争でもしてたんですかね? あの、都民の税金を湯水のように自分のために使いながら都政を放り投げた老人は「独走老人」?(笑)・・・笑っていられないのですけど・・・

 御都合のつく方は、ぜひ、おいでください!

●日時:11月19日(月)19時〜21時  

テーマ:「世界恐慌と日本」

●参加費 1000円
 
●場所  東京中野・協働センター・アソシエ
 http://www.bing.com/maps/Default.aspx?encType=1&v=2&ss=ypid.YN5928x564506&style=r&mkt=ja-jp&FORM=LLDP          
 
東京都中野区中野2−23−1 ニューグリ−ンビル301号 ※       
          中野駅南改札口1分    電話  03−5342−1395  

※部屋が変わりましたので、ご注意を! 		 	   		  


CML メーリングリストの案内