[CML 017324] 米国−NATOはシリア不安定化の引き金を引こうとしている

Yasuaki Matsumoto y_matsu29 at ybb.ne.jp
2012年 5月 28日 (月) 23:27:53 JST


みなさまへ   (BCCにて)松元

シリア情勢についてたびたび翻訳紹介し発言しているバルセロナの童子丸開さん
が、一昨日の90人におよぶ殺戮にかんするグローバル・リサーチの論 考を訳出
紹介していますので、お届けいたします。

======以下、全文転載=====

 ご無沙汰しています。バルセロナの童子丸です。

  日本ではあくまで原発を推進しようとする勢力が、私の住むスペインでは銀
行家とそれに結びついた政治集団の利権をあくまで確保しようとす る勢力が、
そして 中東を見ると、NATOによるシリアへの軍事介入をあくまで実行しよ
うとする勢力が、実に残忍で実に巨大で実にしつこい大嘘をつき続けて います。

 権力を握る者たちはどれほどに嘘をついても罰せられることがないため、どの
ような 残虐行為を犯してそれを他人に擦り付けても、どれほど私的で無責任な
行動で国家を破滅に導こうとも、どれほど人間の生活と命を破壊に導こ うと、
良心の最後 のかけらをも投げ捨てて、利権あさりと破壊と嘘にまい進するもの
なのでしょう。


以下は、私のサイト『いま 我々が生きている 虚構と神話の時代』
http://doujibar.ganriki.net/Today's%20World%20of%20Fraud%20&%20Myth/Today's_World_of_Fraud_&_Myth-initial.html
<http://doujibar.ganriki.net/Today%27s%20World%20of%20Fraud%20&%20Myth/Today%27s_World_of_Fraud_&_Myth-initial.html>
に収められているものです。

********************************
http://doujibar.ganriki.net/Today%27s%20World%20of%20Fraud%20&%20Myth/US-NATO_seek_to_trigger_instability_in_Syria.html
<http://doujibar.ganriki.net/Today%27s%20World%20of%20Fraud%20&%20Myth/US-NATO_seek_to_trigger_instability_in_Syria.html>

*シリ ア軍事介入を熱望する者たちによる
**最 も残虐な大嘘
*
  日本ではあくまで原発を推進しようとする勢力が、私の住むスペインでは銀
行家とそれに結びついた政治集団の利権をあくまで確保しようとす る勢力が、
そして 中東を見ると、NATOによるシリアへの軍事介入をあくまで実行しよ
うとする勢力が、実に残忍で実に巨大で実にしつこい大嘘をつき続けて いま
す。権力を握 る者たちはどれほどに嘘をついても罰せられることがないため、
どのような残虐行為を犯してそれを他人に擦り付けても、どれほど私的で無責
任な行動で国家を 破滅に導こうとも、どれほど人間の生活と命を破壊に導こう
と、良心の最後のかけらをも投げ捨てて、利権あさりと破壊と嘘にまい進するも
の なのでしょう。

 2012年5月26日、シリアとレバノンの国境近くにあるホウラ(Houla)
で、大勢の子どもと女性を含む90人もの人々が惨殺され る事件が起こりました。
 これについての日本の報道(インターネット版)をご覧ください。
 まずNHKです。『アサド政権の虐殺か 遺体多数確認(5月27日 5時14分)
<http://www3.nhk.or.jp/news/html/20120527/k10015402291000.html>』
 次は読売新聞です。『シリア政府軍が武力行使、市民ら88人死亡
<http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20120526-OYT1T00677.htm>』
 そして朝日新聞は、『シリアで90人以上死亡 反体制派「政権側の攻撃」
<http://www.asahi.com/international/update/0526/TKY201205260124.html>』

  どの報道機関も、一見してこの惨殺事件がシリア政府軍によって起こされた
と受け止められる報道をしています。特に読売新聞はひどいです ね。スペイン
のテレ ビは新聞でも、「誰の犯行なのか」は述べていないものの、やはりシリ
ア政府軍によるものであるかのような誘導が露骨になされていました。
 一方でシリア政府の反応はロ シア国営RTニュース
<http://www.rt.com/news/fsa-annan-plan-307/>で 次のように書かれています。
『シリア外務省のスポークスマンであるジハド・マクディスは、シリアは/「嘘
の津 波」/の犠牲者であると語った。/「我々はこの虐殺に対する政府軍の責任
をきっぱりと否定する」/と、マ クディスは土曜日にダマスカスで行われた記者
会見で語った。彼は、反政府勢力のガンマンがこの襲撃の背後にいると付け加え
た。』

