[CML 017301] 最古の木造校舎

donko at ac.csf.ne.jp donko at ac.csf.ne.jp
2012年 5月 27日 (日) 00:06:47 JST


 坂井貴司です。
 転送・転載歓迎。
 
 かつては日本全国どこでもあったのが木造校舎でした。冬はすきま風が吹き、
足音がやかましく響く木造校舎はしかし、独特のぬくもりで、日本の学校教育の
原風景になっていました。
 
 地震や火事への対策と、より快適で安全な教育環境を理由に、1960年代こ
ろから鉄筋コンクリート校舎に建て替えられていきました。最初は教育近代化の
象徴として歓迎された鉄筋コンクリート校舎建て替えでしたが、木造校舎があっ
という間に姿を消していくと、無機質で殺風景な校舎が児童・生徒の心に悪影響
を与えると批判されるようになりました。そして木造校舎は古き良き時代の学校
教育の原風景として称揚されるようになりました。
 
 今年3月末、岡山県高梁市立吹屋小学校が閉鎖されました。この小学校は日本
最古の木造校舎で知られていました。銅鉱山とベンガラ(紅色顔料)の生産で繁
栄した高梁市立吹屋地区唯一の教育機関でした。美しい形の木造校舎はこの地区
の人々の誇りでした。
 
 木造校舎の最後の一年間をテレメンタリーが放送します。
 
 テレメンタリー
 
 「紅い里の学び舎 最古の木造校舎 最後の1年」
 http://www.tv-asahi.co.jp/telementary/
 
 5月28日放送
 
 放送時間は各地で異なります。
 
坂井貴司
福岡県
E-Mail:donko at ac.csf.ne.jp
======================================
「郵政民営化は構造改革の本丸」(小泉純一郎前首相)
その現実がここに書かれています・
『伝送便』
http://densobin.ubin-net.jp/
私も編集委員をしています(^^;)
定期購読をお願いします!
購読料は送料込みで1年間4320円です。
  


CML メーリングリストの案内