[CML 017282] 【毎日新聞・毎日放送】 大飯原発:放射性物質拡散、京都の広範囲影響 滋賀県予測

uchitomi makoto muchitomi at hotmail.com
2012年 5月 25日 (金) 23:31:01 JST


内富です。アイリーンさんや藤井さん、児玉さんなどバイバイ原発・京都の仲間も出ているニュースをNHKで見ましたよ!ご苦労さまでした!明日はおおい町現地での「もうひとつの『住民説明会』」です。私も参加します。日本の市民の総力をあげて大飯原発の再稼働を何としても阻止しましょう!

ブログに記事アップしました。

【毎日新聞・毎日放送】 大飯原発:放射性物質拡散、京都の広範囲影響 滋賀県予測
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20120525/1337956011


【5月26日(土)@おおい町】 もうひとつの「住民説明会」〜一緒に考えたい。話したい。おおい町のこれから〜
http://d.hatena.ne.jp/byebyegenpatsukyoto/20120522/1337644079


大飯原発:放射性物質拡散、京都の広範囲影響 滋賀県予測

毎日新聞 2012年05月25日 22時19分

 関西電力大飯原発(福井県おおい町)で原発事故が起きたとの想定で滋賀県が作成した放射性物質拡散予測で、京都市の大部分を含む京都府内の広範囲に放射性ヨウ素の影響が出ることが25日分かった。府は、同県から提供された予測結果データを公表していなかったが、同府京田辺市の女性による情報公開請求に応じて公開した。

 予測は東京電力福島第1原発事故と同レベルの事故が起きたとの想定で、滋賀県琵琶湖環境科学研究センター(大津市)が大気シミュレーションモデルで作成した。放射性ヨウ素放出が6時間続き、影響が大きい「北風が長時間続く」気象条件で24時間の甲状腺被ばく線量を計算した。

 その結果、おおい町に隣接する同府南丹市の一部が、コンクリート造りの建物への退避などが必要な「500ミリシーベルト以上」に達した。30キロ以上離れた京都市など広範囲でも、安定ヨウ素剤の投与が必要とされる「50ミリシーベルト以上」だった。

 同県からデータ提供を受けた大阪府は今年3月、府域分を公表している。【古屋敷尚子】

http://mainichi.jp/select/news/20120526k0000m040115000c.html

大飯原発で事故なら 放射能拡散データ 京都府が公開|MBSニュース-MBS毎日放送の動画

http://www.mbs.jp/news/kansaiflash_GE120525175100571954.shtml



 		 	   		  


CML メーリングリストの案内