[CML 020763] 秋のヘイト・クライム(5)東京&大阪

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2012年 11月 1日 (木) 12:19:00 JST


前田 朗です。

11月1日

「日本におけるヘイトスピーチ 私たちはどう立ち向かうか」集会


 日本では、部落、アイヌ民族、在日コリアン、移住者、琉球・沖縄の人びとなど、

マイノリティ集団に対する憎悪発言(ヘイトスピーチ)や差別的発言が多発していま

すが、そのような発言を規制、禁止、あるいは処罰する法律は存在しません。

8月28日、 国連の人種差別撤廃委員会(CERD)は人種主義的なヘイトスピーチに関す

るテーマ別討論を開催しました。この問題は世界各地で起きており、国際的にも重大

な問題として認識されています。日本でもヘイトスピーチの問題はますます顕著にな

り、深刻さを増しています。国際的な議論や各国におけるヘイトスピーチの対策から

学ぶ必要性を認識し、人種差別撤廃NGOネッ トワークは日本におけるヘイトスピーチ

の問題について考える集会を東京および大阪で開催いたします。日本における事例を

報告しながら、日本政府および国際社会に対する働きかけを考えていく機会としま

す。奮ってご参加ください。

東京集会、大阪集会ともに、事前申し込みは不要です。直接会場へお越しください。


〇東京集会〇

・日時:11月20日(火)午後6時30分より8時30分

・場所:松本治一郎記念会館5階会 議室(東京都中央区入船-1-7-1)

 地下鉄日比谷線・JR京葉線八丁 堀駅 A2出口より徒歩3分、 地下鉄有楽町
線・新富

町駅 5番、7番出口より徒歩7分

プログラム

*現場からの報告:朝鮮学校への憎悪発言、公人による発言、他

*日本におけるヘイトスピーチ 現状と分析 前田朗 (東京造形大学 教授)

*国連でどのようなことが議論されたのか 白根大輔 (IMADRジュネーブ事務所 国

際アドボカシーコーディネーター)

*質疑応答

*政府、国際社会へのアピール提案(大阪へつなぐ)と議論

・主催:人種差別撤廃NGOネット ワーク(ERDネット)、反差別国際運動日本委員会

(IMADR-JC)

・問合せ:IMADR-JC 03-6280-3101 begin_of_the_skype_highlighting FREE

03-6280-3101 end_of_the_skype_highlighting 

・参加費:300円

〇大阪集会〇

・日時:11月24日(土)午後1時30分より4時30分 (休憩10分ふくむ)

・場所:大阪府立労働センター・エルおおさか 南館 72

 京阪・地下鉄谷町線天満橋駅、京阪・地下鉄堺筋線北浜駅より

プログラム

*国連でどのようなことが議論されたのか 白根大輔 (IMADRジュネーブ事務所 国

際アドボカシーコーディネーター)

*日本の現状と外国の現状  師岡康子 (外国人人権法連絡会)

*現場からの報告  水平社博物館前差別街宣、朝鮮学校に対する憎悪 発言

*コメント: 古屋哲 (RINK(す べての外国人労働者とその家族の人権を守る

関西ネットワーク))

*質疑応答

*アピール議論・採択(政府・国際社会へのアピール案(東京からの案 をうけて)

・主催: 人種差別撤廃NGOネッ トワーク(ERDネット)、反差別国際運動日本
委員会

(IMADR-JC)

・協力: アジア太平洋・人権情報センター(ヒューライツ大阪)

・問合せ: IMADR大阪デスク  06-6581-8848 begin_of_the_skype_highlighting

FREE 06-6581-8848 end_of_the_skype_highlighting 

・参加費: 300円



CML メーリングリストの案内