[CML 017356] 福井専門委員に要請を! 日本人は加害者、原発再稼働は反省していない証拠

石垣敏夫 motoei at jcom.home.ne.jp
2012年 5月 31日 (木) 05:38:29 JST


みなさん・倉橋さん
私も再度抗議のファクス、メールを送ります
                                                     2012.5.31
  日本人は加害者、原発再稼働は反省していない証拠

国民・市民は放射能被害者です。
加害責任は東電と国にあります。
しかし、日本国民・市民として今回の大事故を防げず、海外の人々、子どもたちに
被害を与えている事実から、加害者でもあります。
原発再稼働を許すことは加害責任を放置し、被曝労働者を含め
新たな被害者を産み出す行為です。(さいたま市 石垣)


倉橋です。大飯原発再稼働に関しての重要なメールを転送いたします。
最後までお読みになって、この委員たちにFAX,メールを送ってください。
私も明日までに全員に送ります。

寺尾です。
大飯原発の再稼働に対しては、福井県知事の意思が
決定的な影響を与えます。そして福井県知事は
福井県原子力安全専門委員会の賛否の決定にそって
意思表明をするでしょう。再稼働を認めないように
専門委員へ要請することが、大変重要です。
西本委員、泉委員、大堀委員の代表FAXを私が付け加えました。

東京の杉原浩司(福島原発事故緊急会議/
みどりの未来)です。
大飯3、4号機のフル稼働に約6週間かかるという観測も
出る中、「夏の電力不足」を口実に再稼働させるための
時間的猶予は限られています。前原民主党政調会長は、
「6月27日の関電株主総会までに政府が再稼働を
判断する」と発言しました。時間切れに追い込むために、
まずは福井県の判断を1日でも引き延ばすことが重要です。

大飯再稼働「タイムリミット近い」前原氏(日経、5月27日)
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS27004_X20C12A5000000/

専門委員会が再稼働を追認する報告書を出してしまえば、
県議会とおおい町長の判断がすぐにそれに続くでしょう。
あとは、西川福井県知事の裁量しだいという形になります。

★「原発ゼロの夏」を実現するために、本当にここが
正念場です。出来ることをやりましょう。専門委員会は
29日以降に開催されます。既に要請された方は再度の
メッセージを。まだの方は短いもので構いませんので、
ぜひ要請してください。ファックス、メール、郵便、
可能な方法でお願いします!

<最新版>
【福井県原子力安全専門委員会 連絡先(FAX・メール・
郵送)一覧】

中川英之(委員長) 福井大学名誉教授
(FAX)0776-21-6875 (「中川英之委員長宛」と明記して:
原子力安全対策課)
(メール) gennan at pref.fukui.lg.jp

三島嘉一郎 (株)原子力安全システム研究所
技術システム研究所長
(代表FAX)0770-37-2008 (三島嘉一郎さん宛)
〒919-1205 福井県三方郡美浜町佐田64
(株)原子力安全システム研究所

田島俊彦 福井県立大学名誉教授
(代表FAX)0776-61-6011(田島俊彦さん宛)
〒910-1195 福井県吉田郡永平寺町松岡兼定島4-1-1

西本和俊 福井工業大学教授
(代表TEL)0776-29-2620(「西本和俊教授に伝言したい」と)
(代表FAX)0776-29-7891
〒910-8505 福井県福井市学園3-6-1

小野公二 京都大学原子炉実験所教授
(FAX)072-451-2627
(メール)onokoji at rri.kyoto-u.ac.jp
〒590-0494 大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目
京大原子炉実験所

岩崎行玄 福井県立大学教授
(FAX)0776-61-6015
(メール)iwasaki at fpu.ac.jp
〒910-1195 福井県吉田郡永平寺町松岡兼定島4-1-1

飯井俊行 福井大学大学院教授
(FAX)0776-27-9764
(メール)meshii at u-fukui.ac.jp
〒910-8507 福井市文京3-9-1

山本章夫 名古屋大学大学院教授
(FAX)052-789-3608
(メール)a-yamamoto at nucl.nagoya-u.ac.jp
〒464-8601 名古屋市千種区不老町

泉佳伸 福井大学附属国際原子力工学研究所教授
(代表FAX)0770-25-0031
(メール)y_izumi at u-fukui.ac.jp
〒914-0055 福井県敦賀市鉄輪町1-4-42

大堀道広 福井大学附属国際原子力工学研究所准教授
(代表TEL)0770-25-0021(「大堀道広准教授に伝言したい」と)
(代表FAX)0770-25-0031
〒914-0055 福井県敦賀市鉄輪町1-4-42

釜江克宏(臨時委員)京都大学原子炉実験所教授
(代表FAX)072-451-2600(釜江克宏さん宛)
(メール)kamae at rri.kyoto-u.ac.jp
〒590-0494 大阪府泉南郡熊取町朝代西2丁目
京大原子炉実験所

竹村恵二(臨時委員)京都大学大学院教授
(FAX)0977-22-0965
(メール)takemura at bep.vgs.kyoto-u.ac.jp
〒874-0903 大分県別府市野口原
京都大学大学院理学研究科附属地球熱学研究施設

★ファックスおよびメールで、西川一誠福井県知事にも要請を。

西川一誠福井県知事
(FAX)0776-20-0622 福井県県民サービス室
「知事へのおたより」係
(メール) https://info.pref.fukui.lg.jp/kenmin/otayori/otayori.html
または、 kenmin-s at pref.fukui.lg.jp

-------------------------------------------------------------------

【参考】
大飯原発、県専門委が論点整理 安全性確認は
審議継続(福井新聞、5月21日)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/34812.html

電力逼迫の夏に再稼働間に合わず?
大飯原発フル出力に6週間(福井新聞、5月24日)
http://www.fukuishimbun.co.jp/localnews/npp_restart/34844.html

福井県、大飯再稼働へ国に圧力 大阪市長は
規制庁の遅れ批判(日経、5月24日 21:27)
http://www.nikkei.com/news/category/article/g=96958A9C93819481E0E6E2E38B8DE0E6E2E7E0E2E3E08282EAE2E2E2;at=DGXZZO0195166008122009000000


美浜の会(安全専門委員会への要望書など
関連資料が豊富です)
http://www.jca.apc.org/mihama/




CML メーリングリストの案内