[CML 017288] 告発受理:もしかしたらもしかする?!

大山千恵子 chieko.oyama at gmail.com
2012年 5月 26日 (土) 07:24:41 JST


姐さん、連続4日も書いてる。史上初、というか検察庁から電話が来るのも...史上初なんだってね。更新中。

http://nobuyoyagi.blog16.fc2.com/blog-entry-640.html 八木啓代ブログ

>「地方在住で告発に参加できず、いてもたってもいられなくて、検察庁に抗議の電話をかけたら、非常にていねいに話を聞いていただけました」
「必ず上に伝えます、と誠意のある感じで言われました」

れれれ。

> そういうメールが何通も、会の方に届いていたのが午前中。

ほー。電話してみるもんだね。

> 中には、「電話を受けた事務官の方の方が、むしろ、『まったくもって恥ずかしいことです』『不起訴なんて、自分も個人的にはどうかしてると思っています』
『本来、言うべきではないようなことを記者に言っている幹部がいるのは確かです』『こんなんで検察に信頼が回復できるわけがないと思っています』などと、
まっとうすぎるほどまっとうなことを答えてくださって驚きました」

そうかあ。

>という報告を入れてくださる方まであり......。

攻防ちゅうなんかな。......ガダルカナリル検察(造語)。

> 検察庁の中に、真っ当な人のほうがむしろ多数派なのではないか、とまで思い始めていた今日の午後7時過ぎ。

ん。

> ふたたび、あたくしのiPhoneに「検察庁」の文字が。

> キタ━━━━━━(゚∀゚)━━━━━━ !!!!!

まえもそうだけど、うちらの会だけ特別扱いになってる。

さてその顛末や、いかに?

-- 
大山千恵子
ブログ「千恵子@詠む...」毎日更新http://blog.goo.ne.jp/chieko_oyama


CML メーリングリストの案内