  この事件について、グローバル・リサーチ誌に寄せられたトニー・カルタ
ルッチの記事を、私(童子丸開)の拙訳ですが、お読みください。な お、訳文
中のリン ク先では、日本の報道機関では一切知らされることのない(欧州のテ
レビでは放映していた)事件現場の映像を見ることができます。非常に残 酷な
写真ですが、 チェルノブイリ事故で犠牲になった子どもたちと同様に、これが
世界の現実なのです。その点をご了解ください。
 またこれに関連して次の記事もご参照ください。
ボスニアからシリアへ:歴史は繰り返されつつあるのか?
<http://doujibar.ganriki.net/Today%27s%20World%20of%20Fraud%20&%20Myth/From_Bosnia_to_Syria-Is_History_Repeating_Itself.html>
血塗られたダマスカスへの道:主権国家を襲うトリプル同盟の戦争
<http://doujibar.ganriki.net/Today%27s%20World%20of%20Fraud%20&%20Myth/The_Bloody_Road_to_Damascus.html>
シリア紛争を煽り立てるメディア報道の6つの手口
<http://doujibar.ganriki.net/Today%27s%20World%20of%20Fraud%20&%20Myth/Syria,%20How_One-Sided_Reporting_is_Facilitating_Escalation.html>
シリアを巡る《大嘘の大名行列》
<http://doujibar.ganriki.net/Today%27s%20World%20of%20Fraud%20&%20Myth/Mas-media_as_a_troop_for_propaganda.html>

(2012年5月28日 バルセロナにて 童子丸開)

*****************************************

http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=31064
<http://www.globalresearch.ca/index.php?context=va&aid=31064>
*米国−NATOはシリア不安定化の引き金を引こうとしている
殺人部隊がシリアの街を破壊 ― 西側は「行動」を呼びかける
**西側が再び不安定化を激化させるにつれ、報道はすでに矛盾を起こしつつある*

トニー・カルタルッチ著
グローバル・リサーチ 2012年5月26日

 シリアのホムス北西部にあるホウラはレバノンとの国境に近く、武装過激派や
現金や武器が何ヶ月も前から自由に流れ込んできている
<http://www.startribune.com/world/153472175.html>と認められている場所な
のだが、そこに国連監視団が到着する以前ですら、米国、英国、フランスは、こ
の 中東の国へのさらなる手出しを正当化しようとする中で、「国際社会」に対
してシリア政府に反対して行動するように呼びかけていた。

 フランスの新しい外相であるローラン・ファビウスは、シリアに対してとるべ
き更なる手段について協議するために、怪しげな「シリアの友人」一味に再び会
談を呼びかけた
<http://www.chicagotribune.com/news/sns-rt-us-syria-unrest-
francebre84p07k-20120526,0,1866060.story>。一方でフランスと英国はそのシ
リア反政府勢力への支援を増強しようと主張した
<http://www.businessweek.com/news/2012-05-26/france-u-dot-k-dot-urge-
support-for-syrian-opposition>。それはいまや無差別の爆弾攻撃
<http://www.reuters.com/article/2012/04/30/us-syria-bombs-
idUSBRE83T04U20120430>を含むテロ攻撃の実行だということが明らかになってい
る。国連
<http://news.yahoo.com/u-n-report-says-both-sides-syria-abuse-
144133920.html>お よびヒューマン・ライト・ウォッチ
<http://www.rt.com/news/hrw-syria-opposition-atrocities-977/comments/>の
双方によれば、それには一般市民の誘拐や拷問や殺害が含まれている。

 西側のメディア機関は、遅れて現場にやってきた国連監視団によって「確認さ
れた」90人の死がシリア政府の砲撃によるものであると
<http://www.abc.net.au/news/2012-05-27/world-condemns-latest-syrian-
horror/4035516>主張してきた。しかしながらそれは、死、特に子どもたちの死
が殺人部隊が使う「ナイフ」によるものだっ たと主張する湾岸国家メディア
(Kuwait News Agency)からの報道
<http://www.kuna.net.kw/ArticleDetails.aspx?id=2243199&language=en>と矛
盾している。反政府側からとシリア政府のSANAニュース・ネットワーク
<http://www.sana.sy/eng/337/2012/05/26/421559.htm>の 双方によって放映さ
れた映像は、殺害された家族の者たちの死体が大きな損傷の無い状態で横たわっ
ている姿を見せてくれる。それは、湾岸国 家のネットワーク によって主張され
ているように、至近距離からの軽火器とおそらく刃物を併用した惨殺の結果であ
る。SANAは、この虐殺が反政府勢力の殺 人部隊によって行 われたものだと
主張し続ける。その主張はこの騒乱の期間で一貫している。ところが西側とその
同盟者は、悪質になる一方の自分の仲間の反乱 勢力による惨殺を 誤魔化すため
に、矛盾だらけで変わり続ける説明をしてきた。
【訳者から:SANAサイト
<http://www.sana.sy/eng/337/2012/05/26/421559.htm>の他に、ホウラで殺害さ
れた子どもたちの写真はこちら <El_Houla_massacure.html>で見ることができ
る。とうてい砲撃の犠牲者には見えない。】

