[CML 017289] 琉球諸島への自衛隊・PAC3配備弾劾! 日米一体の朝鮮戦争策動反対! 6・24大阪集会

吉田 宗弘 mnhryoshi at yahoo.co.jp
2012年 5月 26日 (土) 08:00:18 JST


反戦反天皇制労働者ネットワークの吉田です。

下記の集会を行いますので、多くの参加を呼びかけます。


●琉球諸島への自衛隊・PAC3配備弾劾!
日米一体の朝鮮戦争策動反対! 6・24大阪集会

 ◆講演「PAC3配備に抗する宮古島の一ヶ月間」
     講師 清水早子さん(宮古平和運動連絡協議会事務局) 
 ◆報告「ぼちぼちやります宮古の闘い」 
   佛原行夫さん(ピースアクション実行委員会)
 ◇日時 6月24日(日)午後1時30分
 ◇場所 PLP会館(大阪市北区天神橋3-9-27  TEL 06-6351-5860)
     地下鉄堺筋線 扇町駅4番出口より徒歩3分
     JR大阪環状線 天満駅改札口より南側へ徒歩5分
     案内図 http://plp-kaikan.net/access/a_index.html 
 ◇会場費 1000円 経済的に厳しい方は受付まで
  【*】集会後 デモ 

 ◆主催 参戦と天皇制に反対する連続行動     電話・FAX06−6303−0449  
      戦争動員の「国民保護」に反対する連絡会  電話・FAX06−6304−8431
  
 ■集会賛同カンパのお願い  個人・団体とも一口1000円
	郵便振込み  口座番号00910−1−115832 
	       加入者名 戦争動員の「国民保護」に反対する連絡会
	
	
労働者、市民、学生のみなさん
 天皇制日本国家による沖縄再併合40年となった5月15日、日本政府と仲井真沖縄県政は、「沖縄の日本復帰」を祝う式典を、米軍普天間基地が占領する宜野湾で行いました。野田首相、米国大使らが出席し、「日本復帰」―再併合・日米軍事同盟を一層打ち固めるものでした。これに対して沖縄・琉球人民は式典会場内外で、「日本復帰」以降現在に至るまで日米が沖縄を共同の軍事植民地としていることを激しく糾弾し、集会・デモを闘いました。

◆戦争挑発の自衛隊PAC3配備弾劾
 まさにこの時期、日本政府は朝鮮民主主義人民共和国の人工衛星打ち上げを口実に、自衛隊PAC3を沖縄・宮古・石垣に配備し、迎撃体制をとりました。4月3日から5日にかけて、沖縄・宮古・石垣にPAC3が海自輸送艦で運びこまれました。約950人の自衛隊員が動員され、内250人が宮古に乗り込んでいます。市役所に公然と居座り、PAC3のそばでテントを張って野営し、住民を威嚇するように連日ヘリが飛び回り、学校・幼稚園・保育所に屋内退避の指示が出るなど、宮古を事実上の戦時体制下に置いたのです。民主党野田政権は、沖縄・琉球諸島を中国・「共和国」戦争にむけた自衛隊の最前線基地とする動きを進めたのです。自衛隊PAC3の沖縄・琉球諸島への動員こそ、朝鮮戦争挑発その
ものです。
 今回のPAC3配備に対して沖縄・琉球人民が抗議集会・デモを闘った一方、日本(ヤマト)におけるPAC3配備反対の闘いは首都圏の一部をのぞいてほとんどとりくまれませんでした。このことは、日本労働者人民の反戦・反安保闘争がほぼ壊滅状態にあることを示す深刻な問題です。

◆沖縄の軍事植民地化を強める11月糸満「豊かな海づくり大会」天皇訪沖反対
 日本政府・仲井真沖縄県政は、「復帰祝賀」キャンペーンの最重要の記念行事として、今年11月18日糸満で天皇行事「豊かな海づくり大会」を行おうとしています。天皇アキヒトの訪沖の狙いは、天皇制日本国家による沖縄・琉球の侵略と支配の歴史を賛美し、沖縄・琉球人民にさらなる皇民化を強要し、日米の軍事植民地化を永続化するもくろみにほかなりません。

◆戦争国家化と一体の「国民保護体制」を許すな
 民主党野田政権は、排外主義に貫かれた日本ナショナリズムの扇動と戦争国家化を自公政権以上に推進しています。国民総背番号制の導入、国民保護法を参考にした新型インフルエンザ特措法や秘密保全法の制定策動、在日外国人への改定入管法の適用など、人民治安管理の強化もその一環にほかなりません。被曝労働を前提とした非人間的で、技術管理の秘密主義を本質とする原発政策の推進もその一環です。そして、野田政権に呼応して、右翼政党―橋下・大阪維新の会は「日の丸・君が代処分条例」によって公教育の破壊と政治・社会のファシズム化を全国に波及させようとしています。
 しかし、琉球諸島各地でPAC3反対が闘われ、大阪では「卒・入学式」において「君が代不起立」が闘われるなど、新たな闘いの地平が切り開かれています。民主党野田政権の戦争国家化と対決し、戦争と日米安保、天皇制、原発、排外主義を粉砕する日本労働者人民の闘いを早急に作り出さなければなりません。
 この4月、宮古島のPAC3配備抗議行動にとりくんだ清水早子さん、佛原行夫さんを招いて、6月24日に大阪集会を開きます。多くのみなさんの参加を呼びかけます。      
                  2012年5月21日



CML メーリングリストの案内