[CML 017325] ★延期になります★【5・30】政府交渉:福島の子どもたちを守ろう!:県民健康管理調査のあり方~甲状腺検査を例に(転載)

pkurbys at yahoo.co.jp pkurbys at yahoo.co.jp
2012年 5月 29日 (火) 02:06:09 JST


紅林進です。

先日、ご案内を転載させていただきました、5月30日(水)に参議院議員会館で
開催予定でした「政府交渉:福島の子どもたちを守ろう!:県民健康管理調査の
あり方~甲状腺検査を例に」ですが、主催団体の方から、下記の事情で、5月
30日(水)の開催が延期になった旨、連絡がありましたので、お知らせさせて
(転載させて)いただきます。


(以下転載)

みなさま(拡散歓迎)

たびたび申し訳ありません。FoE Japanの満田です。

5月30日に予定していた県民健康管理調査に関する政府交渉ですが、質問書が
厚生労働省→内閣府→原子力災害対策本部の生活支援チームと、政府間
をたらいまわしにされたあげく、一度は、「お答えできるものがおりませ」と
いうような返事がかえってきました。

その後、なんとか、どうやら生活支援チーム医療班が答えられるかもしれないと
ころまでこぎつけました。が、5/30はどうしても都合がつかないということなの
で、現在、6/1の午後で調整していただいています。

参加を予定されていた方には、たいへん申し訳ありませんが、先方から返事が来
た段階で再度、ご案内いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。

なお、政府交渉は何度もやっていますが、このようなたらい回しは異例です。

県民健康管理調査は現状は確かに福島県が実施主体ではありますが、福島県や
まかせっぱなしにしてよかろうはずはありません。

今回あきらかになってきた多くの問題については、国がきちんと責任を負うべき
です。この一連のやり取りで、国の無責任ぶりが露呈してきたと感じています。
問題の根源が、県民健康管理調査を牛耳っている山下俊一氏による調査対象の
「囲い込み」にあるだけに、国に調査への関与と説明責任を果たさせることがま
すます重要になってきたと考えています。

--
満田夏花 MITSUTA Kanna <kanna.mitsuta at nifty.com>
携帯:090-6142-1807
国際環境NGO FoE Japan/tel: 03-6907-7217 fax: 03-6907-7219
メコン・ウォッチ/tel: 03-3832-5034  fax.03-3832-5039 
--------------------------------------------------------
★福島ぽかぽかプロジェクト、引き続きご支援を!
http://hinan-kenri.cocolog-nifty.com/blog/2012/04/post-c0b1.html
>オンライン寄付はこちらから
https://mp.canpan.info/foejapan/products/detail.php?product_id=3573
※FoE Japan原発・エネルギーチーム ボランティア募集
http://www.foejapan.org/join/recruit.html#ene
--------------------------------------------------------

-- 
(「脱原発・新しいエネルギー政策を実現する会」(eシフト)メーリングリストより転載)


CML メーリングリストの案内