[CML 020793] 福島原発事故が飯舘村にもたらしたもの@福島市

佐川 ようこ kabokabochatomatomato at hotmail.co.jp
2012年 11月 3日 (土) 00:23:33 JST


皆様
 
いつも貴重な情報などありがとうございます。
いつも宣伝ばかりですみません。
 
以下、福島市で11月18日に行うシンポジウムの案内です。
10月20日、21日と福島市と伊達市で飯舘の皆さんとお話をしてきました。
それぞれが個人では抱えきれないほどの葛藤や苦悩があり、
どうしょうもない気持ちになってしまうのですが、逆に飯舘の
お母さんたちの人間性の豊かさから温かい気持ちにさせられたりもしました。
 
宣伝のご協力など頂けたら幸いです。
よろしくお願い致します。
 
佐川
 
 
****************************************
ーシンポジウムー
福島原発事故が飯舘村にもたらしたもの
 
日時:平成24年11月18日(日)14:00−18:30(開場13:30)
場所:福島県青少年会館 大研修室
定員:180名(要申し込み)


 
プログラム
第1部(14:00−16:10)
座長挨拶
小澤 祥司/飯舘村後方支援グループ
川野 徳幸/広島大学平和科学研究センター
「飯舘村民の生活再建への思いと展望」
糸長 浩司/日本大学生物資源科学部
「大規模環境汚染事故と行政の対応:ハンガリーの事例から」
家田 修/北海道大学スラブ研究センター
「飯舘村村民の避難状況と支援活動」
菅野 哲/飯舘村農業者
「戻れない村民の生活再建を考える」
伊藤 延由/新天地を求める会
第2部(16:30−18:30)
「飯舘村放射能汚染調査の報告」
今中 哲二/京都大学原子炉実験所
「福島土壌の放射能汚染度と空間放射線量の分布と将来予測について」
大瀧 慈/広島大学原爆放射線医科学研究所
総合討論
 
詳しくは
HP→ http://iitate-sora.net/
 
 
************************************* 		 	   		  


CML メーリングリストの案内