[CML 017277] IK原発重要情報(138)

河内謙策 kenkawauchi at nifty.com
2012年 5月 25日 (金) 16:25:15 JST


  IK原発重要情報(138) [2012年5月25日]

  私たちは、原発についての情報と脱原発の国民投票をめざす市民運動についての情報を発信しています。よろしく、お願いいたします。(この情報を重複して受け取られた方は、失礼をお許しください。転送・転載は自由です。)

弁護士 市川守弘、弁護士  河内謙策

連絡先  [1月1日より新住所です。御注意ください。]
〒170-0005 東京都豊島区南大塚3丁目4番4-203号
河内謙策法律事務所内(電話03-6914-3844、FAX03-6914-3884)
Email: kenkawauchi at nifty.com

脱原発の国民投票をめざす会
http://2010ken.la.coocan.jp/datsu-genpatsu/index.html

―――――――――――――――――――――――――――
福井県知事 夏の予想 自由法曹団 石川 長崎 水戸等
            
   福井県知事が、24日、大飯原発の再稼動につき、「電力消費地が電気は必要ないと言い、国も必要性を感じないなら(大飯原発を)無理に動かす理由はない」と発言したことが話題になっています。この発言は、21日の県原子力安全専門委員会での討議状況を踏まえたものでしょうが、県原子力安全専門委員会での審議が予想通りいかなかったからといって、このような発言をするというのは如何なものでしょうか。まして、このような形で発言すれば国や関西に圧力をかけていると受け取られることは、西川知事には分かっていると思うのです。それは西川知事の望むところなのでしょうか。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120525-00000303-fukui-l18

 大飯原発の再稼動の予定が立たない、ということで、原発推進派の中に、焦りも生まれているようです。以下の記事は、「電力逼迫の夏に間に合わないかも知れない」と予測しています。しかし、こういう「予測」に脱原発派が浮かれるようだと、脱原発派は笑いものになるだけでしょう。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120524-00000302-fukui-l18

 自由法曹団福井県支部が福井県知事に要請書を提出しました。
http://mainichi.jp/area/fukui/news/20120524ddlk18040655000c.html

 福井県の隣の石川県でも大飯原発再稼動反対の声が強まっています。
http://mainichi.jp/area/ishikawa/news/20120524ddlk17040638000c.html

 長崎県漁業協同組合連合会が玄海原発の再稼動につき反対決議をする予定です。
http://mainichi.jp/area/nagasaki/news/20120522ddlk42040489000c.html

 茨城県水戸市の母親たちが東海第2原発の再稼動中止を求める陳情書を水戸市議会に提出しました。
http://mainichi.jp/area/ibaraki/news/20120522ddlk08040228000c.html

 東京電力の値上げに怒りが広まっています。柏崎刈羽の原発再稼動がない場合は15%強の値上げになるというのは、ひどすぎるとしか言いようがありません。私の家族は、全員怒り心頭です。今週の『週刊ポスト』は、電力値上げに反対する特集を組んでいます。ぜひご参照ください。
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120523-00000371-yom-bus_all

 来る7月8日に鹿児島県知事選挙の投票が行われます。今度の選挙は、「当面の原発再稼動は必要」という伊藤裕一郎県知事(現職)と向原祥隆(むこはら・よしたか)「原発のない鹿児島をつくる会」代表の一騎打ちになりそうです。私たちの会は、選挙などの党派間の争いには関与しない方針ですが、脱原発を願う人々が注目に値する選挙と思いますので、ニュースとしてお伝えしました。
http://mainichi.jp/area/kagoshima/news/20120523ddlk46010663000c.html
http://lite.blogos.com/article/39724/

―――――――――――――――――――――――――――
                        以上


 



CML メーリングリストの案内