[CML 017302] 再放送:地域医療再建

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2012年 5月 27日 (日) 00:43:41 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 東日本大震災の被害を拡大させたのは福島第一原発事故と、医療過疎でした。
40年も前から言われてきた医師・看護師不足、病院不足が、この大震災の被害
をさらに大きくしました。
 
 その典型例が1800人が死亡した岩手県陸前高田市でした。市の最大の医療
拠点だった県立高田病院が大津波の直撃を受けたため、負傷した被災者たちは医
療を受けることが出来ず、死んでいきました。
 
 震災から1ヶ月後、生き残った医師・看護師・職員たちは公民館に集まり、涙
を流しながら高田市の医療再建を誓いました。自分自身も被災者であったにも関
わらず、不眠不休で医療再建に全力を注ぎました。それに応えて、全国から医師
や看護師が応援に駆けつけました。4ヶ月後、仮診療所が完成しました。これが
被災地を支えました。
 
 震災から1年が経ち、応援の医師・看護師が帰った今、病院再建と医療をどう
するか問題が山積みになっています。
 
 ETV特集が医師・看護師たちの苦闘を描きます。
 
 NHK教育
 
 ETV特集
 
 「誰に託す 医のバトン〜岩手・高田病院再建への一年〜」
 http://www.nhk.or.jp/etv21c/file/2012/0422.html
 
 放送日:5月27日¥
 放送時間:22時〜
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
 


CML メーリングリストの案内