 国連の監視団がシリアのホウラに到着するとほとんど同時に、いわゆる「自由
シリア軍」は国連の和平提案を見限るだろう
<http://www.rt.com/news/fsa-annan-plan-307/comments/>と宣言した。それ
は、国連の「和平調停」終了を呼びかけ
<http://landdestroyer.blogspot.com/2012/05/brookings-announces-next-
move-in-syria.html>シ リア政府転覆のための暴力の復活を求めるワシントンの
シンクタンクの報告書で予告されていたとおりである。砲撃ではなく殺人部隊が
ホウラ の90人の大多数 の命を奪ったことは、誰がどの情報源を引用するかに
関わらず、明らかなようだ。問われるべきは、この恐ろしい犯罪で「誰が得をす
るの か?」ということなの だ。密集した区域の複数家族を、まさに公開で皆殺
しにしハンディカメラの映像を世界中に流すことが、いったい誰に利益をもたら
すのか?  国連の監視団がこ の暴力を理解するために現場に到着する以前に一
足跳びに結論を出すことが、いったい誰に利益をもたらすのか?

 シリア反政府勢力はその過激な背景が次々と暴露されるにつれて戦術的にもモ
ラル面でも説得力の面でも敗北しつつあり、ペンタゴン内の同盟者すら認めるア
ルカイダとのつながり
<http://www.ibtimes.co.uk/articles/340075/20120511/al-qaida-syria-leon-
panetta-suri-damascus.htm>と、膨れ上がりつつある虐殺の一覧が、リビアを陥
れたと同様の社 会崩壊の悲劇以外は無い未来にシリアを導いていくという確信
をくじきつつあるのだろうか? あるいはシリア政府が、ネオコン勢力、巨大企
業が出資するシンクタンク、NATOの悪巧み、そして米国−イスラエル−サウ
ジアラビア合同の国を分裂させ破壊しようとする策謀
<http://landdestroyer.blogspot.com/2012/05/syrian-war-prequel.html>を確
実に拒絶し続けているのだろうか? そういったことは、 2007年にセイモ
ア・ハーシュの記事「The Redirection
<http://www.newyorker.com/reporting/2007/03/05
/070305fa_fact_hersh?currentPage=all>」によって明らかにされ文書化された
ものであるのだが。

  明らかなことだが、シリア政府は、外国の利益と公然のつながりを持ち自ら
それを認める分派主義の過激派集団に対する残虐に取り扱う政策に よっては、
あらゆ るものを失うことになる。そして明らかにシリアの反政府勢力は、全面
敗北かあるいは大量の武器供与とおそらくNATOの軍事的な協力を受 けるか
の間で揺れ 動いているのだが、ホウラでシリア国民を残虐に扱い政府に罪をか
ぶせて、西側が何ヶ月もの間探し求めている開戦理由の悲劇をひねり出すな ら
ば、全てを手に 入れることができたのだ。

 シリア反政府勢力と西側企業メディアの両方による一連の嘘がばれてしまった
<http://landdestroyer.blogspot.com/2012/03/syria-game-over-for-western-
propaganda.html>後で ― それは言うまでも無くイラク
<http://abcnews.go.com/Blotter/iraqi-defector-al-janabi-codenamed-
curveball-admits-wmd/story?id=12922213>とリビアの戦争
<http://landdestroyer.blogspot.com/2011/10/lies-behind-humanitarian-war-
in-libya.html>を世界に売りつけるために使われた詐欺の類だが―西側によって
(何時間かで)実に素早く結論付けられて持ち上げられた 論調を疑ってみるこ
とは、不合理とはいえないのではないか? 「自由シリア軍」が国中で爆弾攻撃
を行っていた最中には ― それは彼ら自らが犯行を認めたこと
<http://www.reuters.com/article/2012/04/30/us-syria-bombs-
idUSBRE83T04U20120430>だが―その同じ西側はのんべんだらりと座り込んでいた
のだ。そのときにはどこに激憤や行動への呼びかけ たあったというのか? 外
国の受益者が資金を与える武装グループが意図的に一般市民を標的にしているの
を国連は非難したか?

  ホウラの虐殺を見ればはっきりするが、我々は自分が新たな危機的状況に
立っていると分かる。そこでは陰険な受益者どもが自ら計画して続け てきた暴
力をス トップさせるなどという理由で戦争を叫んでいるのだが、情報を得た客
観的な世界中の人々がその流れを押し戻さなければならないのだ。


【翻訳ここまで】

-- 


===================
Palestine Solidarity in Sapporo
パレスチナ連帯・札幌 代表 松元保昭
〒004-0841  札幌市清田区清田1-3-3-19 
TEL/FAX : 011−882−0705
E-Mail : y_matsu29 at ybb.ne.jp
振込み口座:郵便振替 02700-8-75538  
===================



CML メーリングリストの案内