[CML 017266] 先みえぬ昏いばかりの現実に 抗して歩む一歩になるらん

Maeda Akira maeda at zokei.ac.jp
2012年 5月 26日 (土) 09:59:00 JST


前田 朗です。
5月26日

千恵子ハルモニ

:
> ガダルカナル、いいだしっぺは元特捜検事のGさんなので...日本側の見方なのかしら。
>
> 「ガダルカナル」化する特捜捜査「大本営発表」に惑わされてはならない

日本軍の「全滅」「玉砕」の中でも、見事に砕け散ったのは、例えば、タラワ・ 
マキンの闘いです。資料によって違うかもしれませんが、マキンの闘い では 
500人くらいの日本軍、生存者1名というほどの負けっぷりです。タラワ・マ 
キンは現在はキリバス共和国。

とはいえ、「タラワ・マキン特捜検察」だと、あまり語呂が良くないか(笑)。

ガダルカナルは、日本語として妙に語呂がいいんですよね。





CML メーリングリストの案内